« 11月27日(木) 「ウォーターシップダウンの植草たち」 | トップページ | 11月29日(土) 「仮面の忍者 アルカゲル」 »

2014年11月29日 (土)

11月27日(金) 頑張れ、強いぞ、ボーカロイドの仲間、赤胴鈴之助

 

11月27日(金) 頑張れ、強いぞ、ボーカロイドの仲間、赤胴鈴之助
 未だにボーカロイドというのが何だかよく分かっていない私が考えた駄洒落。<http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_sougou/article/129590より引用開始>刑務所の行進は人権侵害か 福岡県弁護士会、「軍隊式」中止勧告へ [福岡県] 福岡県弁護士会は近く、福岡刑務所に対し、受刑者が施設内を移動する際に行う隊列行進について「個人の尊重を定めた憲法13条に違反し、人権を侵害している。軍隊式行進に酷似し、社会通念上も適切でない」としてやめるよう勧告することが26日、関係者への取材で分かった。国内の刑務所の多くでは受刑者を管理するために隊列行進を取り入れており、刑務所側の対応が注目される。<引用終了>

 いや、人権の一部制限も刑罰の一環じゃないのと思うけれども、そこは置いといてこの弁護士の人たちは花輪和一の「刑務所の中」は読んでいないのかな。騒ぐとテレビ視聴制限が掛かるとか、作業場では小刀ひとつ落としても自由に披露ことができず、願います!願います!と申告しなければならないとか、用便ももちろん願います!願います!と申告しなければならないとか、人権制限のオンパレードなのだがなあ(笑)。あ、ひょっとしたら引っかかっているのは行進が軍隊式に見えるからということ?だったら、小中高でやらされる行進も憲法13条に違反していて、社会通念上も適切じゃないんだよね。あ、漫画 「モンキーターン」でも見たけれども競艇学校でも厳しい教練(敬礼の仕方、行進の仕方)をやらされるんだよね<http://3661blog.livedoor.biz/archives/50570755.html>。

 まったくこの世の中は人権侵害に満ちておりますなあ。

 「Revival」70パーセント読了。ジェーミーはジェイコブに会いにいくことを決意する。彼はブリーの助けを借りてジェイコブが本名で借りている建物を特定。それは元お金持ちのお屋敷。お金持ちが売ってしばらく高級サナトリウムとして運用されていたのだが、休業、その後、ジェイコブが借りていたのである。ジェーミーは飛行機、レンタカーを使い郊外の建物へ向かう。それは広大で荘厳な施設であった。

 彼が伝道集会で見た聖歌歌手が今はジェイコブの秘書役を勤めているようである。彼は「ジェイコブさまは人に会わん、帰れ、帰れ」 しかしジェーミーはくじけずに「私は彼の古い友達だ、彼に言ってくれ、彼は私の兄のコンを治療してくれたんだ」 このやりとりがジェイコブに伝わってやっとジェーミーは入館を許される。16年ぶりに身近で見たジェイコブは随分とふけていた。外観は仕方ないけれども(笑)、その上関節炎を患っているようだ。ジェーミーは「何で自分を治療しない」と意地悪なことを考える。

 この微妙な再会劇の後、ジェーミーはジェイコブにさまざまな疑問をぶつけるのだった。「あなたの治療は効果を上げているようだが、その反面、副作用に苦しんでいることを知っているか」しかしジェイコブは涼しい顔で「私の治療で多くの人々が助かった。副作用に悩まされるのはそのうちのごく一部だけだ。一般的な医学治療よりよほど確率が高いじゃないか」

 「あなたは伝道集会で偽の脳腫瘍を使っただろう」「私の治療で確かに脳腫瘍は消えた、でもは外見からでは分からない。あの偽の腫瘍を使わなければ効果を患者に確信させられないからだ」

 ジェイコブはにやりとする。「それに何より私はもう治療をしないことにしたのだ」 この後、施設を案内されたジェーミー、ジェイコブから驚くべき提案を受ける。なんと、彼の元で働かないかというのだ。給料はヒューのところの2倍、いや3倍出す、どうだ、いい話だろ!しかし、ジェーミーはにべもなく断る。「私は妻子を殺した神に復讐する代わりに病気や障害を抱えている人々を苦しめる人のためになんか働けません」

 ジェーミー、「なんということを言うのだ」と怒るジェイコブを尻目に帰途についたのであった。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に長崎ちゃんぽんリンガーハットでちゃんぽん、餃子3個、ミニ炒飯のセット。年をとったせいかなあ、俺、もうちゃんぽんはここでいいや。味に不満はないし、量も適切だし、広い駐車場もあるし、そんなちゃんぽんの名店なんかくそくらえだ。夕食はマグロの刺身、ソーセージ、玉ねぎ、キャベツ、ピーマンの炒め物。ビール350ml缶2本飲んでゴハンを一膳。

 その後、シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『劇場版 SPEC  爻(コウ)ノ篇』を見る。いや、『ヱヴァ 新劇場版 Q』を見て訳わかんねえと怒っている場合じゃない(笑)。あれはちゃんと「訳が分からない」の中に「訳が分からない」なりの面白さがあった。訳が分からないなら、分からなくっていいよという開き直りがあった。しかし、この『劇場版 SPEC  爻(コウ)ノ篇』はその訳の分からなさを徹底的に説明しようとする、しかも登場人物のしゃべりとナレーションだけで。

 この説明をしている間、舞台はずーっと警視庁(警察庁かな)の塔の上、そこでキャラクターがずっと物語の謎とやらを延々としゃべってくださるのである。この単調な映像にみんな退屈しないのか、前編の『劇場版 SPEC 結(クローズ)篇』も酷かったけれども(特にラストの死体安置所におけるやりとり)、この間延びした展開に意義を唱えるものがなかったのか。

 こういう映画が二部作で作られ、製作者も観客も満足している、そんな世界、日本の右傾化よりよっぽどイヤだ。

 何か面倒くさくなったので画質評価も音質評価もしません。まあ、それなりだったとだけ言っておきましょう。

 終了後シャワーを浴びていろいろ。前述の「Revival」もがしがし読んだ。就寝午前2時過ぎ。

|

« 11月27日(木) 「ウォーターシップダウンの植草たち」 | トップページ | 11月29日(土) 「仮面の忍者 アルカゲル」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月27日(金) 頑張れ、強いぞ、ボーカロイドの仲間、赤胴鈴之助:

« 11月27日(木) 「ウォーターシップダウンの植草たち」 | トップページ | 11月29日(土) 「仮面の忍者 アルカゲル」 »