« 2月24日(火) AV超獣 | トップページ | 2月26日(木) 「泥レス・クレイボーン」 »

2015年2月26日 (木)

2月25日(水) 円月係数

  

2月25日(水) 円月係数
 これが高ければ高いほど雷蔵ファンの可能性高し。き、きちがいめ、その1  「その他の被告となりえる人々についても、弁護団の弁護士か力を尽くして、順次訴えていく(略)ネット上の脅迫的書き込みをした人たちを探し出してひとり残らず提訴していく」 発言した人の名前を書くとマジで提訴されかねないので(笑)、みんな自分で検索してください。 

 き、きちがいめ、その2  平和活動とは名ばかりの暴力行為、違法駐車の雨嵐、そして放尿・・・。 

 https://www.facebook.com/video.php?v=573468072788480&fref=nf  <引用開始>今日はヘリ基地移設反対派の集会だったみたいです。辺野古じゅう、駐車違反車両がギッシリでした。駐車場所を案内する方も居ました。公共の駐車場なんて近隣にはありません。どこに案内をする場所があるんですか?細い路地まで路駐。私の家からシュワブまでだいたいですが2?3キロぐらいあるのに家の近くまで路駐がズラズラズラ。。反対する、集会する、別に良いです。しかし、辺野古住民の迷惑を考えてください。それから、トイレをする方を車で送迎していると聞きました。しかし聞いた話によると座り込みテントの近くに辺野古ダムがあります。彼らの中にはそこへ、そこの横で用をたしてる方が居るみたいです。苦情を入れるとダムにやっても、ろ過されて綺麗になる!だの、ダムにはしてない、横の草むらでやってるだの反論してたみたいです。はあ?ですよね。私たちはそのお水を飲んでいるんですよ。ろ過されてるからといっても気持ちが悪いです。私の家族、親戚はシュワブの中で働いてます。働いているだけなのに罵声をあびせられる。Yナンバーだから酷い言葉を言われファッキューされる。私は夜中仕事から帰る時工事車両が通るからと止められました。そしたら反対派の方々に車を囲まれとても怖い思いをしたのを忘れません。道路に出てきて私がもし接触をしてたらと思うとゾッとします。いろいろな事が辺野古では起こっています。だから反対派はと辺野古住民が毛嫌いするんです。報道では新聞ではネットでは全く伝わらない真の辺野古の声を広めて行きましょう。シェアをしてくれる方いましたらお願いします。<引用終了>

 こういう左翼の暴力的で平和のためなら言論弾圧もなんのその(というより言論弾圧を武器として積極的に活用しようとさえする)という体質はこれからも変わらんのでしょうなあ。

 本日は休み。午前9時に起き出してシャワーを浴び、ゆっくりとコーヒーを飲む。その後プロジェクターを起動させ『スターウォーズ エピソード1』の続き。ライトセーバーの剣戟の美しさは筆舌に尽くしがたし。映像の高画質化でこの場面の色彩設計の巧みさが改めて分かるというものである。終了後、すぐに『エピソード2』を開始。続けて見るとアナキンが「パドメはすぐに僕のことを分かってくれなかった」とぼやく台詞にぷっと噴出してしまいます。だって、君、別人だもん(笑)。

 音質、画質は『エピソード1』より明らかに進化している。ただ、ことパドメことナタリー・ポートマンにはマイナスに働いたようで、そのう、お顔がいささかくたびれて、ちょっとおばさんくさくなってしまったかな?(きいい、な、なんですってええ、ああ、す、すいません、ナタリー・ポートマンさん!)。

 30分ほど見て中断し、残りは午後のお楽しみ。

 昼酒は冷凍食品の海老焼売、シーチキンでビール500ml缶を一本。それから冷凍ほうれん草を乗っけたレトルトのカレーで仕上げ。その後、1時間ほど昼寝する。

 午後4時からプロジェクターを再起動させて「エピソード2」を最後まで。

 夕食はカツオの刺身、水炊き。ビール500ml缶一本飲んでゴハンを一膳。

 さあ、夜はこれまた続けて『スターウォーズ エピソード3』だ、今日はもう『スターウォーズ』祭りだ!と思っていたのだが、そうはならなかった。なぜかというと、米国盤ブルーレイ 『ミュータント・タートルズ 3D』、『ザ・ブック・オブ・ライフ 3D』、『The Boxtrolls 3D』が届いたからだ。待ちに待っていた映画が届いたのだ、もうここは『タートルズ』に行くしかないでしょう。

 その『ミュータント・タートルズ 3D』であるが、これが結構な良作。ヒロインのミーガン・フォックスがラジー賞の最低助演女優賞をめでたく獲得しているけれども(笑)。なんと言っても実験でヘンな薬を使われたミドリガメとラットが突然変異、ニューヨークの排水路で悪の手から人々を救うヒーローになるため研鑽を重ねているという何回見ても無茶苦茶な話を無駄にシリアスにやるのがいい。設定がぶっ飛んでいるのだから、生真面目にやらないと映画全体が浮ついてしまう。こんな映画だからこそ、基盤をしっかりさせてやらなければならんのである。

 また、短い上映時間、スピード感溢れる怒涛の展開、これらの要素も上手くいっていて、とにかく観客に考える暇をあたえない(笑)。悪の組織の計画などどこぞの蜘蛛人間映画の物まねなのだが、製作者側は「そんなところ見たらあきまへん」「見んでつかあさい」といいながら観客の鼻面を掴んで振り回し、彼らが眼を回している間に強引にサゲに持ち込むのだ。

 これはこれでひとつのやり方だと思います。決して冴えてはいませんけど。

 3D画質は良好。あの雪山崖下りのシーン、終盤の超高層ビル上での攻防戦、めまぐるしい映像が続くが立体感をそのままキープしているのがスゴイ。3D変換技術も長足の進歩を遂げているのだ。音声はドルビーアトモス。未対応の私のシステムではドルビートゥルーHDとして再生されるけれども、この音場の充実感、閉塞空間の表現能力の高さ、こりゃ、マジでアトモスいらんわ(本当か)。

 終了後、シャワーを浴びてお酒。お供はチャンネルNECO HD録画の「快獣ブースカ #38 海が呼んでいる」 新装開店のメキシコホテル(良く分からん)のショーでソンブレロを被って踊るブースカ。「か、可愛いじゃねえか」 海水浴でデカパンはいているブースカ。「か、可愛いじゃねえか」

 終了後プロジェクターを四度起動させて日本映画専門チャンネルHD録画の『怪獣大戦争』を最後まで。

 就寝午前1時過ぎ。
  

|

« 2月24日(火) AV超獣 | トップページ | 2月26日(木) 「泥レス・クレイボーン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月25日(水) 円月係数:

« 2月24日(火) AV超獣 | トップページ | 2月26日(木) 「泥レス・クレイボーン」 »