« 4月25日(金) 「天皇の流離譚」 | トップページ | 4月27日(日) イカ刺し啓 »

2014年4月27日 (日)

4月26日(土) 「リサイクル野朗」

 たしか、主人公の相棒がウンコをもらしてしまって、汚れたパンツをビニール袋に入れて「ビニールは凄い、匂いも何もないでやんす」みたいなことを言っていたよな駄洒落。例によって私の不確かな記憶にもとづくもので、しかも確認しようとは露ほども思っていないのであしからず。

 「フューチュラマ シーズン7 #16 The Inhuman Torch」 太陽のヘリウム採取所で事故発生。視察に来ていたブラニガンが機械の操作をあやまり暴走させてしまったのだ。この事故のおかげで太陽の内部に10数人の発掘員たちが取り残されてしまった。彼らの救出はとても困難で命がけのミッションになるであろう。そこでファーンズワース教授が「グッドニュース、エブリワン!」(笑)。フライ、リーラ、ベンダーが派遣されたのであった。ここでベンダーが意外な活躍を見せる。彼は両腕から噴射される消化液の勢いでゴジラのごとく飛んで次々に発掘員たちを救助したのだ。彼は英雄となり、その人気もうなぎのぼり。それを面白く思っていないのはもちろん、フライとリーラだ。

 ベンダーの活躍のお陰でプラネットエクスプレス社が公式にニュー・ニューヨークの消防組織となることが決定。プラネットエクスプレスシップも消防車仕様に改装される。もちろん、梯子だって装備されているぞ。ここでもベンダーが大活躍。頻発する火災をことごとく消しとめ大喝采を浴びるのだった。

 しかし、他のクルー達は彼を疑っていた。何しろベンダーの行く先々で火事が発生するのである。ひょっとしたら彼は自分がヒーローになるために放火をしているのではないか。ファーンズワース教授は「放火犯をやとっているわけにはいかない。もし本当ならクビにしなければ」と言い出す。

 しかし、その真相は意外なものであった。ベンダーは放火犯ではなかった。彼はあの太陽での救出劇のおりに、炎の知性体を地球に連れ帰っていたのである。この炎の知性体は「わしは太陽では冷遇されていたほのお、わしはこの地球を支配して新たな太陽にするのだほのお」

 あわてたベンダーは火をつけられるものが何もない極地へ行くのであるが、これも駄目。いったん姿を消したかに思われた炎の生命体であったが、ベンダーがニュー・ニューヨークに戻るとまた出現したのだ。炎に包まれるプラネットエクスプレス社。炎の知性体はプラネットエクスプレス社地階のマグマピットに入り地球を太陽にするつもりだ。ベンダーはフライの制止を振り切り、知性体を追ってマグマの中にダイブ。と、ここで奇跡が起こった。孫からまばゆい光がさしこんできたかと思うと、他の炎の知性体が姿を現したのだ。

 彼らは最初の炎の知性体を追ってきたのである。彼らは性悪の知性体を捕らえ太陽へと戻っていく。かくして、地球の危機はさった。マグマに飛び込んだベンダーも無事だった。プラネットエクスプレス社社屋が焼け落ちてしまったけれども(笑)めでたし、めでたし。

 昨日の「フューチュラマ シーズン7 #15 "Fry and Leela's Big Fling" 」で書き忘れていたちょっと良いギャグ。フライとリーラが食事していたレストラン(ゾイドバークがバイトしていたところだ)の外に掲げられていたメニューには「THEM! をエニイスタイルで」とある。そしてリーラとフライが舌鼓を打っているのが子猫ほどもあるアリの唐揚げ(みたいなの)。これはもちろん、『放射能X』から。ちゃんとエクスクラメーションマークまでついていて芸の細かいことといったらありゃしませんね。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にゆきみ家で味噌ラーメンとミニカレーのセット。880円というブルジョアジーのメニューに大満足だ。

 午後五時過ぎに事務所を閉めて歩いて天神へでる。そこでケーキを買って市内某所のぴんでんさん宅へお邪魔。ご家族と一緒に久しぶりの飲みを大いに楽しんだのであった。いろいろ話したけれども、その内容を明らかにするとしろんな人が地獄に落ちたり、死から蘇ってきたり、裁判沙汰になったり、これが原因で20年にも及ぶ怨念と因果の扉が開いて連続殺人が起こったり、さらには大宇宙のかなたで妖星ゴラスが地球めがけて進撃を開始したりしかねないので一切、秘密である。

 ぴんでんさん、奥様、そして2人のおじょうさんたち、どうもありがとうございました。

 午後11過ぎにタクシーにて帰宅。ほへっとなってテレビを見ていたらいつの間にか眠ってしまったらしい。はっと気がついたら午前3時。私はううん、ああんとかわいらしく伸びをしてベッドに入り寝なおす。

|

« 4月25日(金) 「天皇の流離譚」 | トップページ | 4月27日(日) イカ刺し啓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月26日(土) 「リサイクル野朗」:

« 4月25日(金) 「天皇の流離譚」 | トップページ | 4月27日(日) イカ刺し啓 »