«  7月26日(土) 「赤鼻の大人買い」 | トップページ | 7月28日(月) ちんすこう密度 »

2014年7月28日 (月)

7月27日(日) 『郵便配達は二度手間を嫌う』

 

 駄洒落になっているのか、これ?私はこの季節、人が泳げるような川には近づかないことにしている。子供のグループが泳いでいて一人が深みにはまってさあ、大変、大人を呼びに行かなくちゃ、僕達じゃどうにもならないようという場面に出くわしては敵わないからである。おじさん、助けてとか言われてもこちらにもどうしようもない。そこらにロープでも落ちていればいいが、そんな都合が良いことはまずありえない。そうこうしているうちに今までがぼがぼやっていた子供が沈んでしまった。いよいよ大変だ、さあ、おじさん、泳いで助けにいってよという無言の圧力が私を押しつぶそうとする。

 自慢じゃないが、こちとら、泳いだのは20歳の時が最後、それから30年、プールにすら浸かってねえ、風呂だってあまり好きじゃないからできる限りシャワーで済ませているんだ、コンチクショーという男である。うっかり水の中に入って助けようとすればそのままがぼがぼとおぼれてしまう可能性が極めて強いのだ。「おじさん、泳げないんだ」と弱弱しく呟くのが精一杯ではないか。そんな私に浴びせられる子供たちの侮蔑的な視線。い、いったい、オレが何をしたというのだ。

 不幸にも子供は水死体で発見される。そして警察官や救急隊員、遺族などからこれまた浴びせられる「お前が助けに行っていれば助かったかも知れないのだ、この臆病ものめ!」というイヤーな雰囲気。うわーん、だから、オレがいったい何をしたと言うんだよう。

 こういうことになってはたまらないので、私は川に近づかないのだ。冗談めいて書いているけれども、これは本気である。

 いや、実際、この手の水難事故を見るたびになぜ、親は子供に救命胴衣を着せないのか不思議に思う。子供用のライフジャケットなど2,000円ぐらいから買えるではないか。もちろん、着せていたからといって絶対的な安全が保障される訳ではないけれども、命が助かる可能性はぐっと上がる筈だ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、ゆきみ家で醤油ラーメン+小ゴハン。久々の醤油ラーメンは実にンまかった。夕食は白身魚フライ、海老コロッケ、生野菜たっぷり、イサキの刺身。そして素麺で仕上げ。缶ビール500ml一本を飲む。

 その後、シアタールームにて『三丁目の夕日 64』(サイド・バイ・サイド方式の3D)を一時間半ほど。こんな外面の良い話を2時間30分も流し込まれてはかなわないので(笑)、視聴を途中でやめちゃったのである。いやあ、よく出来た良い話なんだけれども、もめかけたところで小雪の出産騒ぎで何だか丸く収まってしまう昭和的な落ちのつけ方も上手いんだけれども、総ての登場人物に悪意がなくって、「良い人」、「良い人だけどちょっとおっちょこちょい」、「良い人だけどすこし馬鹿」の三種類しか出てこないのではやっぱり私のような人間にとってはツライですわな。

 ただ、映像は前二作にまして素晴らしい。CGばかりが注目されるこのシリーズだけれども、アナログな美術、セットの作りこみがずば抜けている。灰皿などちょっとした小物にまで神経の行き届いた映像は見ているものをノスタルジーの世界へ強引に引きずり込んでしまう。映画のあり方自体はあまり好きではないのだが、この点だけは高く評価せざるをえない(えっらそうに)。

 3D画質はそれなり。24Pにしないと激しくクロストークが発生する。音声はAAC5.1チャンネル。これも街の喧騒音が良く作りこまれたサラウンドだ。

 シャワーを浴びて後はだらだら。実に久しぶりに「ドラクエ」やったりする。「ミスター・メルセデス」にかまけていたので一ヶ月ほどほったらかしていたら、「なんか、あんた不正アクセスくさいけん、駄目」とアクセスを拒否されてしまった。パスワードを新たに設定することでゲームを始めることができたが、やっぱり「面倒くさい」やあ。

 就寝午前2時過ぎ。

|

«  7月26日(土) 「赤鼻の大人買い」 | トップページ | 7月28日(月) ちんすこう密度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月27日(日) 『郵便配達は二度手間を嫌う』:

«  7月26日(土) 「赤鼻の大人買い」 | トップページ | 7月28日(月) ちんすこう密度 »