« 3月2日(日) 『伊豆のココリコ』 | トップページ | 3月4日(火) 読モの携帯 »

2014年3月 4日 (火)

3月3日(月) 読モをもって毒を制す

 読モが何であるのか良く分かっていない私の考えた駄洒落。アメリカで2005年に強盗・殺人未遂で懲役30年の判決を受けた男。NBA選手のラリー・バードの大ファンだった彼はバードの背番号と同じ懲役33年にしてくれたと申し出た。この申し出は・・・、受け入れられた、受け入れられなかった、資料によって違うので断定できません(笑)。

 バカ?

 ジョン・ウェイン・ゲーシー豆ちしき。

 ジョン・ウェイン・ゲーシーの自宅を捜査した捜査員たちは陰惨な現実にブラックユーモアで対抗した。彼らは遺体の総数がどのくらいあるか賭け、5体から24体までの予想が立てられた。だが、どれもあまりに低すぎる数字だった(ゲーシーの自宅、ガレージ、デス・プレインズ川から発見された彼の犠牲者は33人に上った)。

 ジョン・ウェイン・ゲーシーは発展する会社を1人で切り盛りし、慈善事業にも熱心に参加、さらに地元の政治に関係するという大変に多忙な人物であった。彼はその合間、合間をぬって33人もの人間を殺害した。

 (参考 タイムライフ編 「連続殺人者」 なお、この本もブックオフの105円本。まったく105円の古本は私の人生を豊かにしてくれますなあ!)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。昼飯はあるラーメン屋でラーメン・半炒飯のセット。今日のラーメンは美味しくまたリーズナブルなセット価格であるけれども、いかんせん炒飯の味が・・・味が濃すぎておまけに炒めすぎたのかかちんかちんになったゴハン粒があった。

 夕食は雑炊、カツオの刺身、オムレツに生キャベツ。ビールは飲まずに雑炊をバカ食いする。

 その後、シアタールームでレンタルブルーレイの『天使の処刑人 バイオレット&ディジー』を見る。『ハンナ』で同じく少女の殺し屋を演じたシアーシャ・ローナンと『シン・シティ』でやたらに印象的だったベッキーを演じたアレクシス・ブレデルが共演、しかもティーン・エージャーの殺し屋コンビであるという。

 うきききとコーフンして借りてきたのだが、実際の映画は私の予想とは180度違った違ったものであった。最初の尼さんコスプレで銃を撃ちまくる場面こそ予想に違わぬ素晴らしさであったのだが、早くも第二の仕事からおかしくなってしまう。何しろ、2人とも不真面目なのだ。仕事を引き受けた動機も憧れのアイドル・バービーサンデー印のドレスを買いたかったから。あまつさえ、エージェントのダニー・トレホ(笑)に楽で報酬高めかしつこいぐらい確認したりする。

 そして首尾よくターゲット(ジェームズ・ガンドルフィーニ)のアパートに侵入したのはいいが、彼を待ち伏せするはずなのに、2人ともソファーで眠ってしまうのであった。さぞ、多くの人が「こら、真面目にやらんかい」とツッコンだことであろう。しかも、その後、戻ったガンドルフィーニと会話を交わすうちに、なんだか情が移ってしまって殺しにくくなっちゃった。末期のガンであるガンドルフィーニは彼女たちに殺されることを望んでいたのに・・・。

 どこまでも現実離れしたファンタジックな殺し屋の物語。この後、別の組織から派遣されてきたいかにも殺し屋らしい強面連中がやってくるのだが、バイオレットに逆襲されあっさりと皆殺しにされてしまう。ここまでして現実の介入を拒みますか。

 劇中で言及される「人形病院」 バイオレットとディジーはそこで出会ったという。私はこの「人形病院」が精神病院の暗喩であり、ディジーはバイオレットの妄想ではないかと考えたのだが、ラストでディジーはガンドルフィーニの娘に自分のドレスを届けたりしているからなあ、この一見、頭のよさそうな解釈も(笑)、ぴたりとは当てはまらないのであった。

 ハイビジョン画質はややノイジーであるが、シアーシャ・ローナンの美貌を上手く描写する。彫りの深さ、美しい目、滑らかなスキントーン。この映画でのハイビジョン画質はまったく彼女のためにあるようだ。アレクシス・ブレデルの方はどうかと言うと・・・実はこの人はもう32歳なのでこの高解像度・大画面映像はちょっと気の毒であったかなと思いました(笑)。

 音声はドルビートゥルーHD BGMなど地味な使い方しかしていないのに、実に心地よく胸に響いてくる。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。

 就寝午前3時過ぎ。

|

« 3月2日(日) 『伊豆のココリコ』 | トップページ | 3月4日(火) 読モの携帯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月3日(月) 読モをもって毒を制す:

« 3月2日(日) 『伊豆のココリコ』 | トップページ | 3月4日(火) 読モの携帯 »