« 11月22日(土) 海老韮・スクルージ | トップページ | 11月24日(月) 夜はハーバートで運動会 »

2014年11月24日 (月)

11月23日(日) 「ハーバート鬼太郎」

 

11月23日(日) 「ハーバート鬼太郎」
 鬼太郎、高学歴じゃ!「Revival」45パーセント読了。ジェーミーは麻薬に溺れてリハーサルをすっぽかしたりしたので、所属していたバンドを首になりモーテルに置き去りにされてしまう。カードも使えず連泊も不可能。ジャーミーはグレイハウンドバスのデポで切符をかってギターと荷物を預け、近くで行われていたカントリーフェアに出かけていく。売人を見つけて薬を入手するためである(笑)。

 一言彼のために言っておくと、彼は1985年にバイクの自損事故を起こしている。その時、足と骨盤を骨折し、長く立っていると痛み出すようになってしまったのである。その障害は長時間舞台に立つバンドマンとしては致命的であり、彼はその痛みをごまかすためにより麻薬(モルフィネ)に依存するようになったのだ。

 カントリーフェアの会場をぶらつくジェーミー。あ、売人だ、いやいや待て待て、あれはちょっと怪しいぞ、刑事が麻薬密売人を装っているのかも知れない・・・。そうして彼はある一つのアトラクションにたどり着く。その「雷で写真を撮りまショー」の舞台に立っていた人物を見て彼は口をあんぐり。それはまぎれもなく、ジェイコブ元牧師であったからだ。

 このアトラクションの背景幕には豪奢なドレスとアクセサリーを身にまとった貴婦人の絵が描かれている。そして舞台にはクラシックな三脚つきの写真機。ジェイコブは観客の中からヴォランティア(女性限定)を募る。女性を写真機の前の椅子に座らせたジェイコブ、彼女に目隠しをして写真機を操作。1、2、3で写真機から雷光のようなまばゆい光が放たれた。そしてどよめく観客。なんと背景幕の女性の顔がヴォランティアの女性に入れ替わったからである。そして写真機から乾板を取り出すジェイコブ、そこにもちゃんとドレス姿の女性ヴォランティアが写っていた。ジェイコブは「これを無料であなたに差し上げます。この写真はあなたが将来生まれるであろうお孫さんたちにも見せられるほど長持ちしますよ」
 
 (後にジェイコブがジェーミーに語ったところによると、これはさすがに大げさで実際は2年くらいしかもたないのだそうな)

 ショーが終わった。ジェーミーは疲労と麻薬の禁断症状のおかげでぶったおれる。

 次に彼が目覚めたのはジェイコブのモーターホームであった。彼は舞台の上からジェーミーを見つけていたのだ。麻薬の禁断症状を抑えるために少量のヘロインを与えつつ、ジェイコブはジェーミーに食事を取らせ体力を回復させるのであった。そしてジェーミーが事故のためにより深く麻薬に依存していった顛末を聞き、「私に考えがある。君を助けさせてくれ」

 彼はモーターホームで近くの町で借りていた工場へジェーミーを連れて行く。彼の頭に変な装置から伸びた線が繋がったヘッドフォンを被せると、1,2,3 ばちん! ジェーミーははっと気がつく。彼はふらふらでろくすっぽ立ち上がれないほどになっており、そしていつの間にか3時間以上も経過していたのである。ジェーミーにはついさっき、「ばちん」をやられたとしか思えなかったのだが。やがて彼の体力は徐々に回復。驚くべきことに彼の麻薬に対する欲求はきれいさっぱり消えうせていた。そして、足の障害もほとんど気にならなくなっていたのだ。

 ジェイコブは電気の力で君の脳波信号を再構築したのだという。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。昼飯はサッポロ一番味噌ラーメンとゴハン。冷凍食品のほうれん草もつけたぞ。夕飯はちょっと事情があってコンビニ飯。チーズかまぼこ2本、冷凍ほうれん草、せんべい三枚(笑)をつまみにビール2缶を飲み、例のかけるだけのソースを使ったスパゲティで仕上げ。まずしいのう。

 そのちょっとした事情のおかげで今夜は映画はなし。

 午後9時過ぎにシャワーを浴び。お酒。なんだか無闇に腹が減っちゃったのでスパゲティをもう一把いっちゃったよ。

 就寝午前12時過ぎ。
 

|

« 11月22日(土) 海老韮・スクルージ | トップページ | 11月24日(月) 夜はハーバートで運動会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月23日(日) 「ハーバート鬼太郎」:

« 11月22日(土) 海老韮・スクルージ | トップページ | 11月24日(月) 夜はハーバートで運動会 »