« 12月25日(水) アルコホーリクス・アベノミクス | トップページ | 12月27日(金) 富士吉田市とBL »

2013年12月27日 (金)

12月26日(木) 「1DKはロボット」

  アシモフ駄洒落第2弾! 安部首相が靖国電撃参拝!中韓はもとより、アメリカやEU、ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」から非難轟々、はては春香クリスティーンさんのブログまで大炎上。どんだけ凄いねん、靖国神社!世界の注目をここまで集める宗教施設は他に例を見ないのではないか(笑)。

 前々から春香クリスティーンさんに言いたかったこと。あなたが順調に出世していわば知的タレント的な立場になったことを大変うれしく思っております。なぜならあなたがテレビで出始めのころにやっていたものまね芸がクソつまらなかったからです。あまりにもクソつまらなくってみているこっちが恥ずかしくなったほどです。現在のあなたがそうした立場についたことで、あのクソつまらないものまね芸をもう見なくてすむ、私は本当に、本当にうれしかった。あのクソつまらないものまね芸を見なくてすむならば、多少、ヘンなことをテレビで言っても僕は許します。

 いや、ほんと(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に久しぶりの安全食堂でラーメン+替え玉。んぐー、んぐーと呻きながらスープまで全部飲んでしまいました。なお、安全食堂は現在トイレ改装中。仮設トイレが設置されているが一台っきりなのでおしっこが近い、あるいはラーメン食った後には必ずおしっこしたくなるという人は注意すべし。

 夕食は寄せ鍋、カツオのたたき。ビールを2缶飲んで鍋にいれたうどんで仕上げ。

 その後シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』を見る。冒頭で「金正日に捧ぐ」というテロップがでてきて大笑い。その後の「独裁者ギャグ」も好調でこれまた笑わせてもらったのだが、モンダイはクライマックスにおける主人公の演説。これを「民主主義でありながら独裁国家のような不条理がまかり通っているアメリカ」への皮肉ととる人がなんと多いことか。いや、もちろん、そうした意図があることを否定はしないけれども、この映画はそんな生易しいものではない。実はこの映画、ありがちなアメリカ批判を通して「理想と民主主義を混同している」人たちや「アラブの春後の混迷」を強烈に皮肉っているのである。

 弱者を助けるはずのヴォランティア組織がぼんくら揃いで役に立たず、主人公が独裁的な強権を発動して指導したからこそ立ち直れた。この組織のリーダーである女性ははっきりいってアホであり(笑)主人公が独裁者であることを知っても最終的に許してしまう。主人公の奸臣ベン・キングスレーは影武者を使って民主憲法発布を宣言させようとするがその狙いは石油利権の独り占めであった。それになにより主人公は改心したりしない。つまらぬ民主主義より俺の独裁が上だと言わんばかりに権力の座に居座り続ける。

 こうしたことをつらつら描く映画がそんなに単純な訳もなかろう。

(まあ、これはあくまで私が鼻くそをほじりながら考えたことであって、完全に間違っているということももちろん、考えられます。その時はどうか「ふふふ」と鼻で笑ってやってくださいな。)

 ハイビジョン画質は優秀。端正な発色が好ましい。暗部もしっかり沈んでおりいやなノイズも見られない。音声はAAC5.1チャンネル。サラウンド音場の密度が高い。まるで音の球体にすっぽり包まれているようだ。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「黄金伝説3時間スペシャル」 シンクロの有名な双子女子選手が登場。かなり流れの荒い海中に飛び込んで見事なシンクロパフォーマンスを見せたのに驚かされる。もちろん、プールと同じという訳にはいかないのだろうが、さすがの身体能力である。

 一時間ほど見て視聴中止。プロジェクターを再起動させて今までちびちび見ていた『三大怪獣』を最後まで。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 12月25日(水) アルコホーリクス・アベノミクス | トップページ | 12月27日(金) 富士吉田市とBL »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月26日(木) 「1DKはロボット」:

« 12月25日(水) アルコホーリクス・アベノミクス | トップページ | 12月27日(金) 富士吉田市とBL »