« 2月26日(水) ねずみだっていきものさ、二号だっていきものさ | トップページ | 2月28日(金) 『大アマゾンの反共人』 »

2014年2月28日 (金)

2月27日(木) ネルフだっていきものさ、二号機だっていきものさ

 久々のエヴァ駄洒落。東京の公立図書館で「アンネの日記」等ホロコースト関係の本が300冊以上破壊されたという事件。本を破壊するというゆるせぬ行為、しかも人種差別的な犯罪で「許せない、これをやった奴はデス!」と思うのであるが、それ以上にこの事件の報道はいささか異常な方向へ向かっていると思う。

 こういっては何だか本が300冊である。本来ならば大騒ぎするほどのことではないのだが、現在の報道は開闢以来の大犯罪!、日本はレイシズムの国となった、世界中が大騒ぎだといわんばかりである。この異常な取り上げ方には何か別の意図を感じずにはいられない。まさか、韓国や中国と同じく「日本が右傾化したからこんな事件が起こったのだ」とか言うわけではあるまいな(笑)。

 悲しいことであるが、公共の図書館において本の意図的な汚損は日常茶飯事である。汚損された本を修復する部署も存在するという。立川談志のCDが大量に傷つけられたという事件もあった。汚損された本が「アンネの日記」やホロコースト関連本ではなかったらニュースにもならなかった可能性が高い。

 繰り返して言うけれども、この事件の犯人は許せない、私がもし独裁者であったならば間違いなく片目をツブしてやる(笑)。でもこの事件の現在の扱い方は明らかに異様である。天麩羅で安倍首相にいちゃもんつけた湯川れい子さんではないけれども“最近の日本、本当に変!何もかも怖いと感じるのは私だけかしら???”と思ってしまう。

 本日は休み。午前9時に起床して豆を挽きコーヒーを淹れてゆっくりと飲む。その後、シアタールームの窓に暗室処理。シアタールームは遮光カーテンやプラスチックボードによって暗室化されているが、まだまだ隙間がある。それを徹底的にふさいでしまおうというのだ。具体的にはカーテンボックスに黒の遮光一級カーテンをネジで貼り付けたのだが、これがもー大変。ごちゃとしているAV機器の合間に体をねじいれカーテンを片手で固定しつつ、ドライバーでねじを回すという非常に困難な作業を強いられる。特に最初の一本目が難しくぽろりぽろりとねじを落とすこと十数回(ちょっと大げさ)、二枚のカーテンを貼り付けるのに2時間たっぷり掛かってしまった。

 だがこれでも暗室処理が全て済んだ訳ではない。あと、3枚のカーテンを貼り付ける必要がある。何だか気が遠くなりそうだが(笑)休日昼間に快適な映画鑑賞を行うためだ。俺は絶対、徹底的にやるぞと暑苦しい決意を固めたのだ。

 昼飯はこの作業で疲れてしまったのでコンビニ飯。酢モツでビール500ml缶を飲んで電子レンジで暖めたスパゲティ・ミートソースで仕上げ。

 その後、米国盤ブルーレイで『ウォンテッド』を再見。改めて見ると本当にはた迷惑な奴らだよな、こいつら。組織の内紛騒ぎで列車丸ごと谷底に落としているんだものな、最初のカーチェイスでも巻き込まれた車両のドライバーがみんな無事だったとも思えないし、たんなるテロ組織じゃんか。

 夕食は鯵の叩き、茄子の煮物にカレー。ビール2缶飲んでカレーを一皿。今日は母親が台所から離れなかったのでいつもの味付けはできなかった。彼女の目を盗んで焼肉のタレをいれるのがせいぜいであった。本来なら摩り下ろしたリンゴや、インスタントコーヒーも入れる筈だったのに!

 その後、シアタールームにて本日届いたばかりの米国盤ブルーレイ『大脱出』を見る。初の本格的なシュワルツネッガーとスタローンの共演作!がウリの映画なのだが、どうにも微妙でねえ(笑)。スタローンが頭脳派気取っている割にはえらいご都合主義だったり、ストーリーが必要以上にややこしすぎたりして世紀の大作みたいな風格がない。シュワ・スライが共演しているのだ、どうだ、凄いダロ!という製作者側の開き直りが足りないのだ。

 まあ、私はそんな映画が好きだったりするのだけれども(笑)。

 だいたいね、みんな(俺も含めて)細かいことを言いすぎなのである。シュワルツネッガーが必要もなくヘリコプターの台座から軽機関銃を取り上げてだだだだっと掃射する。それだけで元がとれたてなものですよ。

 ハイビジョン画質は非常に綺麗なのだが、甲板で礼拝する場面で露骨なトーンジャンプが見られたのが残念。音声はDTS-HDマスターオーディオ。音数が豊富でゴージャスなサラウンドが楽しめる。ただ、大音量時の迫力が不足していたか。こんな映画なのだから「隣の迷惑にならないかしら」と心配になるくらいごんごんやって欲しいものである。

 終了後、シャワーを浴びてお酒。プロジェクターを再起動させて今までちびちび見ていた国内盤ブルーレイ『モスラ』をようやく最後まで。あのニューカークシティのセットで多数出てくるアメリカ人のエキストラさんたちが非常にそれらしいのに感心させられる。画質が良くなれば良くなるほど、そうした些細なことに気がつくようになるのだ。

 いや、ほんとですよ(笑)。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 2月26日(水) ねずみだっていきものさ、二号だっていきものさ | トップページ | 2月28日(金) 『大アマゾンの反共人』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月27日(木) ネルフだっていきものさ、二号機だっていきものさ:

» アディダス カントリー [aaa_100]
z [続きを読む]

受信: 2014年2月28日 (金) 22時38分

« 2月26日(水) ねずみだっていきものさ、二号だっていきものさ | トップページ | 2月28日(金) 『大アマゾンの反共人』 »