« 7月10日(木) 食べてON | トップページ | 7月12日(土) 「ソープもん」 »

2014年7月13日 (日)

7月11日(金) テレキネシス親父

 

 テキサス親父さんというのは実在するのですなあ。私は結構最近まで、この人はネット右翼(笑)の作り上げた架空のキャラクターだと思っていましたよ。まあ、ウソですけどね。<http://news.livedoor.com/article/detail/9030556/より引用開始>10日放送の情報番組「モーニングバード!」(テレビ朝日系)で、自民党の船田元衆院議員が徴兵制について語った。 同番組では「徴兵制はないのか?」というテーマを検証した。1日に閣議決定された「集団的自衛権行使の容認」について、議論の過程では元自民党幹事長の野中広務氏ら国会議員からは徴兵制を危惧する声が上がっていたと紹介した。

 徴兵制度について、2013年5月の参議院予算委員会で安倍晋三首相は「徴兵制度は認められない」と発言している。 現行憲法の18条では「犯罪による処罰の場合を除いてはその意に反する苦役に服させられない」との文言があり、その文言は自民党憲法草案でも使われている。この「苦役」に徴兵があたるというのが今までの政府の解釈であるという。 さらに番組では、自民党憲法改正推進本部で本部長を務める船田氏にインタビューを行った。

 集団的自衛権を容認したように憲法9条について解釈変更が可能なら、憲法18条の解釈も変更し徴兵制は実現できるのではないかとの問いに、船田氏は「理屈で言うとそれは可能性はあると思いますね。あるけれども、それはやるかやらないかの問題であって、徴兵制についてはやる必要もないし、やってはいけないという考え方は我が党としてはこれはもうコンセンサスは十二分にあると思っています」と語った。

 また、憲法18条の「苦役」について自民党幹事長の石破茂氏は「徴兵は苦役ではない」と発言している。番組インタビューで「そういう考えの人が総理になっちゃったら、『苦役じゃないんだから徴兵はなんら現行憲法で問題ない』という解釈だといって、徴兵をするということは論理的にはあり得るんじゃないですか?」と、質問した。

 船田氏は「そういう意志があってやろうと思ったらできないことはないと思います」としながらも「それはそれをやろうとしたときにはこれは党内、大反対が起こります」と強調し、「私が自民党の憲法改正推進本部長であるかぎりは、それは許しません。もしやるというなら私の首を切れと、必ず私はいいますね」と、断言してみせた。

 しかし、ニュースキャスターの宮田佳代子氏は、現政府は反対していても将来の政府の意向次第でどうにでもなると指摘。同番組のコメンテーター玉川徹氏も「2年前、5年前だったら私は(徴兵制の可能性は)無いと言えたけど、今はもう『無い』とは言えなくなった」と徴兵制に警告を発した。 <引用終了>

 サヨク得意の拡大解釈。この手の人たちはよく「これこれこういうことが決まりましたけど(決まりそうですけど)、将来、これこれをああいう風に解釈してそんなことになってしまうかも知れません」と言うけれども、好き勝手な拡大解釈をしているのは実はこのヒトタチなのであった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。台風一過という奴で、いや、台風は来なかったけれども、珍しく良い天気。気温も急上昇で物件の掃除をしたらあっというまに汗びっしょり。沼から上がってきた沼(スワンプ)怪人みたいになってしまった。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。昼飯は2日続けてのざるラーメン。やっぱりんまい!夕食はマグロの刺身、肉野菜炒め。後は素麺。ビール500ml缶を飲む。

 その後、シアタールームにて『ホビット 思いがけない冒険』の続き。自分はビルボの家を見つけられずに迷ってしまったくせに、ビルボのことを足手まといだ、連れてくるんじゃなかった、最初から無理だったのだというトーリンさんはヒドイと思う。ラストで命の恩人となったビルボをハグして「お前はいまこそわれらの仲間だ」といったぐらいでこの罪は贖えぬと私はビルボでもないのに憤ってしまうのであった。

 終了後、シャワーを浴びてお酒。明日は校区の少年ソフトボール大会で午前6時半起きなので、とっとと酔ってとっとと寝る。

|

« 7月10日(木) 食べてON | トップページ | 7月12日(土) 「ソープもん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月11日(金) テレキネシス親父:

« 7月10日(木) 食べてON | トップページ | 7月12日(土) 「ソープもん」 »