« 1月20日(月) ピンク柄兄弟 | トップページ | 1月22日(水) 殿のオナニー »

2014年1月23日 (木)

1月21日(火) 「参院はV」

  参院選大勝利、ねじれ解消!駄洒落。スピーカー パイオニア S1EXを購入した販売店からメールが来た。「えらいすんまへんが、1月中旬予定の納期がメーカーの製作遅れでちょっと遅くなります。2月頭になりますんでどうか勘弁してつかあさい」という内容。

 ああ、本当ならもう納入されているはずのものがあと10日ほど待たねばならんのか、ローンの第1回支払いよりも遅くなるぞ(笑)。そんな殺生なと思ったけれどもまあ、ここは前向きに考えてちょっと早い「自分から自分への誕生日プレゼント」だと思えばいいのだ。なに、あんたはそればっかりですなだって?あ、てめえ、薄ら笑いまでしやがって許せん、首を絞めてやる、うぎぎぎぎぎ、ぎううううう、あっ、死んだ!

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。非常に寒い日で雪がちらついていた。物件の掃除をしていたらあまりの寒さにいつの間にか失神していたらしい。顔をなめられてはっと気づいたらそこにいたのは救助犬のセントバーナードだった。彼がいなければ凍死していたことだろう。私は感謝の気持ちを込めて彼の頭を5回なでてやった。食ったもの、昼飯にゆきみ家の味噌ラーメンとカレーのセット。夜は出来合いのトンカツ、ブリの刺身。生野菜をたっぷり。ビール2缶飲んでゴハンを一膳。

 その後シアタールームにてレンタルブルーレイの『シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~』を見る。フランスの三ツ星レストランのシェフ ジャン・レノ。しかし、彼はフランスの伝統的な料理に固執しており、「分子料理(ある素材に何らかの力を加えて別の分子状態に変化させること=料理なんだそうな。わたしゃちーっとも知らなかった)」を要求するオーナーと衝突してしまう。三ツ星が二ツ星になったらオマエ、首な!と言われたジャン・レノ。そんな彼の前にある天才的な料理人が現れて・・・というストーリー。

 何の捻りもなく、おそろしいほどストレートでシンプルな映画である。困るのはこんな単純な映画なのにミョーに面白いこと(笑)。天才的料理人ジャッキー(ミカエル・ユーン)はジャン・レノの料理のレシピを完璧に再現できるほど彼に心酔しているのだが、味に関しては一歩も譲らない。その彼とジャン・レノのいささかかみ合わないやりとりが良く出来たコントのようで何度も大笑いしてしまったくらいだ。

 この2人が日本人に変装してライバルのレストランを訪れるシークエンスもいい。ハーケンクロイツつけてハイルヒットラーと叫べばそれすなわちナチス、背広にカウボーイハットを被っていればすなわちテキサス人であると同じようにキモノ着て「アリガトゴザイマス、ドウモ、ドウモ」といえばニッポンジンなのだ。

 そういうギャグなのだからいちいち、「日本を侮辱している」とか騒がないこと。

 ハイビジョン画質は良好。鮮やかな発色のおかげで料理がより美味そうに見える。音声はDTS-HDマスターオーディオ。厨房の環境音の表現が抜群に上手い。

 終了後、シャワーを浴びてあれこれ。

 その後プロジェクターを再起動させてブルーレイ『ラドン』の続き。

 就寝午前3時過ぎ。

|

« 1月20日(月) ピンク柄兄弟 | トップページ | 1月22日(水) 殿のオナニー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月21日(火) 「参院はV」:

« 1月20日(月) ピンク柄兄弟 | トップページ | 1月22日(水) 殿のオナニー »