« 12月29日(月) 二匹目のドジっ娘 | トップページ | 12月31日(水) 「南の島に同心がいたよ」 »

2015年1月 4日 (日)

12月30日(火) どっこい生きてるシアン化合物の中

 

12月30日(火) どっこい生きてるシアン化合物の中
 どんな蛙だ。ううう、12月9日にアメリカより発送されたブルーレイ 『Mr. Peabody & Sherman』、『Dawn of the Planet of the Apes』、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(もちろん、3本とも3Dだい!)がまだ来ない。発送より3週間たっているのだからいかに年末とはいえ届いていてもおかしいのにまだ来ない。今日来なければ1月の休み明けになってしまう。いや、下手をすれば成人の日の連休明け 1月13日をすぎてしまうかも知れない。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の国内盤が1月21日の発売だぞ。せっかく米国盤を買ったのに、国内盤の発売と一週間も違わないタイミングで届くとはどういうことだって、いや、まだ1月13日過ぎになると決まったわけじゃないけど(笑)。

 やっぱり発送から3週間以上も待たされるというのはつらいことであります。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に自室でスパゲティ。もちろん、かけるだけのパスタソース、ボンゴレを使ったもの。後は鶏がらスープ、そして冷凍ほうれん草。夕食はマグロの刺身と生野菜、出来合いのヒレカツ。ビール1缶飲んでゴハンを一膳。

 その後、シアタルームにてレンタルブルーレイで『るろうに剣心 京都大火編』を見る。ユニークなキャラクター、入念に作りこまれたセット、味のある役者陣、迫力とアイデアに満ちた殺陣、これだけ力の入った映画なのにどうしてこんなにつまらないのだ?どうして、私が何回も寝落ちして、そのたびにまき戻して見返さなければならないのだ?

 それはとにかくクソ長いから。そしてそのクソ長い時間の中でえんえんとチャンバラをやっているから。この芸のない構成に私の陰茎じゃなかった神経が音を上げたのである。こんな内容で2時間19分なのである。長くても90分程度の尺でやればとんでもない傑作になったかも知れないけれども、優れた素材を馬鹿な製作者たちがよってたかって、こんなどうしようもないものを作ってしまった。この構図は今の邦画界の現状を如実に表している。

 あんまり腹がたったので画質・音質の評価はなし。

 その後シャワーを浴びていろいろ。就寝午前3時すぎ。

|

« 12月29日(月) 二匹目のドジっ娘 | トップページ | 12月31日(水) 「南の島に同心がいたよ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月30日(火) どっこい生きてるシアン化合物の中:

« 12月29日(月) 二匹目のドジっ娘 | トップページ | 12月31日(水) 「南の島に同心がいたよ」 »