« 8月28日(木) 「ベルサイユのバブル」 | トップページ | 8月30日(土) 『弥次喜多トリチウム記』 »

2014年8月30日 (土)

8月29日(金) 「トリチウムとジェリー」

 

 放射能に頭をやられるとこんなどうしようもない駄洒落を考えるようになります。あるAVでAV女優が「中がいいか、外がいいか」と聞かれていた場面で(何の外、中なのかはよろしくご賢察ください)で思わず「ホッピーのおかわりか」とツッコンだのは私だけか。やっぱり放射能に頭をやられるとパーになって、こんな下らないことを真剣に考えるようになるのです。

 パイオニアより高級BDプレーヤーが発表された。<http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140827_663745.htmlより引用開始>パイオニア、「BDプレーヤー集大成」の最上位「BDP-LX88」 14.2kgの高剛性筐体、4K出力対応。10万円を切るLX58も  パイオニアは、Blu-rayプレーヤーのフラッグシップモデル「BDP-LX88」と、その特徴を多く取り入れつつ低価格化した「BDP-LX58」の2機種を発売する。価格と発売時期は、「BDP-LX88」が278,000円で、11月下旬。「BDP-LX58」が98,000円で10月下旬。 徹底した高剛性設計や高品位なパーツを多数投入、BDなどのメディアに保存された映像と音声を「余すところなく再生し、最新の4K出力にも対応する」というモデルで、2008年のLX91を手掛けたエンジニア達が再結集して開発した。パイオニアでは、今フラッグシップのBDプレーヤーを発売する意義として、「配信・ストリーミング化が大きく進んだが、画・音共に最良の状態で保存・再生しうるメディアは依然Blu-rayであり、日々Blu-rayを楽しんでいるユーザーに向け、持てる力を最大限発揮し、BDプレーヤーの集大成を導入する事にした」という。  どちらのモデルもBD/DVD/CD/SACD、AVCHDディスク、AVCRECディスクの再生に対応。ディスクやUSBメモリに保存したAVI、MKV、WMV、3GP、MP4、FLV、DivX Plus HDの動画、JPEG、MPO、PNG、GIFの静止画、MP3、WMA、AAC、FLAC、APE、WAV、DSD、AIFF、Apple Losslessの音楽ファイルも再生できる。  また、Ethernet端子も備え、DLNA 1.5に準拠したネットワークプレーヤー機能も搭載する。ネットワーク/USB/ディスクからのハイレゾ再生も可能で、PCMは192kHz/24bit、DSDは2.8MHzまでの再生に対応する。

 剛性にこだわったドライブ&筐体 筐体に特徴があり、LX88はシャーシ部(前面、後面、底面、側面)、天板、さらに内部構造体に高剛性鋼板を採用。全体の剛性を高めているほか、アルミ製パネルを使い側面を二重構造にすることで、筺体内部の不要振動を抑制。さらに、1.6mm厚底面シャーシに3mm厚鋼板の底板を装備した「レイヤードシャーシ」と、専用の亜鉛ダイキャスト製インシュレータによる低重心化も行ない、外部振動の筺体内部への伝播と筺体全体の振動も防いでいる。<引用終了>

 フラッグシップモデルなのにアナログ7.1チャンネル出力がない!(アナログ出力はフロント2チャンネルのみ) 今時のディスクプレーヤーでUSB DAC機能を持たせなくてどーする!と2ちゃんねるのAV板では悪評ばかり。私も4Kブルーレイソフト(Ultra HD Blu-ray Disc 今年中にスペックが固まる予定である)が視野に入ってきているこのタイミングでの発売はなんとも中途半端だと思う。20万円以上出して買った高級プレーヤーが一年も立たずに時代遅れという事態も十分に想像できるからである。お前は完成時にすでに列強の同級戦艦と比較して旧式化しているといわれた扶桑か!とツッコミたくなってしまう。

 特徴の一つである高剛性筐体も今の時代にはちょっとそぐわないのではないか。大きいことはいいことだ、重たいことはいいことだ、というオーディオヴィジュアル世界の山本直純的価値観はパソコンオーディオの台頭によってすでに崩壊したに等しい。なにしろ、ああた、立派な筐体を持った10万円クラスのCDプレーヤーがリッピングしたWAVEファイルの音にまったく敵いませんからな。

 そんな状況の中、不要振動を徹底的にコントロールしたクソ重たい筐体の必要性はあまり求められないのではないか。せいぜい、私の愛機、パナソニック ブルーレイディーガ DMR-BZT9300ぐらいにしておくのが無難ではないかと思うのだが(BZT9300の重量は7.7キロ。パイオニアBDP-LX88のほぼ半分である)。大きなお世話ですか、そうですか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に久しぶりに三氣でラーメンんプラス替え玉。基本のラーメンが値上がりしていたがその分、ランチには無料のゆで卵がつく。しかもほどよい半熟具合であり、塩をつけて一口かじったあと、ラーメンにトッピングするということもできる。歯でかじった卵だから見栄えはあまり良くないけれども(笑)なにか凄く得をした気分となった。

 夕食はマグロの刺身、生野菜、昨日の豚肉しょうが焼きの残り。ビール500ml缶一本飲んでゴハンを一膳。

 その後シアタールームにてレンタルブルーレイの『晴れときどきミートボール2』を見たのだが、これが面白くない。前作にあったにやりとするような毒がないからか、一向に物語の世界に入っていけん、会話のテンポがのんびりしすぎていて、眠くなる・・・ということで結構、盛大に居眠りをしてしまいました(笑)。だから映画そのものの評価はできません。どうか、ご了承くださいませ。

 ハイビジョン画質はやたらに高解像度。お菓子の森の異様なまでの立体感に驚かされた。音声はDTS-HDマスターオーディオ。音質そのものは良いのだが、音圧が低く、迫力のないサラウンドになってしまっているのが残念。

 その後シャワーを浴びて自炊作業。

 就寝午前2時半過ぎ。

|

« 8月28日(木) 「ベルサイユのバブル」 | トップページ | 8月30日(土) 『弥次喜多トリチウム記』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/171789/60233010

この記事へのトラックバック一覧です: 8月29日(金) 「トリチウムとジェリー」:

« 8月28日(木) 「ベルサイユのバブル」 | トップページ | 8月30日(土) 『弥次喜多トリチウム記』 »