« 9月16日(火) 「不思議の国のアヌス」 | トップページ | 9月18日(木) 『七年目のヴァギナ』 »

2014年9月19日 (金)

9月17日(水) 「鏡の国のアヌス」

 

 痔に悩む中年独身男性が合わせ鏡を使って珍妙な格好で自分の尻を見て「あ、肛門だ」と喜んでいる図が浮かんでくるような駄洒落。これは断じて私のことではないので勘違いしないこと。強圧的な日帝の植民地支配にあえいでいた戦前の朝鮮の生活の一こま<2014年 9月17日 朝刊 7面 読者投稿欄 こだまより引用開始>山上のお祭り 韓国の思い出 北岡昭子=78 神が二つの光体を創造し、その一つを月と定めてから人間の歴史にどれだけ多くの貢献をしてきたことか。私は戦前、今の韓国・釜山近くに住んでいた。朝鮮の人しか参加できないという「月待ち祭り」に内緒で紛れ込んだことがある。

 現地の知り合いの娘に「絶対、日本人と言っちゃ駄目よ」と念を押され、一緒に山に登った。山上には人々が群れ、歓声が・・・。

 私たちがチマ・チョゴリを広げると、大人が順番に来て、菓子や果物を入れてくれた。そのとき、だれかが「おまえは日本人じゃないのか」と怒鳴った。知人の娘は「私の妹です」と叫んだ。私は幼心にも禁を犯した恐怖で震えていた。

 すぐに月が昇り始め、天幕の中には美しく料理が並べられていた。名月のたびに思い出している (佐賀県唐津市) <引用終了>

 朝鮮人だけのお祭りという「集会の自由」が認められていて、日本人が紛れ込むと「コラッ」と怒られる。日帝の強圧的で非人道的な植民地支配下のなごやかな日常の一幕でありました。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。本来は休みであるけれども、なんやかんやあって明日の木曜日に振り替えたのである。食ったもの、朝飯にハムとチーズを挟んだトースト、コーヒー。昼飯は盛岡冷麺。キムチはのせずにメンだけをずるずるやった。夕食はカツオの刺身と出来合いのヒレカツ。ビール500ml缶一本とゴハンを一膳。ゴハンはづけにしたかつお刺身を使ったお茶漬けで。

 その後レンタルブルーレイで『ノア 約束の舟』を見る。キリスト教徒でもなんでもない私の「ノア」に対するイメージは神の啓示を受けたノアが街の人々に「ばっかじゃねーの」「大洪水ってぷぷぷ」と馬鹿にされながら何十年も掛かって巨大な箱舟を建造。街の人々の嘲りはますますエスカレートするがノアはじっと耐えている。そしていよいよ大洪水到来!ノアは箱舟の上から助けを求めて群がる街の人々に「いままで散々、オレたちを馬鹿にしやがって、ぜってえ助けてやんねえ、一人だって乗せてやんねえ、お前らみんな水に溺れてデスな!」 中指をぴっと立てたノア、おもむろに箱舟の中に消えていくのであったみたいなものである(ウソ)。

 そうしたら何か全然違う話しだし(当たり前だ)、人類の第二の始祖であるノアが自分たちを含めた人類の幕引きを切望していて、石女だったはずのエマ・ワトソンが産み落とした双子の姉妹を殺そうとするし、それは単なるキチガイじゃないのかといけないことを考えてしまったくらいであった。

 何だか良くわからん。これは欧米人に「忠臣蔵」の話をしているようなもので、聖書なんか読んだことのない私のような人間には到底理解できない類の映画なのかも知れない。

 ハイビジョン画質は最低(怒)。なぜに暗部がああもばちばち点滅するのだ。音声はDTS-HDマスターオーディオ。大地を飲み込む大洪水の迫力に震撼。まあ、見所はここだけなのだから当たり前の話なのだけれども。

 その後シャワーを浴びていろいろ。就寝午前2時半。

|

« 9月16日(火) 「不思議の国のアヌス」 | トップページ | 9月18日(木) 『七年目のヴァギナ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月17日(水) 「鏡の国のアヌス」:

« 9月16日(火) 「不思議の国のアヌス」 | トップページ | 9月18日(木) 『七年目のヴァギナ』 »