« 1月22日(木) あいだももポテト | トップページ | 1月24日(土) 「いつかオブジェさまが」 »

2015年1月24日 (土)

1月23日(金) 「ジャーゴン誕生」

 

1月23日(金) 「ジャーゴン誕生」
 業界初!(ってだから何の業界なんだよ) 「快獣ブースカ」駄洒落。ようやく『猿の惑星 ライジング 3D』、『ミスター・ピーボディ&シャーマン 3D』、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 3D』の米国盤ブルーレイが到着(24日の朝のことですけど)。12月9日の発送から40日以上掛かってはるばるアメリカからやってきたわけだ。待たされて、待たされて『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などは国内盤ブルーレイ(2D)のレンタルより遅くなったけれども(笑)、ああ、やっと俺は『猿の惑星ライジング』を見られるのだ。

 待った分余計に嬉しいです。

 その嬉しいついでに次世代ブルーレイについてひとくさり。この次世代ブルーレイはUltra HD BDと呼ばれるもので、圧縮方式はHEVCを採用。そして単なる4K解像度(3,840×2,160画素)へのアップだけではなく、さまざまな映像技術が盛り込まれている。まず、YCrCb(4:2:0)各10bitの画素フォーマットに対応し、ブルーレイで目立つことのあったトーンジャンプを大幅に改善。また色再現域はブルーレイの二倍以上の再現能力を誇るBT.2020。さらにHDR(ダイナミックレンジ拡張)の採用(ドルビービジョンではない)で輝度表現が従来とは比べ物にならないくらい向上する。

 いやー、へたするとSD画像がハイビジョンになった時以上の画質向上になるのではないか。今から私はわくわくしております。

 まあ、もちろん、Ultra HD BDは従来のプレーヤーでは再生できず、またディスプレイもHDRに対応した製品が必要となるのでいろいろ買い替えが必要となるわけですが(笑)。私の場合、プロジェクターのX75R、ブルーレイディーガ BZT9300の年期が明けるのが2017年12月ですので(要するにローンが終わるということ)、買い替えはそのあたりになるかと。2016年あたりからプレーヤー、ソフトが本格的に発売されると思うので、うわ、2年近く待たないといけないや!

 なお、このUltra HD BDでは3Dはサポートされない。3D映像は従来のHD画質で十分と判断されたからである。3Dジャンキー、3Dキチガイの私としてはなんとも残念であるが、そのうち、規格に変更があるかもしれない、変更になるといいなあ、変更にならないかなあ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に膳のラーメン+替え玉。夕食は鍋、まぐろの刺身。ビール500ml缶一本飲んでゴハンを一膳。

 そして珍しく映画はなし。自炊してキンドルに入れた「グインサーガ 131 暗黒のパロ」を読んでおりました。作家は五代ゆうさん、前に読んだ「グインサーガ 134 売国妃シルヴィア」の宵野ゆめさんよりは数段筆力があって、安心して読んでいられる。いや、最晩年の栗本薫先生より読みやすかったりして(笑)。

 午後9時過ぎにシャワーを浴び、さらに「暗黒のパロ」を読んで11時過ぎに読了。

 その後は録画しておいたテレヴィ番組をだらだらみておりました。就寝午前4時過ぎ。
 

|

« 1月22日(木) あいだももポテト | トップページ | 1月24日(土) 「いつかオブジェさまが」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月23日(金) 「ジャーゴン誕生」:

« 1月22日(木) あいだももポテト | トップページ | 1月24日(土) 「いつかオブジェさまが」 »