« 9月1日(月) 「さらばランバ・ラルよ」 | トップページ | 9月3日(水) ぎょうさん主義 »

2014年9月 4日 (木)

9月2日(火) ランパブ・ラル

 

9月2日(火) ランパブ・ラル
 「ガンダム」は良く知らないけれども、「ランジェリーパブ」についてはもっと知らない私が考えた駄洒落。今年の「24時間テレビ」で「はなちゃんのみそ汁」なるドラマが放映されたそうな。私はちーっとも知らなかったのだが、いや、私は邪悪な性質だから24時間テレビなんてみないもん、この「はなちゃんのみそ汁」ドラマ、根拠のないがんの代替療法をさも美談のごとく取り上げたということで随所で大評判となっている(笑)。

 私はこういうキモチの悪いものはキライなので当然ながらその原作本など読んではいないのだが、「代替医療に嵌って33歳でがん死した奥さん」 「その旦那は西日本新聞の記者でがんの代替医療(玄米・和食でがんがなおるみたいな奴)を行う医者を同僚から紹介された」「原作には福岡のトンデモ助産婦 内田美智子が登場」みたいなまあ、アレな話らしい。

 いや、こういうのは本当に実害があるのでやめろよ、「少女を誘拐した男の部屋にアニメのポスターが貼ってあった。だからアニメを規制するのだ」とか言っている場合じゃないよ。本当に人が死んでしまうよ。こんなものは規制した方が・・・、いや、やっぱり出版物の規制というのはヤバイのだが(笑)、感動の美名に隠れたトンデモオカルト本というのは「爆弾の作り方」を懇切丁寧に指導する本とどこが違うというのか。

 ちなみにトンデモ助産婦の内田美智子さんというのはこんなことを言っている人。<西日本新聞ブックレット 「食卓の向こう側 1」34ページより引用開始>「親子の会話が少ない子ほど、初性交年齢が低く、出会いから性交までの期間が短い。そして人工妊娠中絶を繰り返す。東京の話じゃない、行橋も同じです」助産婦の内田美智子(46)の話に、約七十人の父母の顔色が変わった。<引用終了>

 私は別の意味で顔色が変わったけどね(笑)。フツーの人は統計的な裏づけなど何もない個人の思い込みだけでこんな差別的なことは言いません。さまざまな事情で両親、あるいは片親を失った子どもたちに対する明確な偏見をこう偉そうに語られてはかなわんのである。

 私は「トンデモ本の世界X」でこの内田美智子さんを好意的に紹介した「食卓の向こう側」や添加物芸者の安倍司氏を批判した。その中で私はこんなことを書いている。<「トンデモ本の世界X」 68ページより引用開始>近頃、「食の安全」、「食育」、「ロハス」などといった言葉をよく聞くが、残念ながらこれらの概念は現在の日本でトンデモを引き寄せる磁力になっている場合が多いようだ。<引用終了>

 3年も前に鋭いことを言っているじゃないですか、この人は(笑)。いやいや、私の目が鋭かったというより、この業界が変わり映えのしないウソをえんえんとやっているということだけという感じもしないでもないですが。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。昼飯は盛岡冷麺キムチのせ。夕食はじゃがいもの煮っ転がしとイカの刺身。昨日はタコで今日はイカ、ぼかぁ幸せだなあ(笑)。ビール500ml缶飲んでゴハンを一膳。

 その後、シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『ザ・フォース』を見る。凶悪な現金輸送車強奪グループ摘発のため、裏社会の大物で服役中の男をスパイに仕立てて送り込もうとする女警視(イザベル・アジャーニ)。しかし、男がどうしても承諾しないために無理やり脱獄させてしまう。この際、警官が一人撃たれて車椅子生活になってしまうのだが、女警視はあまり気にしていないようである。

 男は怒り狂うが結局スパイとなることに同意。ここまではいいのだが(いいのか?)、この後の女警視の行動がデタラメでしかも、その総てが悪い結果に繋がっていく。まず、女警視は男とさして必要もないような肉体関係を結ぶ。そしてなぜか、男にグレて手のつけられない息子に説教してやってくれと頼むのだ。男は息子を連れて麻薬の売人に会いにいくのだが、銃撃戦となって息子が撃たれてしまう。重体となった息子は後に治療の甲斐なく死亡。怒り狂った女警視の夫は事件現場に乗り込んで行き警備の警察官から銃を奪って男を射殺してしまうのだった。

 この切れ者のようでいて、実はお馬鹿な女警視、そして女警視に「結果を出せ、出せ」とせっつきながら、自己の保身に余念のない女検事。

 なんだか、この映画の視点は「出来る女上司に辟易している男たちのやっかみ半分の鬱憤晴らし」ではないかという気がしてきた(笑)。

 ハイビジョン画質は発色にさえがなくうすぼんやりとした印象。音声はAAC5.1チャンネル。AACらしからぬ優れた包囲感が印象的だ。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。この前108円で購入した西澤保彦先生の「探偵が腕貫を外すとき」も自炊してメチルトランで170パーセント文字拡大してキンドルにいれたぞ。とっても読み易いぞ。

 就寝午前3時過ぎ。

|

« 9月1日(月) 「さらばランバ・ラルよ」 | トップページ | 9月3日(水) ぎょうさん主義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月2日(火) ランパブ・ラル:

« 9月1日(月) 「さらばランバ・ラルよ」 | トップページ | 9月3日(水) ぎょうさん主義 »