« 3月1日(土) デッド・オア・アーカイブ | トップページ | 3月3日(月) 読モをもって毒を制す »

2014年3月 3日 (月)

3月2日(日) 『伊豆のココリコ』

 芸人駄洒落。3月注文分の米国盤ブルーレイ 『ゼロ・グラビティ』(ドイツ版ブルーレイには3D版のみ日本語字幕・音声が収録されているが、私はあえてアメリカ版を選ぶ!)、『マイティ・ソー ダーク・ワールド』、『ターボ』 ドリーム・ワークスの3DCGに外れなし!そして今回唯一の2D映画『Free Birds』(観衆がスピーチを促す決まり文句らしい)。

 この4枚で送料込みの11,822円。

 ビッグ・コミックで絶賛連載中の「かびんのつま」 2014年3月14日号もやっぱりすげえや。つまは化学物質過敏症が重症化してフツーの服を着ることができなくなったので取り寄せたオーガニックコットンの布で自作したのだが、メジャーが化学臭のために使えないのでテキトーに裁断して縫製。できた服は肩幅やズボンの幅がばらばら。うわあああああ。

 さらに妻は畑の脇でアースするようになった。この方法はネットで発見したものでオーガニックコットンの布を地面にしてそのうえに立ち、体から電気を放出する。つまは「アースをすると電磁波過敏症が少し楽になる」と言う。電気の放出の仕方にはいろいろあって、オーガニックコットンの布を使う他に「土に足を埋める」「木に抱きつく」「裸足で砂浜を歩く」のもそれぞれ効果的なのだそうな。

 この連載の枠外には「化学物質過敏症は。微量の薬物や化学物質の暴露によって健康被害が引き起こされるとする病気で、厚生労働省に病名登録されています。発症の原因や症状の表れ方は個人差が大きいと考えられています」とある。要するにこれはちゃんとした病気ですよ、アレのせいなんかではないのですよということなのであろうが、「オーガニックコットンの布を地面に敷いてその上にたち、体の電気をアースする」などというヴードゥの呪術みたいなことをやっている人間など信じられるものか。

 この漫画は「科学物質過敏症」という病に対しての偏見を助長するものと言われても仕方がない。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。昼飯は弟家族が買ってきてくれたお弁当。あっさりとした味付けでなかなか美味かった。昼飯後、K太郎としばらく遊ぶ。彼の最近のブームは西暦・年号・年齢の対照表作り。

 自作の表に明治34年から現在までの西暦・年号・その人の年齢がびっしり書き込まれている。一目で昭和39年に生まれた人が西暦1964年生まれ、現在50で分かってしまうのである。K太郎はことあるごとにこれを持ち出し、お客さんにも「何年生まれ」と聞いては「だったら西暦何年で今何歳だね」とやるのだ。

 ウウーム、女性にはあまりやらない方がいいと思うぞ、K太郎よ。

 夕食は昨晩の残り飯。豚のしょうが焼き、イサキの刺身(賞味期限2時間オーヴァー)、生野菜等々。ビール2缶を飲み納豆卵かけゴハンで〆る。

 その後、シアタールームでレンタルブルーレイ『死霊館』の続き。このホラーの斬新なところは最初から最後まで怖いところ。だいたいこの手の映画は最初の30分の思わせぶり、夜中にヘンな音がして主人公が家の中をうろうろする、ような場面が怖くて、その後は幽霊だの化け物が暴れだして、すかっとするパターンが多いのだが、この『死霊館』はなかなかすかっとさせてくれないのだ。主人公家族が悪霊に悩まされてさんざん怖い目にあわされる、ここで有名な心霊ハンター夫婦が登場、やっとすかっとする展開になるかと思いきや、今度は夫婦の子供が狙われるのである。

 この映画でもっとも怖かったのが、奥さんの背後から突如、にゅっと手が伸びてぱんぱんと拍手する場面。いい加減、この手の脅かしには慣れている筈なのだが、思わず飛び上がってしまった。あんまり恐ろしかったのでいったん、再生を中断、部屋の電気をつけて深呼吸したほどであった。

 昨晩、この映画の鑑賞を途中でやめたのは何も「野暮用」のためだけではなかったりしたのである(笑)。

 ハイビジョン映像は秀逸。暗部の限りない黒さが映画の恐ろしさをよりひきたてる。音声はDTS-HDマスターオーディオ。低音の使い方が巧みで、背後からなるどんどんという音がおっかないぞ。

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 午後10時半からプロジェクターを再起動させて日本映画専門チャンネルHDで録画した『フランケンシュタイン対地底怪獣』 冒頭のUボートと伊号潜水艦の受け渡し場面が非常に美しい。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 3月1日(土) デッド・オア・アーカイブ | トップページ | 3月3日(月) 読モをもって毒を制す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月2日(日) 『伊豆のココリコ』:

« 3月1日(土) デッド・オア・アーカイブ | トップページ | 3月3日(月) 読モをもって毒を制す »