« 7月21日(月) 盗用の魔女 | トップページ | 7月23日(水) ももクロ映画 »

2014年7月24日 (木)

7月22日(火) デトックス勝負

 

 体内から毒素や老廃物を排出できるかは、でたとこ勝負だ!「ミスター・メルセデス」83パーセント。ブラディの自宅へメルセデスベンツで向かう3人組み。突入前に向かいのおじさんに事情聴取。「誰もおらんみたいだよ、奥さんも最近、見ないね、ブラディが何かやったのかい」おじさんは車に乗っているジェロームを見てあんな若造でも刑事になれるんけといぶかしがる。ホッジスは、「いや、彼は見習いで」 それはちょっと無理がありませんかね、ホッジスさん。

 ホッジスはホリーとジェロームを車に残してブラディの自宅を調べる。ノックしても誰も出てこない。留守のようだ。彼は裏庭に回ってドアをピッキングし、中へ忍び込む。ピストルを構えながら家中を捜索するうちに彼は2階の母親の死体を発見する。彼は母親の死体をざっと検分。悪質な連続殺人犯は最初に自分の家族を殺してから凶行にのぞむ例が多い(テキサスタワー事件とか)。もし、彼が母親を殺していたなら次の犯行はすぐに行われるだろう。ホッジスは母親が暴力によるものではないことを知ってややホッとするのであった。

 そして、地下のコンピュータールームを見つけたホッジスはホリーとジェロームを呼び寄せる。2人にコンピューター群を調べて貰おうと思ったのだ。しかし、パソコンのスイッチを入れるなり消去プログラムが作動。あと20秒で総てのデータが消去されてしまう。はっと気づいたホリー、危ういところでスイッチを切るのであった。

 ホッジスはついに警察へ連絡することを決意し、ピートへ電話。しかし、偶然にもこの頃、管内でテロ組織の摘発が行われていた。ATFの捜査に端を発したこの摘発で過去最大級の武器弾薬が押収されていたのだ。警察はお祭り騒ぎで、ほとんどの警官が掛かりきりになっている。これではとてもメルセデスキラー捜索に力をさけそうもない。ホッジスはブラディのことを伝えぬまま電話を切ってしまう。

 ブラディは彼ら自身で見つけるしかないのだ。

 そのブラディは根城にしたモーテルで静かに最後の時を待っていた。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのパンとコーヒー。昼飯は回転寿司で五皿。夕食は例の米国産ステーキをじゅうと焼いてたっぷりの生野菜とともに。ステーキは厚さがまるで一定していないのでベリイ・レアとウェルダンの華麗なる競演となった(笑)。ビール500ml缶一本を飲む。

 その後、今までちびちびと見ていたWOWOWハイビジョン録画の『デッド・フォール 極寒地帯』を最後まで。幼児期に虐待を受けていたゆえに特異な関係を持つにいたった兄(エリック・バナ)妹(オリヴィア・ワイルド)、お互いへの愛情を不器用にしか表せない父(クリス・クリストーファーソン)と子(チャーリー・ハナム)、娘(ケイト・マーラー)をことさら半人前扱いする保安官の父(トリート・ウィリアムズ)、この映画で描かれるさまざまな家族関係は悪と善の両極端に位置しながら家族ゆえの相似形をわれわれに提示している。そしてこの相似形を用いて逃走中に5人(しかもそのうち3人は保安官助手)を殺害するという凶悪犯でありながら偶然であった酒乱の親父から家族を保護するという一見、矛盾したかのように見えるエリック・バナのキャラクターに説得力を持たせているのだ。
 
 エリック・バナのキャラクターがここまで印象的でなかったら、ラスト近くの緊迫感も半減してしまったことであろう。

 ハイビジョン画質は暗部のノイズが気になる。音声はAAC5.1チャンネル。吹きすさぶ風の音がリアルだ。

 それから同じくWOWOWハイビジョン録画の『体脂肪計 タニタの社員食堂』を見る。ある社員食堂がヘルシーなメニューを作って社員をヘルシーにした。ためしにレシピ本を出してみたらベストセラーになった。調子に乗って東京丸の内にレストランを出店したというサクセスストーリー?の映画化である。とはいえ、事実に即しているのは「社員食堂でヘルシーなメニューを出した」ことぐらいで、後はちょっとありそうにないデブ社員ばかりの会社が社運をかけてがんばるというお話になっております。

 要するにデブ社員の中でも特に駄目な四人がダイエットするのでありますな。

 本当にダイエットの基本を一から教えてくれるのだが、それだけにあんまり面白くならない(笑)。これはフードファディズムくさいが「社員食堂の改善で銀行の業績を上げる」ことに挑んだ「一本包丁満太郎」(15巻あたり)の方がはるかにスリリングだ。まあ、それでも文句を言いつつ最後まで見てしまったのは「デブばかりいておいしそうに大めし食らっている社員食堂」という異常なギャグ(なのか)が私の心の琴線に触れたためであろう(笑)。

 とてもおかしな映画だけれども、たまにはこんなのもいいものです(全然誉めてない!)

 ハイビジョン画質はあまり良くない。じりじりと揺れる輪郭が目障りだ。音声はAAC5.1チャンネル。社内の喧騒音がさびしい。実に貧乏くさい音場である。

 終了後、シャワーを浴びて前述の「ミスター・メルセデス」に読みふけったのである。

 就寝午前2時半過ぎ。

|

« 7月21日(月) 盗用の魔女 | トップページ | 7月23日(水) ももクロ映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月22日(火) デトックス勝負:

« 7月21日(月) 盗用の魔女 | トップページ | 7月23日(水) ももクロ映画 »