« 8月20日(水) セクトと南 | トップページ | 8月22日(金) コルセットさーん »

2014年8月22日 (金)

8月21日(木) セクトの孫六

 

 内ゲバで・・・。読書ということに関して実に珍妙な記事を発見。変な勘違いばかりで大変に面白いので少し長くなるけれども全文を引用させて頂く。<http://irorio.jp/daikohkai/20140820/156382/より引用開始>【読書男子に女性の熱視線】人気上昇中の5つの理由とは 最近、読書好きな男性が女性に注目されている。 ダビンチNEWSにおけるアンケートでも、「本を読む男性はかっこいいと思いますか」との問いに、「YES」が231ptを集め、「NO」が10ptという結果になった。 実は、海外でも同じ現象が起きているらしい。しかしなぜ女性たちが、彼らに惹かれるのか。Lifehackから、いくつかの理由を紹介しよう。

 読書家は知性に溢れている たくさん本を読めば、多くの知識を吸収することができる。また小説を頻繁に読む人は、雑誌を見る人に比べてボキャブラリーが豊富だ。よって彼らはコミュニケーションを上手にとることができる。

  読書家は物事の扱い方を知っている 彼らは本が破れないよう丁寧に使う。つまり物事を大切に扱うことに慣れている。 読書家は恋人の持ち物に対しても、敬意を払って扱う。そのことは同時に、彼女本人を大切にすることにつながる。

 読書家は忍耐強い 彼らは同じ本を何度も読み返したり、長い間座わったりしていられる。そのため、とても忍耐強い。 読書家は2人に問題が生じたときでも、側を離れず、辛抱強く解決しようとするに違いない。

 彼女の時間がしっかり確保できる 読書家は、本を読んでいるとき、邪魔されるのが好きではない。そのため彼が本を読み始めたら、彼女は自分の時間をゆっくり過ごすことができる。 お風呂に入ったり、買い物をしたりしても、決して彼がお尻にくっついてくることはない。

 またWOMEN24にも、次のように紹介されている。 読書家は、人の気持ちに寄り添ってくれる 彼らは物語の底に流れる、登場人物のさまざまな感情のニュアンスを汲み取ることができる。 そのため彼らは、ただ相手の言葉を聞くのではなく、言葉で表現されていない部分にまで耳を傾けることができる。 もちろん全ての読者家が、このような傾向を持っているとは限らない。ただ本が好きな男性とデートしたことがない女性には、これまでとは違った新鮮な発見があるかもしれない。 <引用終了>

 読書家(笑)に対して偏見ばりばり。本を読んでいる間には自分の時間を確保できるとか、何、読書家を都合の良い人扱いしているんだ。本キチガイ(ポリティカルコレクトに則っていうならばビブリオマニアか)をなめんなよ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に長崎ちゃんぽん リンガーハットでちゃんぽん(麺の量は普通)と餃子5個のランチ。いや、突然、生ではなく調理された野菜をたっぷり食べたくなったから。夕食は秋刀魚の刺身と生野菜、そしてメンチカツとコロッケを1個ずつ。秋刀魚の刺身が美味い。程よく脂が乗っておりしかも何の臭みもなし。身の歯ごたえも良かったし、最近のスーパーの刺身は侮れぬ。ビール500ml缶一本飲んでゴハンを一膳。メンチカツをウスターソースでびしゃびしゃにしておかずにするとゴハンががっぽがぽいくらでも入ってしまうバイ!いや、だからゴハンを一膳だけだってば。

 その後シアタールームにて米国盤ブルーレイの『Rio2 3D』を見る。はっきり言ってストーリーはいまひとつ(笑)。アマゾンの奥地で主人公が嫁のジュエルのお父さんに思いがけずも出会ってあたふたするというFIL(father in the low)ストーリーなんか見たくないよ。夫が嫁の父親、あるいは母親との間で起こす騒動はアメリカ人の笑いのつぼの一つであることは重々承知しているけれども、わざわざアマゾンくんだりまでやってきてやるこたぁないじゃないか。そんなことをしている暇があるのなら、赤いインコたちとの確執や伊達鳥ロベルトの過去など掘り下げなければならないものが一杯あったはずだ。

 あの唐突に開発を始める人間の悪役も立ち位置がはっきりず何をやりたいのかよく分からないのも大きなマイナス。いくらチュリオとリンダと確執があるからと言ってあんなところを闇雲に開発したってしかたないからである。

 しかし、この映画の見所はこのちょっと困ったストーリーではない。信じがたいほどの数の鳥たちが完璧な調和を保って3Dで舞い踊るミュージカルシーンにある。ジャングルの緻密に描きこまれた背景の中で繰り広げられるシークエンスは前作より一層のパワーアップを遂げ、見るものをある種の桃源郷に引きずり込んでしまう。麻薬的ともいえるこの映像はちょっとアブナイのではないか(笑)。

 おそらく、この3Dは見る人を選ぶ。もう目が回って駄目だあという人が続出するだろう。しかし、あえて私は言いたい。そのぐるぐる目が回る感覚も3D映画の醍醐味の一つなんですよと(何か分かったようでよく分からん説明ですな)。

 そういうわけでハイビジョン3D映像には文句のつけようがなし。クロストークの少なさも大いなる美点である。ただ、音声のDTS-HDマスターオーディオはあまりに線が細すぎたか。ヴォリュームを他のブルーレイソフトと比べて6ノッチ上げてもシアタールームを音で満たすという感覚が得られない。

 終了後、シャワーを浴びていろいろ。ドラクエもやる。

 就寝午前2時半と思ったらいきなり凄い雨が降ってきた。雷も鳴り出したので、こりゃ眠れるわけがないと自室に戻り、雨がやむのを一時間ほどまってから再就寝。

|

« 8月20日(水) セクトと南 | トップページ | 8月22日(金) コルセットさーん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月21日(木) セクトの孫六:

« 8月20日(水) セクトと南 | トップページ | 8月22日(金) コルセットさーん »