« 10月30日(木) 「戦国じれったい」 | トップページ | 11月1日(土) 官兵衛泣いてどうなるのか »

2014年11月 2日 (日)

10月31日(金) 虎穴にイオナズンでは虎子を得ず

 

 だったらリレミトとかラリホー使ってみたら?自炊JPEGファイルの文字の大きさを変えレイアウトまで自動的に変更してくれるソフト MeTilTranを使うようになったのは2012年の2月。それから約二年半が経過したわけであるけれども、その間にMeTilTran処理して読んだ小説はおおよそ220冊。年間88冊、月にして7冊ほどになるか。老眼で読書に対するモチベーションが極端に低下していた2011年あたりの読書量とは比べ物にならぬ冊数である。それでいて、その小説群はその大半がブックオフの100円本。フツーなら手にも取らなかったであろう作家さんたちの作品もたくさん読むことが出来て読書の幅も大幅に広がった。

 今の私は読書という行為に関して人生の中でもっとも幸せなときを過ごしているのかも知れない。

 (註 この220冊という数字は小説だけに限ったもの。他にも膨大な数の漫画、雑誌、原発関連、食い物関連の専門書を買っている。漫画もそのほとんどがブックオフの100円本)

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に三氣のラーメン+替え玉。

 午後6時半から町内会の打ち合わせ。12月に行われる餅つき大会がテーマだったのだが、私はと学会の例会と重なって参加できなくなってしまった。でも、あんまり俺、関係ないもんという顔をしている訳にもいかず熱心にメモを取っていましたよ(笑)。終了は午後9時過ぎ。

 だから夕食はコンビニ飯。セブンイレブン謹製のかけるだけのパスタソース たらこでスパゲティを一把。後はおつまみとして冷凍ほうれん草、ちくわのチーズ詰め、鶏肉のステーキを食べた。ビールは500ml缶を一本。

 しかし、セブンイレブンの冷凍食品の充実振りはあなどれませんなあ。冷凍の焼きナスも実にジューシーで歯ごたえもきちんと残っていたし、今回のほうれん草もアジポンをちょいと掛けて食べると、フツーに美味しいほうれん草のおひたしの味がする。生野菜などを買ってきて自分で切ったりする手間を考えるとこの冷凍食品の方が断然良い。この手軽な野菜摂取の機会は私のような人間にとってまさに福音とでも言うべきものだ(ちょっと大げさ)。

 ますます私の晩年の食生活はコンビニ頼りになりそうですわい。

 その後、ウィスキーハイボールに移行。盛り上がってきたところでプロジェクターを起動し、ブルーレイ 「ヤマト2199」の最終2話を続けて。ややや、なんとも良い気分になってきたぞ。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 10月30日(木) 「戦国じれったい」 | トップページ | 11月1日(土) 官兵衛泣いてどうなるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月31日(金) 虎穴にイオナズンでは虎子を得ず:

« 10月30日(木) 「戦国じれったい」 | トップページ | 11月1日(土) 官兵衛泣いてどうなるのか »