« 3月27日(木) トルエンの親戚 | トップページ | 3月29日(土) 寂聴企業 »

2014年3月29日 (土)

3月28日(金) 善きソマリア人

 政治的にちょっと皮肉の利いた駄洒落。アマゾンにメキシコディビジョンが出来た。やったこれでルチャ映画のDVD買い放題だ、未見のサント映画だって見られるかもしれないぞと喜び勇んでアクセスしてみたのですが、扱っているのはキンドルブックだけでした(笑)。

 唐突だけれども、IHクッキングヒーターを買ったぞ。ホームセンターで現物限りのセール品となっていたアイリスオーヤマのEIH-14 特価5,970円だ。価格コムでの最安値5,880円にはわずかに届かないものの、なかなか良い買い物であったと思う。そして同時に置き台SSIH-54 1,970円も購入。これをシアタールームの二口ガスコンロの上におき、EIH-14を乗せるのである。本来 SSIH-54は二口クッキングヒーター用の置き台なのだが、EHI-14を乗せても大丈夫。すべることもなく安定して使うことができるのだ。

 ただ、一つ気に入らないのは裏板があること。たんなるコの字型だったら良かったのにこの裏板のおかげでガスコンロ後ろのでっぱりに合わせて設置せざるをえない。すると、前のガスコンロが露出してしまうのだ。できれば前のガスコンロまで覆いたかった。何かそこだけ中途半端で気になってしまう。

 仕方ないので、自分に「何だか三段空母時代の加賀や赤城を思わせる佇まいで逆にカッコいいではないか」と言い聞かせ無理やり納得させたのであった。

 さっそくケトルを使ってお湯を沸かしてみたが、ガスコンロより若干時間が掛かるかなという印象。そしてもっとも意外だったのはうるせーこと(笑)。がーがーごーごーとファンが回って笑ってしまうほど大きな音がする。まあ、私はこれから、ずっとずっとずっと一人であろうし、使い方もせいぜい炒め物やお湯を沸かすくらいだから、あんまり関係ないのであった。

 これで秋口になったらルーフバルコニーで鍋パーティなんてことができるかも知れませんな。今の状態だと隣のマンションから丸見えというのがちょっとあれだけど(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に回転寿司七皿。真いかが美味かった。夕食はやずの刺身。生野菜、ポテトサラダ、コンビニの豚肉しょうが焼き。ビール2缶飲んで、づけにしたやずのお茶漬けで〆る。

 その後シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『エレベーター』を見る。ある投資会社のパーティに参加しようとエレベーターに乗り込んだ登場人物たち。この投資会社の会長、その孫娘、ユダヤ人のコメディアン、イラク人の警備員、インドの美女、そのフィアンセのイケメン投資会社社員、同じく投資会社社員、でもこちらはアメリカンなデブ。そして妊娠した若い女性。後はいかにも訳在りだなと思わせるおばあさん。

 いかにも大都会ニューヨークの縮図といった面々である。

 閉所恐怖症気味のコメディアンが脂汗流しているのを見た孫娘はにやりと笑ってエレベーターの緊急停止ボタンを押してしまう。ストップするエレベーター、コメディアンは「てめ、このクソガキ、わざとやったのだろう、俺は見ていたぞ、ファッキン・リトルビッチ!」でも孫娘は「間違えちゃったのよう」と涼しい顔。

 ところがこの無邪気とはとても言えない、いや、本当にいやなガキなのだ、こいつは(笑)、いたずらのおかげで大変なことになってしまう。エレベーターがいくら待っても復旧しないのである。会長はいらついて警備の人間を呼び出すが、面倒くさそうに管理部門の奴がエレベーター会社に連絡してますからそれまで待ってくださいと繰り返すばかり。しまいにはうんともすんともいわなくなってしまう。

 フツー、大会社の会長がエレベーターに閉じ込められたらそれは大騒ぎだろう。警備員たちが大変だ、大変だと右往左往してしまいには出会い頭にぶつかって、おでこから血を流したりするかもしれない。しかし、この警備の人間はまったく仕事をする気がないようで、もうこのあと全然出てこなくなってしまうのである。

 そして最悪の事態が起きる。あのおばあさんが心臓発作を起こして死亡。その際に「ば、爆弾」と言い残したのである。調べてみると、わあ、本当に体に爆弾が巻かれている。これが爆発すればエレベーター内の人間はミンチと化すだろう。おばあさん夫婦はこの投資会社が薦めてきた投資のお陰で全財産を失っていたのである。おばあさんの夫はそれを苦に拳銃自殺を遂げていたのだった。おばあさんはその復讐のためにパーティ会場へ行こうとしていたのだった。

 最初はいがみあっていた登場人物たちがこの新たなる危機の出現によってしだいに協力しあうようになる。あのコメディアンなど、あれほど罵っていた孫娘をかばうようになるのだ。このあたりは実に上手いのだが、ちょっと私の好みからは外れてしまったか。こんなシチュエーションなのだから、もっともっと醜い人間の本性を丸出しにして欲しかった(笑)。例えば、お互いに他人を盾にしようとしてエレベーターの中でどたばた争うとか、ふふふふふ。

 なお、ラスト近くでおばあさんの体から爆弾を取り外そうとするのだが、この方法が実にユニーク。本当に面白いのでみなさん、ぜひ、自分の目で実際にごらんになってください。

 ハイビジョン画質はやたらに精細である。普段はWOWOWハイビジョン放送には使えないMPCプロファイル「高解像度」がぴたりと嵌る。ただ、暗部の浮きやノイズが目立った場面があったのが残念。音声はAAC5.1チャンネル。閉塞したエレベーター内の雰囲気が上手く表現されている。

 シャワーを浴びていろいろ。ドラクエもやった。初めて冒険の酒場で戦士を一人加えてみたら、おどろくほど簡単になった。あのモンスターもこのモンスターもイチコロだ。しかも雇い賃は12時間で20G。また、移動していると突然、かなりの距離を戻されてしまうという現象への対処法も発見。ある程度進んだら冒険の中断を選択してセーブ。そして再開すれば意外とスムースに進めるようになる。

 いやあ、これがダンジョンやフィールドでセーブできなかったら大変だよ、もう間違いなく途中で放擲していたね。

 就寝午前3時過ぎ。

|

« 3月27日(木) トルエンの親戚 | トップページ | 3月29日(土) 寂聴企業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月28日(金) 善きソマリア人:

« 3月27日(木) トルエンの親戚 | トップページ | 3月29日(土) 寂聴企業 »