« 12月5日(金) 国分寺差別 | トップページ | 12月7日(日) 「ギブソンはもう戦争」 »

2014年12月 9日 (火)

12月6日(土) 「気分はもう禅僧」

 

12月6日(土) 「気分はもう禅僧」
 禅僧という存在が一体どういうものなのか、いまひとつ分かっていない私が考えた駄洒落。さて、東京旅行2日目。本日は錦糸町の某所でと学会の例会である。午前8時に起床しバスタブにお湯をためてゆっくりとつかって前夜のアルコールを除去。そしてバイキングの朝飯を食い、たっぷり排便して準備完了。午前9時にホテルを出て会場へ午前10時前に到着。ずいぶんと早い時間なのだがすでに眠田 直さん、すなむし先生、橘川さんがいらしていて、設営や会場の準備中。皆さんにご挨拶して、私も発表準備に取り掛かる。映像資料は整っているので、その説明文を考えたのである。まあ、だいたいの構成は頭に入っているからして、ネット検索で放映日などを調べて補足するだけで十分だったのだが。

 三々五々、会員諸氏到着。そして午前11時から皆神さんの挨拶で例会開始。唐沢さんは残念ながら急な用事が出来て出席できなくなったとのこと。

 橘川さん、秋葉原専門弁護士が存在する。メイド喫茶間におけるメイド引き抜きトラブル、同人誌の著作権トラブル、アニメーターの給料支給トラブル、よろず引き受けます!G氏 武田邦彦先生の御本。タイトルが「政府・マスコミは言葉の魔術でウソをつく!」当然会場から「お前が言うな」とのツッコミが入った(笑)。梅田さん、「駅弁掛け紙物語」 駅弁の掛け紙を集めた本。戦前の樺太でなぜか桃太郎柄の駅弁が!戦時中には三国同盟弁当というのもあった。おそらく、当時の兵隊さんたちは列車を使って移動することが多く、国鉄のお得意さまであったためであろう。OE氏さん、中国の小人テーマパーク。出演者もスタッフも全部、小人。小人にもいろいろあって障害が酷くほとんど喋れない人もいれば、ショーをこなす人もいる。これも立派な雇用機会だ。

 ほかにも面白い発表がいくつもあったのだが、総てを詳しくメモすることはできませんでした。どうぞご了承くださいませ。

 昼飯はしらーさんやFKJさんに連れられてある中華料理屋 苓々菜館へ。これがいわゆる台湾ビーガン料理で使われている肉・ソーセージは総て大豆肉。ヴァイキング形式でいろんな料理を取るスタイルだが、どれもなかなか美味し。特に驚かされたのがもどき肉の再現ぶり。味にまったく違和感がなく、言われなければこれが大豆肉だとは絶対分からない。さらにソーセージや肉をかじって断面を見てみると、これがまた本物の肉そっくりというか、肉にしか見えん。何だか騙されていないか(笑)。

 ビック錠先生の料理漫画「一本包丁満太郎」では後釜を狙う若頭によって肉ばかりを食べさせられ、次第に弱っていくヤクザの親分を救うために、大豆肉を使おうとする。彼はその料理の秘密をとある中華料理屋から学ぶのだが、この店はその満太郎の世界そのままなのだ。私は何だか妙に感動してしまった。

 午後から映像ネタの発表となって、よし、私の出番だと思ったのだが、なぜか突然DVDプレーヤーが壊れてしまったという(笑)。しかし、さすがは橘川さん、代わりのブルーレイプレーヤーをすばやく入手してきてくれたので3人遅れぐらいで発表をすることができたのだった。

 私の発表ネタは『フューチュラマ』の「Reincarnation」というエピソードを編集したもの。2011年9月8日に放送されたこのエピソードは三部構成になっており、いつもの「フューチュラマ」のメンバーが「蒸気船ウィリー風の白黒アニメ風」、「昔のコンピューターゲーム風」、「ちょっと昔の日本のロボットアニメ風」にアレンジされたという異色作。ベンダーとフライの無駄な変形や、ハーミスがヘリコプターで出動するけれども、彼は元来経理の人なので他の部屋へ飛んでいって帳簿をつけだすというギャグはなかなかに受けていたようである。

 ただ、この後、おまけとして第7シーズン、19話(2013年7月13日放送)「Saturday Morning Fun Pit」からスクービードゥー風「フューチュラマ」、さらに「GIジョー風フューチュラマ」を続けて紹介したのだが、これらの受けはいまひとつ。少し間延びしてしまったようだ。

 さて、午後4時過ぎに例会終了。その後の二次会まで時間があったので秋葉原のちょっとおしゃれなカフェ(笑)でOE氏さんたちとお話。いやー、隣になかなかの美女な人がいらっしゃって、実に優雅にカレーらしき食事を召し上がっておられたが、我々はほとんど例会の延長みたいなノリで「中国の小人ランド」とか「犬しかいない北朝鮮の動物園」の話とかしていたわけでどうも申し訳ありませんでした!

 午後5時過ぎに二次会会場へ入る。そしてさっそくに乾杯。正式な開始は午後5時半なのであるけれども、酒だけは飲めるのだ(笑)。生ビールをがぶがぶやり、メートルが上がったところでハイボールにチェンジ。何かいろいろ食べながらいろいろお話させて頂いて、楽しい、楽しい時間でありました。例会を欠席されていた原田実先生も二次会に参加されたのでまた変な話で盛り上がっちゃいましたよ。

 しかし、楽しい時間もいつまでも続く訳もなし。私は午後10時半(くらいだったかな)に皆さんにご挨拶して店を出る。中央線で新宿まで行き、そこから歩いてホテルへ帰る。空腹を覚えたので途中のコンビニで買ってきたカップ醤油ラーメンを腹に収めて寝る。

|

« 12月5日(金) 国分寺差別 | トップページ | 12月7日(日) 「ギブソンはもう戦争」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月6日(土) 「気分はもう禅僧」:

« 12月5日(金) 国分寺差別 | トップページ | 12月7日(日) 「ギブソンはもう戦争」 »