« 2月21日(金) 闇夜のカットラス | トップページ | 2月23日(月) センター街三四郎 »

2015年2月23日 (月)

2月22日(日) 「居残りサルベージ」

 

2月22日(日) 「居残りサルベージ」
 お前、あの船引き揚げるまで残業な!という状況をあらわした駄洒落。先日以来、私はこの日記において今、4Kテレヴィを買うのは早計であるとたびたび警告してきた。近い将来、テレヴィの映像機能には4Kブルーレイ(ULTRA HD BLU-RAY)の登場に伴う映像ダイナミックレンジの劇的な向上 HDRや現実世界に存在する物体色のほぼ全てを記録したデータベースSOCS(Standard object color spectra)をカバーできる新世代色空間規格(BT.2020)という大変革が待ち構えている。この規格に対応したテレヴィは2015春の発売予定であり、従来製品では対応できない。

 少なくとも対応テレヴィ(プロジェクター)が登場するまで待つべきだ。

 そして次なる変化が訪れようとしているのは映像の分野だけではない。ドルビーアトモスのDTS版 「DTS:X」も家庭用に展開され2015年中には各メーカーからデコードできるAVアンプが登場する予定である。もちろん、ドルビーアトモスとは互換性がなく、現在アトモス対応を謳って発売されているAVアンプは非対応となるのだ(非対応のアンプでは「DTS:X」はDTS-HDマスターオーディオとして再生される)。これでいずれ発売されるであろう「DTS:X」音声収録のソフトが同時にアトモス音声を収録してくれれば問題はないのだが、ドルビートゥルーHDとDTS-HDマスターオーディオの関係性からいってまず、不可能。今、アトモス対応のAVアンプを早くも購入して、うひひひと言っている人たちは「DTS:X」音声収録のソフトを完全な形で再生することはできないのだ。各メーカーより既存のアトモス対応機については「DTS:X」対応アップデートが行われるかも知れないけれども、この可能性はあくまで未知数。実現したとしてもAVアンプからせっかく結線した糞多いコード類を取り外し、糞重いそれを再梱包してメーカーに送るというとてつもなく面倒な作業が待ち構えている。

 悪いことは言わない。新規のAVアンプ導入を計画しており、それなりにサラウンドにこだわるという人は後、半年待った方がいいと思う。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。昼飯はスパゲティマヨツナ、冷凍ほうれん草、鶏がらスープ。

 夜は、市内某所の「赤鳥」で葛の会2月例会兼jyamaさん栄転祝賀会兼jyama さん送別会。集いしものは私、言うまでもなくjyamaさん、ぴんでんさん、たけうちさん。飲みしものは飲み放題で生ビールとハイボールをがぶがぶと。食せしものは名物、鶏冠の刺身、焼き物、鶏心臓刺し、鶏タタキ、地鶏ハンバーグ、鶏皮酢モノ。後は串焼きのオンパレード。あまりに頼みすぎたので途中で腹が一杯になり、これまた名物の赤鳥鍋にまでたどり着くことができなかった。

 本当にいろいろ食べたのだが中でも一番美味しかったのがえのきの肉巻き。これだけ新鮮でぶりぶりのえのきはめったに食べられるものではない。また地鶏ハンバーグも美味かったぞ。前に頼んだとき、ぴんでんさんのお子達に食べられてくやしい思いをしたのだが、その敵を討つことがやっとできた(笑)。

 2時間ほどでお開き。たけうちさんとお別れして私、ぴんでんさん、jyamaさんはタクシーで博多駅へ。jyamaさんに最後に福岡の豚骨ラーメンを食べてもらおうということで、博多めん街道へ。現時点で唯一、東京進出の予定がない「博多ラーメン ShinShin」で生ビール、餃子、ラーメンで1,100円のセットメニューを平らげたのであった。ラーメンはちょっと上品過ぎたけれども、ンまかったぞ。ビールも飲んだのでもう何も入らん、これ以上何か口に入れたら胃の内容物がピナツボ火山のごとく噴出すという状況になってしまったけれども(笑)。

 ぴんでんさん達とお別れしてタクシーで帰宅。んふーとパーソナルチェアに座り込み、苦しいよう、苦しいようと腹をなでていたらいつの間にか寝てしまったようで「はっ」と気がつくと午前2時過ぎ。私は可愛らしくふみいと伸びをして着替えベッドに入ったのであった。
 

|

« 2月21日(金) 闇夜のカットラス | トップページ | 2月23日(月) センター街三四郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月22日(日) 「居残りサルベージ」:

« 2月21日(金) 闇夜のカットラス | トップページ | 2月23日(月) センター街三四郎 »