« 8月21日(木) セクトの孫六 | トップページ | 8月23日(土) アルバカーキ圭一郎 »

2014年8月23日 (土)

8月22日(金) コルセットさーん

 

8月22日(金) コルセットさーん
 大場久美子もよる年波には勝てず・・・。プロ野球投手、別所 毅彦は太平洋戦争たけなわの1941年に甲子園大会に出場。準決勝の岐阜商業戦の9回表で本塁に突入した別所はクロスプレーで左肘を骨折。フツーなら負傷退場ということになるところであるが、なんと、彼は左腕を三角巾で吊って延長12回裏途中まで投げ続けたのである。この別所投手は後にプロ入りし、南海・巨人で約20年の現役生活において通算310勝を上げている。1947年にはプロ野球記録となるシーズン47完投という大記録をマーク(30勝19敗(最多勝)、相当数の完投敗戦もあったというから、すさまじいものだ)。それでいて引退時まで肩・肘の故障とはまったく無縁だったというのだから、まさに超人と呼ぶべき存在であった。

 でもいくら超人であっても、いくら戦時中であっても、左肘骨折という大怪我をした高校生(当時は中等教育学校)に投げさせるなよ(笑)。控えのピッチャーもいたのに、何を考えていたんだ。

 なお、この話を知ったのは漫画 「おれとカネやん」からであった。

 甲子園といえば、あのお握り女子マネージャー、「性別役割分業を助長する」とかジェンダー屋が訳の分からぬ文句をつけて騒ぎになっていたけれども、本人が好きでやっているんだからいいじゃないかなあ、そんなの本人の勝手だよなあ、メガマウスの口やダイソン球天体より大きなお世話だよ。まあ、ことさら美談として取り上げるのもあまり誉められたものではないけれども(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼はまた牧のうどんに行っちゃった。初めは丸天うどんにしようと思ったけれども、これが丸天が乗っているだけなのに、410円するの。生卵1個、油揚げ一枚、わかめがトッピングされているたまごうどんより20円高いの、だったらたまごうどん頼んじゃいますよねえ。

 夕食は事情があってコンビ二飯。味付き卵(笑)と生野菜でビール500ml缶を飲み、レトルトの豚肉蒲焼を使った豚肉蒲焼丼(そのまんまやんか)で仕上げる。なお、この豚肉蒲焼丼には秘密があった。なんと、最初丼によーく練って醤油とからしで合えた納豆を入れてその上にゴハンを被せたのだ。正直言って、豚肉と納豆はあまり合わないのだけれども(笑)なかなか意外性があって楽しめた食事であった。

 その後、シアタールームにて米国盤ブルーレイ『ブルー 初めての空へ 3D』を再見。ウウーム、やはり一本の映画としては続編よりも100倍良くできている(笑)。空を飛べぬブルーに対して最初けんもほろろであったジュエル(声はアン・ハサウェイ)が冒険を共にするにつれて次第に心を開いていくあたりの描写は下手なラブロマンス顔負けの美味さだし、密輸業者たちのキャラクターも豊かで悪役ながら大いに笑わせてくれる。

 まあ、最初の方のブルーのへっぽこぶりにはちょっと見ていてイラッとさせられるけれど(笑)。

 終了後、シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「なでしこグルメ旅」 その後、プロジェクターを再起動して『地球防衛軍』をβ号が爆破されるところまで。ひれひれ酔って「生れてくる子供の80%は異常児なので捨ててしまいます」と呟きながら寝る。

|

« 8月21日(木) セクトの孫六 | トップページ | 8月23日(土) アルバカーキ圭一郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月22日(金) コルセットさーん:

« 8月21日(木) セクトの孫六 | トップページ | 8月23日(土) アルバカーキ圭一郎 »