« 6月23日(月) 「アバンギャルドはっちゃく」 | トップページ | 6月25日(水) 『アナルと雪の女王』 »

2014年6月26日 (木)

6月24日(火) 「アパルトヘイトはっちゃく」

 

 人種差別なんかしやがって、父ちゃん、情けなくって涙が出らあ。昨晩はたいへんだった。鼻の調子が悪く鼻水がひっきりなしにそれこそ大げさではなく滴り落ちる。くしゃみもしょっちゅう出て机の上にはティッシュの残骸が山盛り。おまけに歯が痛くなってきた。くしゃみの時にどうしても歯を食いしばってしまうからであろう。この状態が午前1時過ぎまで続いてうんざりである。この鼻水、くしゃみがようやく収まって午前2時すぎにベッドに入ったのだが、すぐに寝付いたものの、最近、頻発している「眠りが極端に浅く夢が延々と続いて何度も何度も目を覚ます」状態になってしまったのである。翌朝、フツーに目覚めて鼻の調子も回復していたものの、体はくたくた。とても寝た気がしない。もうへろへろ。

 しんどいので本気で睡眠剤の処方をお願いしようかなと思っているところである。やれやれ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼飯はコンビニのざるそば。夕食はイカの刺身とチキンカツ、生野菜。ビール500ml缶を一本飲んでゴハンを一膳。

 その後、シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『アステリックスの冒険 秘薬を守る戦い』を見る。フランスの日記コミックスを原作としたコメディ映画なのだが、ゆるいゆるい、何の緊張感もないだらだらとした作品である。ところがこれが結構面白いという、彼我のコメディ感覚の違いを見せ付けられたような作品でもあった。お話はこうである。ブリテンに攻め寄せるローマ軍、壁に囲まれたホビット庄のようなブリテンの都市に投石器でさかんに石を撃ち込んでくる。女王は腹心の部下、ジョリトリックスへガリアからある薬を取ってくるように命令する。その薬を飲むとスーパーパワーを発揮できてローマ軍をやっつけられるというのだ。ガリアはアステリックスとオベリックスの二人にジョリトリックスを助けて樽に入った秘薬をブリテンに届けさせることにした。その道中、3人はさまざまな危機に巻き込まれる。

 でも途中でジョリトリックスの婚約者の家に入り浸りになっちゃうし、とある偶然で秘薬がフットボールの試合で使われて選手がものすごいトライを決めてしまったりするし、それでいて、結局、最後の最後まで秘薬がブリテンに届かなかったりするし、もう肩透かしの連続。そして最後は普段から薬を飲みつけているオベリックスがローマを全滅させてしまう。だったら薬は必要なかったやんか(笑)。

 フランス人のイギリス差別ギャグも良かったぞ。この時代、ブリテンの人々は「お湯」を飲んでいた。「お湯」にミルクを入れてホットウォータータイムを楽しんでいた。ブリテンに秘薬を届けることができなかった3人はとりあえずプラシーボ効果を狙って(笑)「飲み物」を兵士に飲ませようとする。ひょんなことから3人の仲間になったインド人が持っていた茶葉を差し出して「だったらこれをお湯に入れるといいよ」

 これが「紅茶 ティー」の始まりであったそうな。そんな馬鹿な。

 ハイビジョン画質はやや破綻が多かったか。ハイライトでの色とびが目立ったのも大きなマイナス点だ。音声はAACステレオ。ステレオながら包囲感に優れたサラウンド効果を楽しめる。

 その後シャワーを浴びて録画しておいた「大食い大会」のCM抜き(笑)。その後、「ミスターメルセデス」を読む。就寝午前2時過ぎ。やっぱり眠りが浅い、ひいい。

|

« 6月23日(月) 「アバンギャルドはっちゃく」 | トップページ | 6月25日(水) 『アナルと雪の女王』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月24日(火) 「アパルトヘイトはっちゃく」:

« 6月23日(月) 「アバンギャルドはっちゃく」 | トップページ | 6月25日(水) 『アナルと雪の女王』 »