« 「イエスタディわんこそば」 | トップページ | 11月6日(木) フーファイター大根 »

2014年11月 6日 (木)

11月5日(水) 『ティファニーで超能力を』

 11月5日(水) 『ティファニーで超能力を』
 9月14日に『ティファニーで超常現象を』という駄洒落で皆様の目を汚したばかりですが、駄洒落としてはこっちの方がしっくりいっていると思います。赤のれんで「ラーメン定食 メンの硬さをバリカタ(固麺よりさらに固い)で」というお客の注文を店員さんが「はーい、テーブル○○番のお客さんのラーメン、「バカ」でお願いしますと通していた。そりゃバリカタを略するとバカになるけど、いくらなんでも。多分、私の空耳だ、きっとそうに違いない。

 なお、赤のれんでは「固麺の替え玉(麺だけお代わり)」のことを「タマカタ」と呼ぶ。これも何だか誤解を招きそうであるが、こちらは正真正銘のれっきとした「赤のれん」用語。そういえばこの日記にも書いたことがあるけれども、元祖長浜屋(分裂でしっちゃかめっちゃかになる前)でオカマの店員さんがいて「固い麺の替え玉」の注文を「かたい玉ああん」と通していたなんて話もあったな。

 どうでもいい事ばかり書いてなんかすみません。

 本日は休み。午前8時半に起床してコーヒーをゆっくりと飲む。その後午前9時過ぎからプロジェクターを作動させレンタルブルーレイの『ギャロウウオーカー 煉獄の処刑人』を見る。ウェズリー・スナイプスは恋人を悪漢どもにレイプされたという可愛そうな人。彼は一度復讐を果たすのだが、その時、自身も重傷を負い結局あの世行き。そこでお母さんの幽霊が出てきて「すいませんが、私の息子を生き返らせてください」と頼む。するとウェズリー・スナイプスは生き返った。でもぶち殺した悪漢共までゾンビになって蘇ってきちゃった。

 復讐のやり直しだ、スナイプス!

 こう書くと何か凄く面白そうに見えるでしょう、でもそれが案外そうでもなかったりするの(笑)。ウェズリー・スナイプスはやたらに虚空を見つめているばかりで、話の進み方が異常に鈍い。はっきり言って退屈だ。あのカルト教団みたいな奴らとか、ゾンビ化した悪漢共も特に大したことをするでなし、ウェズリー・スナイプスとその相棒に単調に打ち倒されていくのみである。唯一、ゾンビ退治の一手で頭をもいでしまうあたりでにやりとさせられたのだが、結局よかったのはその一点だけであった。

 ハイビジョン画質は解像度が高いものの暗部のノイズが目立ってしまっている。音声はドルビートゥルーHD。音像定位がいい。ばたばたと飛び回るカラスの飛跡が実に明快なのだ。

 その後、昼酒。例によってホタテボイルを買ってきてその半分を刺身醤油で食べる。残り半分は今回初めての試みとして不思議なお皿にホタテを乗っけてスプーンでピザソースをじゃばじゃばとかける。その上から溶ろけるチーズ2枚をかぶせて電子レンジで加熱2分。意外にきれいに出来上がったのだが、味はいまひとつ(笑)。濃厚なチーズとホタテは合わん。これならいつものようにバターと醤油で作ればよかった。ビール 500ml缶一本飲んで、後はスパゲティぺペロンチーノ(もちろん、かけるだけのパスタソースを使った)。

 それから1時間ほど昼寝。いつものことながら大変に気持ちよい。危うく夢精してしまうところであった(ウソ)。

 午後3時からプロジェクターを再度起動させて米国盤ブルーレイ『キャビン・イン・ザ・ウッズ』を再見。

 夕食はカツオの刺身に出来合いの鶏南蛮。後は生野菜。ビール500ml缶をまた一本飲んでゴハンはなし。

 その後、四度プロジェクターを起動させて米国盤ブルーレイ『サロゲート』を再見。この映画の存在が頭の中から消えていたので(笑)、まるで新作映画のような新鮮な気分で味わうことができた。私のお粗末な脳みそも飛んだところで役に立ったものである。
 
 午後9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」 境界人間のコーナー、マルタイ棒ラーメンは名古屋で涙を飲んだ。もう少し全国的に知られているのではないかと思っていたのでこの結果にがっかり。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 「イエスタディわんこそば」 | トップページ | 11月6日(木) フーファイター大根 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月5日(水) 『ティファニーで超能力を』:

« 「イエスタディわんこそば」 | トップページ | 11月6日(木) フーファイター大根 »