« 「科学」と「逆襲」 | トップページ | 本当にあった愉快な鼻血 »

2014年5月20日 (火)

きれいなお城の怖い鼻血

 だから福島で鼻血が云々というのは根も葉もないデマだって。デマの流布に他ならない行為をこの国ではいつから「表現の自由」と称するようになったのか。

 

 健全な国家観の発揚である(と私は思っている)右傾化(笑)よりこっちの方がよっぽど問題ですぜ。

 明日から東京旅行。午前7時半の新幹線で時速250キロで東京に向かって突進し(250キロは古いか)午後12時過ぎに到着したら神田へ移動、一乃谷で鯨ステーキ定食を成敗するのだ。もちろん、ビール付だぞ。

 そしてホテルへチェックインした後は銀座に出て開田 裕治さんのクトゥルー絵画展を観賞。

 そして午後6時から下北沢の小劇場「楽園」にてと学会エクストラスペシャルに参加するのだ。

 

 ああ、今からもう楽しみで楽しみでならないよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にインスタントの味噌ラーメン。キムチをたっぷり入れてずるずるやるとなかなかのおいしさ。

 

 夕食は空揚げと生野菜。珍しく刺身の類はなし。ビールを2缶飲んでお茶漬けで仕上げる。

 その後シアタールームで音楽を聴きながらだらだらと本を読む。そして午後11時過ぎから明日の準備。

 

 シャワーを浴びてまただらだらとテレヴィや読書をしていたら午前二時半過ぎにうまいこと眠くなってくれた。その機会を逃さず、ベッドにもぐりこんで就寝。ずいぶんと浅い眠りであったが、これだけ眠れれば十分である。

 さあ、皆さん、私は東京へ行ってまいります。

|

« 「科学」と「逆襲」 | トップページ | 本当にあった愉快な鼻血 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きれいなお城の怖い鼻血:

« 「科学」と「逆襲」 | トップページ | 本当にあった愉快な鼻血 »