« 8月30日(土) 『弥次喜多トリチウム記』 | トップページ | 9月1日(月) 「さらばランバ・ラルよ」 »

2014年9月 1日 (月)

8月31日(日) うどん県シュタイン

 

 正直、あまり良い駄洒落ではないのだが、他に思いつかないので仕方ありません。唐突であるが、アマゾンで「土鍋で炊いたおいしさを気軽に楽しめるIH調理器付き旨み炊飯鍋」なるものを購入。なにしろ、「旨みを引き出す3つの要素・ふっくら食感:セラミックコーティングから放出される「遠赤外線効果」でお米の芯までしっかり加熱。・甘み引き出す:40~50℃で約20分甘みを引き出す浸水。 ・風味逃さない極厚鍋:蒸気を閉じ込め風味を逃さず炊き上げる。◆浸水・本炊き・蒸らしの難しい火力調整を自動で行い甘みを引き出しながら炊き上げます。◆卓上IH調理器付 ◆お好みの食感に合わせて選べる4つの炊飯コース(標準・やわらか・かため・早炊き)。 ◆5つの安全機能なべ検知機能・・・使えるなべ、使えないなべを自動的に判別します。なべなし自動OFF・・・なべをのせないで加熱を開始すると、自動的に加熱を終了します。小物検知機能・・・スプーン等のなべ以外の小物を置いても、自動的に加熱が終了します。切り忘れ自動OFF・・・一定時間キー操作をしないと自動的に加熱を終了します。温度過上昇防止機能・・・なべ底の温度が異常に上がったときに自動的に加熱を終了します。」という機能がついていて、10,352円である。前々から自室で飯を炊きたかった私がほいと飛びついたのも無理はないであろう。

 これで一合飯を炊いて朝飯、昼飯にすることができる。タイマー機能はないけれども、早起きは大得意の私だ、起床時間の一時間前にスイッチをいれることなど造作もない。これで「不思議なお皿」を使って電子レンジでハムエッグなどを作り、インスタントの味噌汁を添えればそれはもう王侯貴族の朝飯となるのだ。うはははは。

 こんなことで心を躍らせている独身中年男は日本広しといえども私くらいのものであろう。

 福岡の小中学校生の皆さん、明日から学校が始まりますよ。 http://www.city.fukuoka.lg.jp/kyoiku-iinkai/gakkoshien/ed/school-nittei_3.html  今日はとても憂鬱な日曜日になりましたね。「サザエさん症候群」にならないよう気をつけましょう。うひひひ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に盛岡冷麺。キムチをいれてずるずるやると不思議なほど美味しい。なお、この冷麺は季節商品であるから、もうすぐ店頭から消えてしまう筈だ。こんな美味しいものを来年まで食べられなくなるのはつらいので、三袋(六食分)まとめ買いをしてしまったぞ。夕食はホイコーローと秋刀魚の刺身。後はスライスしたトマト。ビール500ml缶を一本飲んでゴハンはなし。

 その後シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火』を見る。ドイツ軍との戦闘で瀕死の大やけどを負った男。すぐに死ぬかと思われたのだが、奇跡的に回復。しかも火傷もほぼ完治してしまった。記憶喪失で何も覚えていなかったのだが、唯一、戦車操縦の腕はそのまま。しかも「戦車と会話できる」不思議ちゃんとなる(笑)。彼はその腕の良さを買われて特別任務を拝命。たった一両でソ連戦車隊をたびたび壊滅させたナチスの戦車、ホワイトタイガーの捕捉と殲滅である。

 どうも茫洋としたストーリーでつかみどころがない。主人公は記憶喪失のまんまでふいと上官の前から消えうせてしまう。ナチスのホワイトタイガーもドイツ軍自体がその存在を知らないようで、最後の最後までその正体は明らかにされないのだ。ラストで「戦争という事象の不条理さ」を具現化したみたいなことが語られるのだが、そんなもので納得できるわけもなし。実に物足りない終わり方である。

 しかし、それでもこの映画はその奇妙な魅力を失わない。ねとねとの泥濘地を軽快に走り回るT34/85のカッコ良さで総て許せてしまう。ホワイトタイガー(改造ティーガー)はちょっとダサいけれども(笑)、何よりもあんな泥濘地を走れば本物なら一発でスタックしてしまうだろうけれども、このT34があればOKなのだ。

 ハイビジョン画質はそこそこ。解像度はあまり取れていないのだが、暗部のノイズが少ないのがよろしい。音声はAACステレオ。戦争映画なのだからもっと重低音をどんがどどんと響かせて欲しかった。

 終了後、シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ごりパラ見聞録」 終了後、プロジェクターを再起動させてブルーレイ『サンダ対ガイラ』を見る。ひれひれ酔って「この車、まだちょっとしか乗ってないんだ」と呟きながら寝る。

|

« 8月30日(土) 『弥次喜多トリチウム記』 | トップページ | 9月1日(月) 「さらばランバ・ラルよ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月31日(日) うどん県シュタイン:

« 8月30日(土) 『弥次喜多トリチウム記』 | トップページ | 9月1日(月) 「さらばランバ・ラルよ」 »