« 4月20日(日) STAPフィルム | トップページ | 4月22日(火) モハメッド撮りAV »

2014年4月22日 (火)

4月21日(月) ハメ撮りの笛吹き男

 どんなAVだ。先日のヴァージョンアップ以来、キャラクターを移動させていると、すぐに元の場所に戻されてしまうという現象が一層酷くなりとてもプレイできたもんじゃねえや、どうしてくれる、エニックス!と悔しさに地団太を踏んだ私であったが、ためしに自炊用のノートパソコンでプレイしてみたらそんな現象は一切起こらなかったという(笑)。ソフトには一切責任がなかった。悪かったのは私のパソコンだった、どうもすみません、エニックス!しかし、こうなるとドラクエをやるためにいちいちノートパソコンを使わなければならないのか。外部スピーカーを繋がなきゃならないし、完全にセッティングすると私の視聴位置付近はコードだらけになってしまって非常にみっともないんだよなあ。なんで、自炊書籍閲覧用のパソコンではああなってしまうのかなあ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。朝っぱらから非常に不愉快な出来事があったのだが、まさかここに書くわけにもいかないので、「あー、チクショー、○○、×ね」とだけで済ませておく。食ったもの、昼飯にうどんウエストで肉うどん。ウエストで肉うどんを頼んだのは初めてなのだが、これが美味い。肉汁によって私にはちょっと薄味なウエストのスープがもろ私好みに変貌するのである。

 夕食はほうれん草の辛子味噌和え、鯛の刺身、生野菜、竹の子・じゃがいも・鶏肉の炊き合わせ。ビールを2缶飲んでゴハンを一膳。

 その後シアタールームにてレンタルブルーレイの『県庁おもてなし課』を見る。『セデック・パレ 第二部』を続きをなぜ見ないと言われそうだが、いや『おもてなし課』の返却期限が水曜日 23日までなので、早めに見ておかないと思ったから。水曜日だから火曜の夜にゆっくり見ようなどと暢気に構えていると、「突然の飲みの誘い」(最近はとんとご無沙汰ですが)や「母親が魚の骨を喉にひっかけて病院へつれていく」という突発事態が生じないとも限らない(後者は実際にあったことである)。私はレンタルブルーレイやDVDの返却遅れを病的なまでに嫌う男なので、一週間レンタルの作品は少なくとも期限の一日前までに見ておかないと落ち着かないのである。

 その『県庁おもてなし課』であるが、これは原作自体が非常に予定調和であって、ストーリーとしての面白さは中盤以降まるっきり感じられなくなるという欠点があった。この映画もそれを忠実に引き継いでおり(笑)、終盤の盛り上がらなさというのはもう笑ってしまうくらい。

 その代わりキャラクターの描き方が非常に上手く、有川文学の特徴であるお互いを憎からず思っているが、まだ付き合うという段階まで行っていない男女(錦戸亮、堀北真希)のもぞもぞとした感じが実によく表現されている。そしてこれまた見逃せないのが船越栄一郎の娘を演じた関めぐみ。原作でもたいがい面倒くさかったキャラクターを見事に具現化。有川浩先生が彼女をモデルにしたのではないかと思われるほどのはまりっぷりである。

 ハイビジョン映像は非常に高解像度。山の頂から見下ろした高知の街並みはそのあまりの精細感に息を呑んだほど。くらい場面でノイズが目立っていたのは残念だが、ブルーレイソフトとしては高品質の部類に入ると思う。音声はリニアPCM5.1チャンネル。空間構成力に優れたサラウンド。ただ、音圧が低く、シアタールームを音で満たすという感覚が味わえなかった。

 終了後、シャワーを浴びていろいろ。

 午後11時過ぎからドラクエをやる。前述のごとくノートパソコンでプレイすると快適そのもの。でもやっぱり画面が小さい、画質が良くない、外部スピーカーを繋いでもサウンドカードがしょぼいせいか音量が小さくて聞き取りづらい。もちろん、音質は評価などできようもないレベル。

 まあ、それでも2時間ほどやってレベルを2つあげましたけどね。

 ドラクエの後はだらだらとテレヴィ。就寝午前3時過ぎ。

|

« 4月20日(日) STAPフィルム | トップページ | 4月22日(火) モハメッド撮りAV »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月21日(月) ハメ撮りの笛吹き男:

« 4月20日(日) STAPフィルム | トップページ | 4月22日(火) モハメッド撮りAV »