« 2月5日(木) 『女王陛下のワイルド7』 | トップページ | 2月7日(土) 「スポーンおばさん」 »

2015年2月 7日 (土)

2月6日(金) 『女王陛下のウルトラセブン』

 

2月6日(金) 『女王陛下のウルトラセブン』
 「ダン、陛下の御前なのよ、あくびなんかしないで」とアンヌが。もはや駄洒落になってないのではないか。2月の米国盤ブルーレイ注文リスト。まずは『ミュータント・タートルズ 3D』、そしてギレルモ・デル・トロ製作ダーク・ファンタジー・アニメ『ザ・ブック・オブ・ライフ 3D』、ストップモーションアニメの『The Boxtrolls 3D』 この3D映画3本で送料込みで99.06ドル 日本円にして12,098円。『ミュータント・タートルズ』、『The Boxtrolls 3D』がどちらも30ドル越えなので、この金額はいたしかたなし。すでに米国時間2月6日に発送されているが、届くのはいつものごとく20日過ぎなんでしょうなあ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、物件下見で姪浜まで行ったついでにちょいと足を伸ばして安全食堂でラーメン+替え玉。あれ、今日のラーメンはいささかしょっぱいなあ。替え玉してもまだしょっぱくて替え玉用のタレが必要ないくらいであった。夕食は鯛の刺身、じゃがいもの煮っ転がし、生野菜、キャベツと玉ねぎのみそ汁。ビールは飲まずにゴハンを納豆卵かけゴハンにして掻き込んだ。

 その後シアタールームにて米国盤ブルーレイ『オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式』の続き。やっぱりあの「このマザーファッカーめ!」は何度見ても笑えるなあ。タイムトラベルのパラドックスを逆手に取った見事なギャグだからなあ。

 終了後、今までちびちびと見ていたWOWOWハイビジョン録画の『スーサイド・ショップ』を最後まで。<どんよりとした雰囲気が漂い、人々が生きる意欲を持てずにいる大都市。その片隅で、首つりロープ、腹切りセット、毒リンゴといった、自殺するのに便利なアイテムを販売する自殺用品専門店を開いているトゥヴァシュ一家。そんな商売をしているせいか、父ミシマ、母ルクレス、長女マリリン、長男ヴァンサンと、家族の誰もが一度たりともほほ笑んだことがなかった。人生を楽しもうとしない彼らだったが、無邪気な赤ちゃんが生まれたことで家庭内の雰囲気が少しずつ変わり始め……。(以上、シネマトゥデイより)>という映画なのであるが、まあ、なんかいろいろ変なんです(笑)。

 パパとママが代々継承してきた自殺用品販売という職業にストレスを感じており、特にパパはあまりにも落ち込んでカウンセリングにかかるというブラックなユーモアはなかなか良かったのだけれども、映画のキーマンとなる無邪気な息子のやることがどうにも理解できん。一年分の小遣いはたいて陰気な姉の誕生日プレゼントに美しい薄物のスカーフを贈る。ここまではなるほどほほえましい心温まる光景であろう。

 しかし、その夜、姉は音楽をかけて素っ裸になり、スカーフと踊り戯れる。息子は仲間と語らってそれを見物しているという・・・。いや、これはたぶん、おそらく、陰気な死にとらわれた都市の中で、「性衝動」という生きるための活力が生まれたという表現か、まさか(笑)。さらに息子は友達の父親に頼んで車を大音響カーに改造してもらう。これを自殺用品販売店の前に押していってスイッチオン。車に仕込まれた巨大なスピーカーから放たれた大音響は店を揺るがし、せっかくの商品をむちゃくちゃにしてしまうのだ。これでは単なる営業妨害だと思いきや、たまたま来店していた自殺志願の若者が姉と恋に落ち、結婚させてくれといいだす。家族は大喜び、彼の勧めにしたがって自殺洋品店を美味しいクレープの店にして大繁盛。街に明るい笑いが蘇るって、青年がいなかったらどうなってたんだよ(笑)。

 なお、街に明るい笑いが戻ってくると地面から今まで自殺してきた人々の魂がふわっと抜け出てくる。わあ、エヴァみてえ。

 店が壊滅した後、怒り狂ったパパは日本刀を持って息子を追い掛け回すのだがこのパパの名前はミシマ(笑)。いや、いくらミシマだからと言って「狂鬼人間」の大村千吉みたいなことをやらせなくても。その他の家族の名前も娘「マリリン」はマリリン・モンロー、息子「ヴァンサン」はヴィンセント・ヴァン・ゴッホのフランス語読み。いずれも自殺した世界的な有名人ばかりでまことにいたれりつくせりの心遣い。こういうところは見習わないといけませんね、明智先生。

 (個人的にはマリリン・モンローの死はオーヴァードーズによるものと思っています。あ、謀殺とか陰謀は信じていないので、勘違いしないようにお願いします)

 ハイビジョン画質は超絶的。美しい発色、強烈なまでのコントラストのダイナミズムが私に3Dで見ているかのような錯覚を起こさせる(この映画は3D公開)。音声はAAC5.1チャンネル。こちらもよく作りこまれていて都市の陰気な環境音がリアル、リアル。

 終了後、シャワーをあびてあれこれ。

 就寝午前3時過ぎ。

|

« 2月5日(木) 『女王陛下のワイルド7』 | トップページ | 2月7日(土) 「スポーンおばさん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月6日(金) 『女王陛下のウルトラセブン』:

« 2月5日(木) 『女王陛下のワイルド7』 | トップページ | 2月7日(土) 「スポーンおばさん」 »