« 2月2日(日) 夕涼み端子 | トップページ | 2月4日(火) 鳴かぬなら鳴くまで待とうロンギヌス »

2014年2月 4日 (火)

2月3日(月) 大蛸に教えられて浅瀬を渡る

 蛸だからその辺は得意。米ユニバーサルより『キングコング対ゴジラ』、『キングコングの逆襲』ブルーレイが発売される。<http://www.stereosound.co.jp/column/cinemaleader/より引用開始>2014年1月29日東宝怪獣映画『キングコング対ゴジラ』(62)『キングコングの逆襲』(67)がBD化。日本未BD化作品だけに是非とも手に入れたいところ。4/1発売予定。《1/28 from ユニバーサル》<引用終了>

 東宝国内盤より先にユニバーサルでブルーレイ発売か。気になるのはもちろん、『キングコング対ゴジラ』 日本映画専門チャンネルのHD放送でDVDアップコンバートで対処されていた部分。放送時に現存しないと説明されていたフィルムが発見?されたのか、それとも「チャンピオンまつり 短縮版」をそのままブルーレイ化したのか。

 フィルムが見つかっていれば国内でもそれなりのニュースになったであろうから、これは後者の可能性が強いと思う。いやいや、意外とHD放送された継ぎ接ぎヴァージョンだったりして(笑)。

 まあ、なんにしろ楽しみなことであります。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に久々の安全食堂のラーメン+替え玉。やっぱり美味い。でも私は替え玉を食べる時に致命的なミスを犯してしまった。なんと、ラーメンのタレ(替え玉をするとどうしてもスープが薄くなるのでこれを適宜いれて味を調える)と間違えてウスターソースを入れてしまったのだあ。たいした量ではなかったのだけれども、やっぱりラーメンの味が変わってしまったあ。一ヶ月に一度くらいしか食べられないラーメンなのになんてことだ!

 まあ、それでもスープまで全部飲んじゃったけれど(笑)。

 夕食はクロの刺身、生野菜、豆腐とワカメの味噌汁、残りゴハンで作った炒飯。ビール2缶を飲む。

 その後シアタールームにてレンタルブルーレイの『10人の泥棒たち』を見る。中国・韓国の泥棒たちが10人出てきて、しかも遊びキャラなし。それぞれにあんなことやこんなことの背景や因縁があってややこしくてしょうがない。もう途中で話が分からなくなる(笑)。

 さらに追い討ちをかけるのが前半のメインのダイヤ強盗作戦。仕掛けは大仰なのだが、逃走路をまったく考えていなかったりして、あんがい大雑把。さらに10人のキャラがどたばたと絡むものだからなおさら良く分からなくなった!私は途中から「やたらにすぐ薄着になりたがる」チョン・ジヒョンに慰めを見出すしかなくなったんだ。

 その後、この手のアクションとしては白眉のビル壁面でのワイヤーを巧みに使った追撃戦に目を見晴らされるのだが、相変わらずストーリーが良く分からないままなのであった。

 こういう映画は1回じゃ駄目、ちょっと我慢して2回、3回見るとぐっと良くなってくると思います。とり・みき先生がおっしゃってた熊本ラーメンみたいに。

 ハイビジョン画質は良好。ビル壁面のディテールが凄いことになっている。音声はDTS-HDマスターオーディオ。銃撃戦の迫力はハリウッドのメガバジェット作品にも劣らぬ出来だ。

 その後シャワーを浴びていろいろ。

 午後11時過ぎからプロジェクターを再起動させてチャンネルNECO ハイビジョン録画の『ろくでなし稼業』を見る。才人、斉藤武市監督らしからぬご都合主義なストーリーとあまり面白くないギャグは頂けないが(笑)、その分、宍戸錠と二谷秀明のやりすぎなコンビが楽しい。あまり垢抜けていない貧乏臭いダンディズムがたまらないのである。

 冒頭でボロ服着て港町にたどり着いた2人が、ぱりっとした背広姿となって帽子を高く掲げてみせる、このカッコ良さだけで私は満足だ。

 ハイビジョン画質はあまり良くない。ざわついた画面が気になるし、暗部の浮きも目だっている。

 その後はテレヴィや読書。就寝午前3時過ぎ。

|

« 2月2日(日) 夕涼み端子 | トップページ | 2月4日(火) 鳴かぬなら鳴くまで待とうロンギヌス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月3日(月) 大蛸に教えられて浅瀬を渡る:

« 2月2日(日) 夕涼み端子 | トップページ | 2月4日(火) 鳴かぬなら鳴くまで待とうロンギヌス »