« 6月13日(金) ヤング ミック・ジャガー | トップページ | 6月15日(日) 「フルマラソンライオン丸」 »

2014年6月15日 (日)

6月14日(土) スキャナーの牛丼

 

 外食しようという時に小学2年生の甥っ子に決して「何が食べたい?」と聞いてはいけない、彼は必ず「すき家の牛丼!」と答えるからだ駄洒落。プロレスラー スタン・ハンセン。来日当初、彼は得意技のウエスタン・ラリアートで人間発電所ブルーノ・サンマルチノの首を折ったと喧伝されていた。私などは単純であるから、「うわあ、すっげえ」と思っていたのだが、その真相は単なるボディ・スラムの失敗だったという・・・。ハンセンがサンマルチノを変な体勢で落っことして頚椎を負傷させていたのだった。この話をあるプロレス雑誌で読んだ私は「いくらなんでも盛りすぎ」と大いにがっかりしたものである。

 まあ、大人になった今では「いやいや、当時のプロレスなんだからそういうのはあり、というか当たり前」と思っていますけどね(笑)。

 最近のヒットといえば、なんと言ってもイシガメ屋外飼育場のコンテナフィルター。テキトーに穴を開けたコンテナボックスにテキトーに濾材を詰め、テキトーに水中ポンプからの水を引き込んだだけの自作ともいえないようなフィルターであるが、これが実に良く働いてくれる。前の外掛け式フィルターでは3日に一度の水換えが必要だったのだが、コンテナフィルターを使っている今では一週間たっても水はぴかぴか。いや、前にも書いたように水が綺麗でもアンモニア等の有害物質が増えている可能性があるから水換えはやっているけれども、まあ、一週間は言葉のあやというやつで(笑)、大幅に水換えの苦労が減ったのは間違いない。そして水場が大幅に拡張された新屋外飼育場ではさらに水換えの頻度を減らすことができるだろう。

 このフィルターの制作費はコンテナ本体、濾材で約一万円。市販のフィルター類に比べると問題にならぬほどの安さである。それでいて、これほどの効果を発揮してくれるのだから、もう言うことなしだ・・・あ、いや、フィルター内に発生する小バエがなければもっともっと良いのですが(笑)。

 (註 この小バエは前の外掛けフィルターの時にも発生していた。だからこのコンテナフィルター特有の問題ではない)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。昼飯はどんべえカップうどんのミニ(笑)。午後4時過ぎに末弟家族が来訪。夕食は父の日の祝いでとある料亭(とまではいかないくらいのお店)に行くことになった。

 例によって例のごとく、コース料理はとらず、刺身盛りをどんと注文する。その内容はイカの活け造りを筆頭に、イセエビ、オコゼ、イサキ、鯛、鱧(梅肉ソース付)といったところ。もちろん、どれもすこぶる美味しく、私などは刺身で腹が一杯になってしまったほどであった。後は、岩がきの焼き物や茶碗蒸しなど。飲み物は生ビールと日本酒の冷。

 仕上げはゴハンとイカのてんぷら、そしてイセエビやオコゼを贅沢に使った味噌汁。

 これだけの内容で一人頭ん千円。ちょっと驚いたくらいの価格であった。

 そのまま帰宅する弟家族と別れてタクシーに乗り込む。帰宅後はテレヴィをぼんやり見て午後10時過ぎから飲みなおし。てれっぺー、へろへろぺー、ぱよにーと酔っ払って午前12時過ぎに就寝。

|

« 6月13日(金) ヤング ミック・ジャガー | トップページ | 6月15日(日) 「フルマラソンライオン丸」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月14日(土) スキャナーの牛丼:

« 6月13日(金) ヤング ミック・ジャガー | トップページ | 6月15日(日) 「フルマラソンライオン丸」 »