« 9月22日(月) ですますマスク | トップページ | 9月24日(水) 「患ゥせぇるすまん」 »

2014年9月25日 (木)

9月23日(火) 「おしぼり一家」

 

 永井豪先生の新境地!昔の我が家の出来事。

 その1 ウチの父親は「サマータイム」を大変に嫌っている。テレヴィでサマータイム導入検討というニュースが流れるだけで怒り出す。「1948年から1951年に日本にもサマータイムがあっただろ、サマータイムってのは1時間早く起きて1時間早く仕事を終わろうという制度だろ、でも親父(私の祖父であります)はそんな明るいうちに仕事やめられるかっていつもの時間までやってたんだ。単に1時間早起きするだけだったんだよ。もうきつくてきつくて仕方なかった」

 その2 私が小学生低学年くらい?に家にあった小型テレヴィ。ヴォリュームつまみのカバーをなくしてしまった。そこでむき出しになった金属のつまみをつまんでまわそうとすると電流が流れていて体がびりびりとしびれた。仕方ないのでペンチをテレヴィの脇に置いておいてこれを使って回すようにしていた。でも、時々、うっかりペンチを使うのを忘れて素手でつまんで感電し「ぎゃあああ」。あの頃の我が家では1日、数回、誰かの悲鳴が聞こえていた。

 日本は貧しかったのだ・・・って貧しかったのはお前のところじゃないのか。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に膳のラーメン+替え玉。今日の膳は失敗。近頃珍しく出汁に旨みが出ていなかった。夕食はちゃんぽん鍋とかつおの刺身。ビール500ml缶を一本飲む。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『タイピスト!』を見る。1950年代のフランス。 田舎ねずみであるヒロインは 都会の秘書ねずみにあこがれていた。ある保険会社の就職試験を受けて合格したのだが、秘書としてはまったく無能、ただ、彼女には一つの才能があった。それはタイピングだ・・・まあ、独学でやったためか二本指で打っているのだが(笑)。彼女の才能に目をつけた保険会社の社長は二本指タイプを五本指に強制し、特訓特訓、また特訓。タイピスト早打ち全国コンテストの優勝を目指すのであったというお話。

 幸せなラブコメとスポ根ものの融合といいたいところだが、何しろおフランスの映画ですからね、恋愛要素が箸が立ってしまうほど、濃い、濃すぎる。こんな映画なのに、ラブシーンはやたらに過激で、「のだめカンタービレ」ののだめみたいな人が乳首見せてしまうのだから、私は驚いた。『ソフィー・マルソーの三銃士』でソフィー・マルソーがさして必要もないのにおっぱいを出してしまう場面より驚いた。これはけしからん、反則だ!

 いやあ、いい年こいた男がこんな映画を見ているのである。こんな理不尽なツッコミでもしておかないと恥ずかしくってしかたないのですよ(笑)。

 この映画はお洒落でスマートでソフィスティケートされた良作なので、こんな親父のツッコミは気にせずにみんな見た方がいいです。

 ハイビジョン画質は良好。時代を意識したポップな色使いを見事に表現している。音声はAAC5.1チャンネル。早打ち大会会場で周囲から響いてくるタイプライターの音が実にリアル。地味だけれどもサラウンドの利点を再認識させてくれる音響デザインだ。

 その後、シャワーを浴びて録画のダビング作業。

 WOWOWで放送された「ハイビジョンリマスター ウルトラマンタロウ」を最終回まで、そして「孤独のグルメ」を5話分 不要部分、CMをカットしてブルーレイ二層メディアに焼いていく。「孤独のグルメ」のCM抜きが面倒くさくって終わったらもうお午前1時過ぎ。それからテレヴィをしばらく眺めて午前2時半過ぎに就寝。

|

« 9月22日(月) ですますマスク | トップページ | 9月24日(水) 「患ゥせぇるすまん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月23日(火) 「おしぼり一家」:

« 9月22日(月) ですますマスク | トップページ | 9月24日(水) 「患ゥせぇるすまん」 »