« 1月14日(火) 『ろくでなし華僑』 | トップページ | 1月16日(木) オーガニック少年 »

2014年1月16日 (木)

1月15日(水) 『ろくでなしカ行』

  どんな映画だ。<海自艦と衝突 釣り船転覆>15日午前8時ごろ、広島県大竹市の阿多田島沖の瀬戸内海で、海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」(8900トン、艦長・田中久行2等海佐)と釣り船が衝突し、釣り船が転覆した。防衛省や海上保安庁によると、船長と釣り仲間3人の計男性4人が海に投げ出された。全員救助されたが、船長と男性1人が意識不明の重態で、山口県岩国市の病院に搬送された。残る2人は無事だという。<西日本新聞 2014年1月15日夕刊 一面より引用>

 現時点では事故の原因等は分かっていないので、事態の推移を慎重に見極めることとする。これはテロで意識不明の2人は口を封じられたなどと言っているキチガイは放っておけばよろしい。テレビのニュースも割りと冷静で自分の見た限りでは護衛艦くらま事故のように何も分かっていない事故発生直後のニュースで馬鹿なキャスターが「(くらま側に)観艦式が終わって気の緩みがあったのでは」と発言するようなことはなかったようだ(日本テレビ、オマエのことだよ!)。

 まあ、私の見ていないニュース番組でいろいろ言われていたかも知れませんけれども。

 なお、事故を報道した西日本新聞夕刊 3面では防衛省で行われた記者会見の様子も報じている。<引用開始>小野寺防衛相は手元の紙を見ながら事故状況を説明し「海上保安庁の捜査に全面的に協力する」と繰り返すのが精いっぱい。<引用終了>繰り返すのが精いっぱいって、このように悪意に満ち溢れた表現というのはどこで勉強してくるのですかなあ。現時点でその程度のことしか言えないのは分かりきっているのに。

 さらに<引用開始>過去にも自衛艦が絡む死亡事故が相次いでいることを問われたが「被害に遭われた方がいるということは大変遺憾。詳細は捜査を待ちたい」とかわした。<引用終了>だからごく当たり前の発言になぜ、「かわした」という表現を使って小野寺防衛相がなにか卑怯なことでもしたかのように印象付けようとするのか。

 だいたい、過去にも自衛艦が絡む死亡事故が相次いでいると質問するほうもどうかしている。この時点ではあくまでも重態であって、死亡が確認されたのはそれぞれ15日夜、16日午前1時55分なのに。いかに回復が難しい状況であっても死亡前にしていい質問ではないだろう。

 私たちの住む世界での「不謹慎」という言葉の意味は“彼らの世界”とは少し違っているようである。

 本日は休み。午前8時20分に起床し、コーヒーを飲んでだらーっ。その後、事務所に出て車の修理手配など。その後、レンタルショップでブルーレイ 『ローン・レンジャー』と『ディアトロフ・インシデント』を借りてくる。水曜日半額なので2枚で280円。もう嬉しくって嬉しくって思わずにやにやしてしまいますなあ。

 昼飯は缶ビール500mlにレトルトカレーを使ったカレートースト。2分ほど暖めて解凍した食パンにカレーとチーズをのせて11分加熱した奴だ。これにタバスコを数滴振ってかぶりつくと夢のように美味しいぞ。三枚食ったらもう腹パンパンだぞ。

 その後プロジェクターを起動させて『ローンレンジャー』を見たのだが、ラスト30分は素晴らしかった(笑)。でもそれに至るまでの道のりがあまりにも退屈でいや、何しろ、ああ、これで盛り上がるかなと思ったら、あら、そうでもなかったという肩透かしを何度もやられるのである。途中で寝落ち、何度も前に戻って見直すというパターンに陥ってしまったのも無理はないのだ。おかげで2時間半の映画を見るのに3時間以上掛かってしまったという(笑)。

 しかし、その分、ブルーレイの画質・音質はゴージャスの一言。砂粒の一粒一粒が見分けられてしまうような超高解像度、沈みと暗部諧調表現を両立させた暗部、オーケストラの音の厚みがどんと迫ってくるようなDTS-HDマスターオーディオ。

 映画はつまらんかったが(笑)このクオリティは素晴らしい。

 夕食はパックのお寿司、鉄火巻き、油揚げと豆腐の味噌汁、あ、卵も入れたよ。ビール500ml缶を飲む。

 その後はシアタールームにてレンタルブルーレイの『ディアトロフ・インシデント』を見る。前半は『ローン・レンジャー』と同じく退屈そのもの。ソ連で実際に起こったディアトロフ峠事件を調査に行った大学生5人組(1人、えらい年寄りがいる)があまりにものんきすぎるから。精神病院入院中の生存者に会おうとして追い返されたり、窓からその生存者が「近寄るな」と書いた紙を見せていたり、途中の観測タワー?に切り取られた舌が落ちていたり、山肌に怪しいドアを発見したりしているのに、なんでお前らは夜中にセックスをするか。

 この映画には2人の女子大生が出てくるのだが、その2人が2人とも探検隊の中で相手見繕ってテントの中でばこばこやっているのである。さすが戦争に勝った国の人は違いますなあ。

 ただ、この後、謎の組織の人に追われて山肌のドアの中に逃げ込む辺りからぐっと面白くなる。ドアの向こうは秘密の研究室でなにやら怪しいものが収容されていたようだ。その怪しいグールのような怪物に追われて逃げ惑っていると、異次元への門が見つかった!という超絶展開。しかもその元ネタはフィラデフィル実験だ(大笑い)。

 タイムパラドックスネタも上手く?決まって『武器人間』のレベルには達しないけれども(笑)、なかなか拾いものの映画でありましたよ。

 画質は非常にキレイ。この映画はモキュメンタリー形式なのだが、あまりにも画質が良いので返ってウソくさく見えるのがいいですな(笑)。音声はDTS-HDマスターオーディオ。サラウンドは要所、要所で効果を発揮。雪崩、タイムトラベル(笑)の迫力は結構なものであった。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」 終了後はプロジェクターを三度起動させて「宇宙戦艦ヤマト 2199 #3」など。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 1月14日(火) 『ろくでなし華僑』 | トップページ | 1月16日(木) オーガニック少年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月15日(水) 『ろくでなしカ行』:

« 1月14日(火) 『ろくでなし華僑』 | トップページ | 1月16日(木) オーガニック少年 »