« 4月11日(金) ロナルド・レールガン | トップページ | 4月13日(日) 「チェコフ抄」 »

2014年4月14日 (月)

4月12日(土) コンタクティ55号

 なんで宇宙人が出てくるの?周富徳死去。この人の思い出はこの日記でも書いたことのある「吉田照美のやる気MANMAN!」で紹介されたエピソードが全て。ある町に中華料理屋ができた。開店前「周さんのお店」という看板がかかっていたので、みんな、あの周富徳の店かと思い、開店時には多くの人がつめかけた

 その中の一人が店員さんに「今日、周さんはいらっしゃっているんですか」と聞くと、店員さんは「ええ、おりますよ、いま呼んで来ます」しかし出てきたのは周富徳とは似ても似つかない日本人。そして彼はこういった。「小川周一です。周さんと呼んでください」その途端、店内のお客さんがみんなズッコケたという。

 仕事はまあ、いろいろとあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に基峰でちゃんぽん。780円という値段にふさわしいボリュームたっぷりなちゃんぽんである。なお、私はテレビやブログなどで「ボリューミー」とか言っている奴はひっぱたきたくなるぐらい嫌いだ(関係ないだろう)。

 野菜の味は大変良かったのだが、いかんせんスープがしょっぱすぎた。このちゃんぽんは30代までの若い人むけだ。私のような50のおっさんが食うものではない。

 夕食はレトルトのハンバーグ、生野菜。ビールを2缶飲んでふりかけでゴハンを一膳。

 その後シアタールームにて『クレヨンしんちゃんバカうまっ!B級グルメサバイバル!!』を見る。BZT9600で録画中のものを頭からプロジェクターで見たのだが、途中で電源ケーブルがすっぽ抜けて動作が停止してしまった。きいいと喚いて視聴中止(笑)。

 なんてことだ、「クレしん」映画は未だにブルーレイ化されていない。今夜の放送を見ることができなければハイビジョン画質での視聴チャンスはW"OWOWなどのBS・CSに頼るしかない。いまさらDVDでなんか見られるか、うわーんと私は泣いた!なんてことはありませんでした(笑)。

 ちゃんとCATVのセットトップボックスで録画してあります。これをBD-REに焼けばBZT9600とプロジェクターX75Rの組み合わせで見られるのです。

 その代わりと言ってはなんだが、本日借りてきていたレンタルブルーレイの『天地明察』を一時間ほど。岡田准一との結婚を勧められた宮崎あおいが「そんなのチョーありえない」と憤然とする様を見て、「うんうん、ツンデレ、ツンデレ」と頷く佐藤隆太がよろしい(笑)。

 残りは後日の鑑賞とする。

 シャワーを浴びてお酒。明日は地区の体育行事で6時起きなのでとっとと酔ってとっとと寝る。

|

« 4月11日(金) ロナルド・レールガン | トップページ | 4月13日(日) 「チェコフ抄」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月12日(土) コンタクティ55号:

« 4月11日(金) ロナルド・レールガン | トップページ | 4月13日(日) 「チェコフ抄」 »