« 7月5日(土) ヨイトマケTV | トップページ | 7月7日(月) コウノトリさん、コウノトリさん、どうぞおいでください »

2014年7月 7日 (月)

7月6日(日) おしくらまんじゅう、お洒落で泣くな

 

 どんな遊びだ。放射能紳士行状録。http://togetter.com/li/689227 鴨川で発見されたオオサンショウウオ(正確にはチュゴクサンショウウオらしい)、そのあまりのでかさにみんなびっくり、おおきな話題となった。そんな中、「カエルの幼虫がここまで巨大化するとは・・・やはり日本中で放射能の影響が深刻してるようだ・・・」と言う放射能紳士が出現。  <引用開始>  「このカエルの幼虫が成虫になったら、犬や猫、下手したら幼虫の人間まで食われるかもしれない。こういう巨大化した生物が、原発を全廃するまで日本中に満ち溢れることだろう。これでも反・反原発派の連中は、原子力にしがみつくつもりか!?」

 「どうせ反・反原発派の東電グルーどもは、「巨大生物なんてないよ!」とカメラに指さしながら断言するだろうさ!恥知らずどもめ!!!」  

 「意味分かんねーよ。何で急にこんなに攻撃されるんだ!」  

 「アベが徴兵制を強行するのは、戦争の効率とかを考えてのことじゃない。原発事故で御用学者たちが次々と正体を見破られて教育への政治関与が難しくなった今、将来反乱分子となりそうな子どもたちを、社会にでる前に芽を摘み取るための、思想工場として徴兵制を用いようとしているのだ。」  

 「徴兵の怖い所は、肉体的にも精神的にもストレスを与え続けることで、本来の人格を消失させ、どんな命令に服従する新しい人格を上書きされることだ。現に、自衛隊員は入軍後にそのような訓練を受けることですべからく人格を入れ替えられ、破壊と暴力を愛するようになっている。許してはならない。 」  

 「おい!なんなんだよ!これ! アベk!?公安か!?」  

 「TO フォローワー各位 どうやらカエルの件は俺の早とちりだったようだ。その事自体は特に恥じることもないが、それにかこつけて反原発派を批判中傷する輩が増えているため、俺はここにこのアカウントを削除する事を宣言する。俺は一時消えるが、これは決して敗北ではないことを理解して欲しい」  

 「俺を批判するのもいい、俺をあざわらうのもいい。だがしかし!それを理由にして反原発運動や反戦、反ヘイトをあざ笑うことは決して許さない!それだけは覚えておけ!!  俺はここで消える!だが、これで終わったわけじゃない!おれはいつか必ず帰ってくるぞ!!」  <引用終了>  

 「ようした!」俺は司馬遼太郎先生の「新史 太閤記」で信長が秀吉を誉めた時のように机を叩いて激賞した。この間抜けさ、思い込みの強さ、一芸に値する!  

 本日は午前5時起床。某公民館に午前6時に集合して笹祭りのための笹取り。まあ、毎年恒例のつらい作業でありますが、今年はちょっと事件が起こった。電動ノコギリを使っていた人が誤って自分の太ももを切ってしまったのだ。たいした怪我ではなかったようだが、とりあえず、私が携帯で救急車を呼ぶ。自分では落ち着いていたつもりであったが後から考えるとわたわたしていたなと(笑)。あれで怪我が重傷で血がぴゅっぴゅっ(太ももの怪我なのだからこうなる可能性も十分に考えられる)なんてことになっていたら、もう電話自体掛けられなくなったことであろう。己の肝っ玉の小ささを再認識させられた事故であった。

 この騒動で二倍疲れてしまった。  

 その後はフツーに仕事。食ったもの、昼飯にゆきみ家で味噌ラーメンと小ゴハンのセット。夕食は蒸し野菜の目玉焼きのせ、これだけ(笑)。後はシーチキンとのり。これでビール500ml缶を飲んだのである。仕上げにゴハン一膳。納豆二パックをどんぶり飯にあけ、ぐるんぐるん親の敵のようにかき混ぜて食った。  

 その後WOWOWハイビジョン録画の『セカンドハウス』 を見る。WOWOWの番宣によると「都会の喧噪から逃れるため、田舎のセカンドハウスを購入した夫婦。だが長年使われていなかった家で、妻は何かの存在を感じ始める。L・スバラグリア主演のサスペンス。」ということであったが、実際の映画はぜんぜん違っていたという(笑)。  

 WOWOWの番宣の後半では「自然に包まれたバカンスを過ごしたいと、郊外に中古のセカンドハウスを購入した夫婦。だが、妻だけはなぜか古びた家の空気に嫌なものを感じ始める。アルゼンチン発の心理サスペンス。ホラー映画のように明確な怪奇現象が起きるわけではないが、《嫌な雰囲気》によって夫婦仲に亀裂が生じていく様が、緊張感あふれる描写で綴られる。主演は「10億分の1の男」など地元アルゼンチン出身の国際派スター、L・スバラグリア」「サンチャゴとエリサの夫婦は、赤ん坊を連れ、郊外のセカンドハウスへやって来た。だがエリサは到着するなり、理由もなく嫌な感じにつきまとわれる。一方、夫は数年放置されていたという家が汚れているせいだと取り合わない。やがて管理人の老女オデシアがやって来るが、エリサは人の良さそうな彼女にさえも嫌悪感を抱いてしまう。サンチャゴはそんな妻のいらだちが理解できず、やがて夫婦仲にもすきま風が吹き出して……。と正しい内容を伝えているのであるが、それだけに前半との食い違いが気になってしまうのであった。  

 映画自体もそんなに面白くはなかったです、はい。http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/103830/

 ハイビジョン画質は暗部の描写に難あり。赤ん坊が寝ている場面で格子状のノイズが見えてしまう。音声はAACステレオ。田舎の喧騒音(いやあ、実は田舎の夜は結構うるさいって知ってました?虫の鳴き声など暴力的ですらありますよ)の表現が上手い。  

 シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「秘密のケンミンSHOW ダウンタウンDX 合体スペシャル」 凄いみのもんたヨイショスペシャル(笑)。セクハラ、次男の窃盗で「干される、干される」と言われていたのがウソみたい。そういえば元総理の缶菜緒とさんは「「みのもんた氏が失脚したのは、原発に苦言を続けてきた みの氏に対する原子力ムラの陰謀ではないか。 

 そして自分が総理辞任に追い込まれたのも原子力ムラの陰謀だ」とかおっしゃってましたなあ。(http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11653842872.html)  失脚に追い込まれたはずのみのもんたがこうも鮮やかに復活するとは「原子力ムラ」とやらの力もたいしたことはないですなあ。というか、この人も前述のオオサンショウウオ氏とあまり変わらぬレベルでありますなあ。  

 就寝午前0時過ぎ。

|

« 7月5日(土) ヨイトマケTV | トップページ | 7月7日(月) コウノトリさん、コウノトリさん、どうぞおいでください »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月6日(日) おしくらまんじゅう、お洒落で泣くな:

» ニューバランススニーカー [ニューバランスレディース ニューバランス574]
} , , { 0 記事を印刷する | ブ ニューバランスレディース ックマーク | 1ページに表示 [ - ] 文字サイズ [ + ] . 0 0 100% * -11 -1.0 ニューバラ... [続きを読む]

受信: 2014年7月 8日 (火) 13時33分

« 7月5日(土) ヨイトマケTV | トップページ | 7月7日(月) コウノトリさん、コウノトリさん、どうぞおいでください »