« 11月23日(土) 「禁治産者のドンとやってみよう!」 | トップページ | 11月25日(月) 防空地域振興券 »

2013年11月25日 (月)

11月24日(日) あまちゃんで艦これ

 「あまちゃん」を見ておらず、しかも未だに「艦これ」がどういうものか分かっていない男が考えた駄洒落。<西日本新聞 平成25年11月24日 5面より抜粋して引用開始>半世紀 答え求めて 暗殺現場米ダラスでJFK追悼 事件が発生した午後0時半、黙とうがささげられた。参列者が前方のステージに向かってこうべを垂れる中、別の方向を無言で指さすグループがいた。オズワルド容疑者以外に大統領へライフルを発射した人物がいた、とされる方角だ。

 草の根的に暗殺の真相を追い求めるグループの人たちだった。<引用終了>

 やっぱり指の先はグラシノールの丘へ向いているのかなあ、うぷぷぷぷ。

 西日本新聞も<半世紀を経てもなお事件の真相は闇の中>とか書いているのでやっぱりケネディ暗殺陰謀説を支持しているのだろうなあ、これもまたうぷぷぷ、な話だよなあ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯はコンビニのハンバーガーとコーヒー。昼飯は昨日の残りゴハンを使って作った炒飯。ゴハンの量が多かったので大変に贅沢なことに卵を2個使った(おおっ! 観客の驚きのどよめき)。じゃこの塩気のおかげで実に美味しくできた。私の料理の腕を考えるならばまさに10年に一度の出来であった。

 夕食はレトルトのハンバーグ、冷凍食品のギョーザ、生野菜たっぷり。ビール2缶飲んでゴハン代わりに塩せんべいを一枚かじる。

 その後レンタルブルーレイの『エンド・オブ・ホワイトハウス』を見る。あ、あれ、監督がローランド・エメリッヒじゃないの、主演がチャイニング・テイタムじゃないの、私は今の今まで『ホワイトハウスダウン』と勘違いしていたという(笑)。似すぎている企画だといえ、ここまでぼんやりとしている男も珍しかろう。感の鋭い人なら上映時間が2時間ぴったりというところで「ああ、これはエメリッヒじゃないや」と気づかなければなるまい。

 さて、そんなドジな私を置いといて映画そのものは大変に面白かった。やや本歌たる『ダイハード』のエッセンスが見えすぎるのが難であるけれども、いや、裏切り者の元同僚との邂逅の仕方がマクレーンとハンス・グルーバーのそれとまったく同じなのだ、ホワイトハウスをテロリストが占拠したというありえない事態を描いたエンターティメントとしては最上のものといえるだろう。いろいろあるツッコミどころも含めての話であるが(笑)。

 ただ、ひとつ間違っていたのは大統領の子供の扱い。あれを早期に逃がしてしまったのは不味かった。アメリカは国是としてテロリストと交渉しない。たとえ大統領とその側近が人質に取られていようが、アジアのパワーバランスを崩して戦争への危機を招くなどということがあるはずもない。大統領の息子はその大原則を唯一、揺るがすことのできる存在だったのだ。泣き叫ぶ子供の手をねじり上げて「要求に従わないと指を一本、一本、切れ味の悪いかみそりでごりごりそりそりと切り落とすニダ!」とかやられたら、「テロリストとは交渉しない」と決め込んでいるわけにもいなかいだろう(ほ、本当か)。

 付け加えておくならばあのケルベロスという自爆システムもヘン。いやあ、映画なのだから仕方ないのだけれどもミサイルを自爆させても核爆弾そのものは起爆しないよ。

 ハイビジョン画質は残念な出来。フォーカスがあまく奥行き感にも欠ける。DTS-HDマスターオーディオのサラウンドも今ひとつで爆発音に迫力なし。こういう場面なら重低音がかたまりのようになってぶつかってこないと。

 その後シャワーを浴びてお酒。お供は久々の『ウルトラセブン ハイビジョンリマスター』 ハイビジョンの高画質で見るダンの名台詞「血を吐きながら続ける悲しいマラソン」はええなあ(笑)。

 ひれひれ酔って午前12時過ぎに就寝。

|

« 11月23日(土) 「禁治産者のドンとやってみよう!」 | トップページ | 11月25日(月) 防空地域振興券 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月24日(日) あまちゃんで艦これ:

« 11月23日(土) 「禁治産者のドンとやってみよう!」 | トップページ | 11月25日(月) 防空地域振興券 »