« 2月5日(水) 飛んで火にいるナースの尻 | トップページ | 2月7日(金) 愛のユークリッド »

2014年2月 7日 (金)

2月6日(木) 「わんぱく大牟田市クムクム」

 大牟田市は大昔の駄洒落になると思って検索してみたらこのアニメが引っかかっただけであり、私自身はその存在自体を知りませんでした。さて、「フューチュラマ シーズン7 #15 2-D Blacktop」である。ファーンズワース教授はプラネットエクスプレスシップの最高速を上げるべく改造を施したのだが、これがあだとなって飛び上がったとたんに墜落(笑)。怒ったリーラ、フライたちはのろくさいけれども極度に頑丈な宇宙船を導入するのだった。

 ファーンズワース教授は泣く泣くゴミ置き場の廃品を使ってプラネットエクスプレスシップを修理する。そしてひょんなことから暴走族の若者たちとセントラルパーク一周レースをすることになった。するとぼろぼろだったプラネットエクスプレスシップが大変身。エンジンが突き出したり翼が伸びたりして大変カッコ良くなったのだ。教授は暴走族たちをブッちぎる。警察に追われたけれども、新機能次元ドリフトで異次元に逃げ込むことができた。すっかり教授に心酔した暴走族たちは彼のクルーになるのだった。

 さて、リーラたちが導入した宇宙船は大変に安全であるが、窓がないので宇宙を眺めることができない。配達そのものも全自動でやってくれる。確かに安全だが同時に退屈極まりない代物だった。

 ファーンズワース教授は新しいプラネットエクスプレスシップでリーラたちにレースを申し込む。メビウスの輪コースで競争だ。教授は次元ドリフトで先頭に立った。しかし、いつの間にか180度反転しており、リーラたちの宇宙船と正面衝突をしてしまうのである。二つの宇宙船は激突のショックで円盤状に押しつぶされてしまう。

 教授、リーラ、フライ、ベンダーは自分たちが二次元の世界にいることを知る。彼らは二次元の王 フラットブッシュに出会うのだが、同時に二次元の食べ物を受け付けないことも知った。分断された消化器が役に立たないのだ。教授たちはフラットブッシュの妨害をかわしてプラネットエクスプレスシップ(2D)に乗り込み次元ドリフトを敢行。なんとか元の3D世界に戻ることが出来た。

 3D世界では今しも二つの宇宙船の残骸が溶かされようとしている。残骸がぷくりとふくらみ、プラネットエクスプレスが実体化する。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。昼飯はマルタイ屋台ラーメン。生野菜も食った。夜はパックのお寿司、生野菜、じゃがいも、玉ねぎの味噌汁。ビールを2缶飲む。

 その後シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『バーニングクロス』を見る。かなり大雑把な作りで主人公の特技である心理分析も役に立っているとはいえず、恋人を殺された相棒の扱いも実に中途半端。最後の決戦を前にして自動車の激突のショックでほぼ戦闘不能というのはいくらなんでもマズイだろ(笑)。

 良かったのはとにかく残酷でサイコな殺し屋。体を麻痺させる薬、でも感覚はそのまんま、を女の体に注射してすき放題に責めさいなむというサディスティックなキャラクターはもろに私好み(笑)。これでぐっと猟奇的な味わいがでてくる。

 ハイビジョン画質はノイズが多くあまり誉められたものではなし。音声はAAC5.1チャンネル。やっぱり上方向へ音が広がるなあ、これも新スピーカーのおかげだよなあとにやり、にやり。

 シャワーを浴びていろいろ。

 就寝午前3時過ぎ。

|

« 2月5日(水) 飛んで火にいるナースの尻 | トップページ | 2月7日(金) 愛のユークリッド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月6日(木) 「わんぱく大牟田市クムクム」:

« 2月5日(水) 飛んで火にいるナースの尻 | トップページ | 2月7日(金) 愛のユークリッド »