« 1月18日(日) ジン・キニスキー鍋  | トップページ | 1月20日(火) オズマ妻 »

2015年1月20日 (火)

1月19日(月) 「ムーンウォーク静かに殺せ」

 

1月19日(月) 「ムーンウォーク静かに殺せ」
 中学生の頃、本屋で森村誠一先生のこの凄すぎるタイトルの本「むごく静かに殺せ」を見つけてクラス中(私とその数少なかった友達の中)で大いに話題になったものである。

 17日に見た映画『ザ・イースト』 内容が内容だけに、しょうもないことをいう人がいるんだ。<http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20140130より引用開始>また、2013年末、FBIは、冒頭に挙げたカイロン爆破犯人のダニエル・アンドレアス・サンディエゴを凶悪なテロリストのリストに入れた。まだ誰一人として傷つけてさえいないのに!<引用終了> 爆弾テロをやったのだから凶悪テロリスト扱いされるのは当たり前。私は映画評論家町山某のこういうところが吐き気がするほど嫌いだ。

 この『ザ・イースト』に関してはあの「超映画批評」も<http://movie.maeda-y.com/movie/01825.htmより引用開始>想像を絶する被害を出した福島第一原発事故の後、世間ではいずれ東電に自爆テロを起こす被害者がでてくるのではないかと言われた。幸い、セシウムガレキを内幸町にぶちまける奴はまだ出ていないようだが、別の会社で待遇の不満から農薬を自社の冷凍食品にぶちこむ者は現れた。<引用終了>  というバカなことを書いている。俺は「東電に自爆テロを仕掛ける被害者が出てくる」などといっていた奴など寡聞にして存じあげません(笑)。よくもまあ、こんな被災者を二重の意味で馬鹿にするようなことを書けるものだ。

 つまりは『ザ・イースト』はそういう類の人間がコロッといってしまう映画なのです。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯にうどんウエストでうどん定食。夕食はカワハギの刺身とすき焼き。ビール500ml缶一本とゴハンを一膳。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『新しき世界』の続き。驚くほど大量の血が流される映画であるが、内部抗争でカチコミかけられたファン・ジョンミン(山本太郎に似ている)がエレベーターの中で自ら致命傷を負いながらも5人以上の敵をずったずたにするシークエンスと、警察の犬であることがばれたイ・ジョンジェの妊娠中の奥さんがヤクザに襲われそうになるが、待ち構えていた警官隊に迎撃されて、これまた血の海!にショックを受けて股間から出血して流産というシークエンスが平行して描かれるのは血が「絆」でもあり、また「救いがたい対立・断絶」の象徴であることを示している。それは「警察からの潜入捜査員」でありながらヤクザの兄弟分と強い絆を持ち、警察と彼との板ばさみになるイ・ジョンジェの二律背反の苦悩でもあるのだ。

 しかし、なんですなあ、この映画はハリウッドでリメイクされるそうですが、韓国ヤクザ映画の良さといえば、これはもう「金属バット持ってカチコミにいく」という泥臭さ、韓国の華やかな街並みを一歩はなれるととたんに現れるちょっとどうかと思われるほどみすぼらしい食堂や家という風景、にあるのですから、そのあたりをハリウッドで妙におしゃれにされたら、駄目になっちまうんですよ。韓国の人に怒られるかも知れないけれども(笑)そこのところを勘違いしてはいけません。

 ハイビジョン画質は良好。暗部にもノイズがのらず、非常にクリアーな映像が楽しめる。音声はAAC5.1チャンネル。BGMの品位は高いのだが、いまひとつ迫力不足のサラウンドが残念。前述のカチコミ場面などもっと猥雑で生々しい音場が欲しいんだい。

 終了後、シャワーをあびてチャンネルNECO HD録画の「ブースカ」を楽しむ。「チャメゴン誕生」で電気工事のおじさんに「電気おねがいしますよう、電気が点かないと弟ができないんですよう」と懇願するブースカに、「ブースカ、お前、それはフツー反対ぞ!」とツッコンで大笑いをしている俺。考えてみたらこの前の放送でも同じ回の同じ場面で同じようなツッコミいれてげらげら笑っていたなあ。

 俺って進歩ないよなあ(笑)。

 就寝午前3時過ぎ。

|

« 1月18日(日) ジン・キニスキー鍋  | トップページ | 1月20日(火) オズマ妻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月19日(月) 「ムーンウォーク静かに殺せ」:

« 1月18日(日) ジン・キニスキー鍋  | トップページ | 1月20日(火) オズマ妻 »