« 12月17日(火) この世で一番大切なことは素敵なダイイングメッセージ | トップページ | 12月19日(木) 『御ジェボータンでショ』 »

2013年12月19日 (木)

12月18日(水) シーベルトのソナタ

 12月18日(水) シーベルトのソナタ
 放射能音楽駄洒落。先日、東京旅行中のちょっとした出来事である。山手線が少し遅れたらしくホームが人であふれんばかり。やっと来た列車に押し寄せて朝ラッシュ並みの乗車率となった。私はぎゅうぎゅうとおされ「ああ、中身でる、中身でる」とうめいた。さらに酷いことに私の前にいる若者はつり革がすぐ上にあるのにも関わらず両手でスマートフォンをいじくっていた。彼奴が列車の揺れに身をまかせるからその分、私に圧力が余計に掛かってしまうのだ。

 たまらなくなって三つ目(だったかな)の駅で降りてしまった。すると一分もしないうちに次の列車。これが空いていたという(笑)。がらがらとまでは行かないが先ほどの殺人的な込みようとは比較にならない。そしてなによりスマホに夢中になって私に寄りかかってくる馬鹿な若者、略して馬鹿者もいやしないのだ。

 東京の人は不思議だ。山手線などであるならば乗り逃がしてもすぐに次の列車がやってくる。これを逃したら30分待ちというような田舎の電車とは違うのだ。なのにいい年したおじさん、おばさんが目を吊り上げてホームへの階段を駆け上がり今にも閉まらんとしている列車のドアに突撃していく。そんなにあわてる必要などどこにもないのに。

 大きなお世話ですか、そうですか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。本来なら休日であるが東京旅行の代休ならぬ代出勤なのである。天気が悪かったので予定していた掃除を中止、車で天神へ向かい各種書類取得のために、法務局、税務署、区役所を駆けずり回ったのであった。昼飯は赤のれんでラーメン+半炒飯、替え玉。移転後初めての赤のれんであるが、店が広くなった代わりに旧店舗でおかれていた漫画雑誌のたぐいがなくなっていた。ラーメン自体の味は前と変わらず。あんまり美味しくない炒飯もそのままであった(笑)。

 夕食はカワハギの刺身とちゃんぽん。ビール2缶飲む。

 その後シアタールームでレンタルブルーレイの『LAギャングストーリー』を見る。この映画をLA版『アンタッチャブル』や『七人の侍』フォロワーと評する向きがあるけれども、やっぱり私みたいな人間はどうしても あ、「ワイルド7」だと思ってしまう(一人足りないけれども、まあ、それはデカが死んだ後と考えればよろしい)。悪逆非道のギャングに手段を選ばず立ち向かう野性の6人!というのはカッコいいではないですか。

 主人公のジョシュ・ブローリン自らスカウトしていく(本当は奥さんが選んだ)メンバーの一人一人が非常に個性的でそれぞれ、「頭脳派」、「ナイフ投げ」、「ガンマン」、「女たらし」、「メキシコ人」という特技が設定されている(メキシコ人は特技なのか)あたりも非常にワイルド的だ。まあ、その特技が存分に発揮されたとは言いがたいけれども(笑)、LAの街のみならず司法までも牛耳るギャングに対抗するのだ。こんなトンデモないやつらじゃないと勝利は覚束ない。

 ただねえ、あまり作戦を立てられない人たちでねえ(笑)、頭脳的なプレーといえば盗聴器しかけたぐらいか。特に「頭脳派」が殺された後のホテル殴りこみはとにかく、撃ってー撃ってーまた撃ってーでしたからな、ここはちょっと工夫して欲しかったところだ。

 ハイビジョン画質は良好。特に暗部の粘りが素晴らしい。音声はDTS-HDマスターオーディオ。ぱぱぱぱという軽快なマシンガンの音がたまらん。

 その後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」 終了後はプロジェクターを起動させて『三大怪獣』ブルーレイを「うるさい、商売のじゃまをするな、キチガイめ!」の辺りまで。就寝午前1時過ぎ。

|

« 12月17日(火) この世で一番大切なことは素敵なダイイングメッセージ | トップページ | 12月19日(木) 『御ジェボータンでショ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月18日(水) シーベルトのソナタ:

« 12月17日(火) この世で一番大切なことは素敵なダイイングメッセージ | トップページ | 12月19日(木) 『御ジェボータンでショ』 »