« 11月5日(火) シチリアの小人 | トップページ | 11月7日(木) ソンブレロの辛亥革命 »

2013年11月 7日 (木)

11月6日(水) 『魔性の宅急便』

  あの物語から十数年、とんぼと離婚したキキがいろいろあって魔性の女に!昨日見た「完成ドリームハウス」 2ちゃんねるで2軒目の漫画本棚の家についてあの施主の夫婦は偽ではないかとの声あり。つまりやらせじゃないかということなのである。「奥さんからのリクエストがほとんどなかった。奥さんがしゃべらなかった。渡辺正行も奥さんに話を振らなかった。趣味の漫画というのも少年漫画ばっかり」等々が偽夫婦説の根拠らしいのだがおいおいおい、奥さんが高所恐怖症だから壁面の大きな窓の下部を下が見えないように磨りガラスにしていたではないか。少年漫画ばかりというのも怪しくて画面を見る限り少女漫画も結構混じっていたぞ。

 なぜ、急にこんなことを言い出したのか。ひょっとしたら「いい年こいて少年漫画ばかり読んでいるようなキモオタが結婚出来るはずはない」という思い込みからなのか。だとしたらしょうもないことですなあ。

 だいたいね、テレビ東京がそんな面倒くさいことをする筈がないでしょうが。みんなテレビ東京を他の在京キーテレビ局なみと思いすぎだよ(笑)。

 本日は休み。午前9時に起床してシャワーを浴び映画三昧(笑)。一本目は米国盤ブルーレイの『デリート』。3時間近い映画か、これは凄いなあと思って見始めたのだがブルーレイのメニュー画面にはPART1、PART2の再生選択ボタンがあった。映画ではなくテレビスペシャルだったのだ。

 お話は高度に進化したコンピューターが地球を征服する『地球爆破作戦』(1970米)の現代版といったところ。複雑に入り組んだ電脳の海である種の知的生命体AIが発生したのだ。彼(彼女)は地球人類に対してサイバーテロを開始、コンピューターオタクの主人公が憧れだった女性記者、FBIエージェントと共に戦いを挑む!のである。

 サイバーテロの犯人ではないかと疑われたハッカーグループをNASが特定し、監視を開始するがAIの偽指令によって全員が射殺されてしまう、愕然となる国家機関の偉いひとたち!とか、やっぱり「ベトナムでは違った、肉体と肉体の戦いだった」と時代錯誤なことを叫んでパソコンを杖でぶっ壊す将軍さんとか、なかなかおもしろいのであるが、やっぱりテレヴィスペシャルなりの貧乏臭さがあってハードなカーチェイスが展開されるのに最終的に壊れたのは主人公たちが乗った一台のみだったりする。

 俺好みだなあ。

 なお、本日見たのは前半のみ。後半は後日のお楽しみ。

 昼飯はゆきみ家で味噌ラーメンと小ゴハンのセット。事務所に寄ってあれこれしてから午後2時過ぎに帰宅。再度プロジェクターを起動させてレンタルブルーレイの『ハードラッシュ』を見る。ブルーレイのパッケージには「マーク・ウォルバーグのアクション映画だよ、見ないと損だよ」というアオリ文句があったのだが、実際に見てみると、これがアクション映画ならぬ大ご都合主義映画だったという(笑)。

 話の流れはこうである。マーク・ウォルバーグは伝説の運び屋(密輸の方)。しかし、その義弟はボンクラだった。貨物船でコカインを密輸しようとしたのだが沿岸警備隊の臨検を食らって大慌て海に放り込んでしまう。そして密輸組織のボスから大目玉。ぼこぼこにされた挙句、コカインの末端価格70万ドル払え!払わなきゃ家族もろともぶっ殺す!

 困ったウォルバークは昔のコネを利用してコンテナ貨物船でパナマから偽札を仕入れようと考える。仲間を集めて貨物船に乗船、パナマに到着したのだがなんと仕入先がドジこいて偽札の紙を間違えちゃった。これじゃ使えない、どうしてくれると文句を言うと、「どこそこのなんとかという奴がちゃんとした偽札持っているよ!」貨物船の出発まで後1時間しかないのにそのなんとかという奴に会いに行くウォルバーグ。そしてそのなんとかという奴に「現金輸送車襲うの手伝ってくれたら偽札あげるよ」貨物船の出発まで後1時間しかないのにそのなんとかという奴を手伝うウォルバーグ。絶対間に合わない(笑)。

 現金輸送車乗員との銃撃戦でそのなんとかという奴と手下は誠に都合よく全員死亡。ウォルバーグは偽札と現金輸送車に積んであった高い高い絵を持ってスタコラ逃げ出す。貨物船はもうとっくに出発しているだろうと思うのだけれども、ちゃーんと仲間達が荷物の搬入を遅らせてくれていたのでぎりぎりで間に合った。

 結局、ウォルバーグはコカイン密輸に罪を密輸組織のボスにかぶせて警察に逮捕させる。しかも偽札と絵で大もうけしてほくほく顔のウォルバーグ。

 特に凄いのがバンに積んであった絵。持ち運びのために額から外して丸めておいたのであるが、検閲の係員はこれをぼろ布か何かだと思ってそのまま通してしまったのだ。んな訳あるかい(笑)。

 ハイビジョン画質は黒が潰れ気味。音声はDTS-HDマスターオーディオ。音の力感がただごとではない。物理的な空気の振動となって私をノックアウトする!(ちょっと大げさ)。

 夕食は昨日の残りのすきやき。ビールを2缶飲んでゴハンはなし。

 その後は映画は見ずに読書しながら音楽などを聴いていましたとさ。

 午後9時すぎからシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」 終了後はこれまた録画しておいた「県民ショー」など。

 就寝午前12時過ぎ。

|

« 11月5日(火) シチリアの小人 | トップページ | 11月7日(木) ソンブレロの辛亥革命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月6日(水) 『魔性の宅急便』:

« 11月5日(火) シチリアの小人 | トップページ | 11月7日(木) ソンブレロの辛亥革命 »