« 3月15日(日) 伊東に行くなら波動や、波動やに決めた | トップページ | 3月18日(水) 「担保のお酒」 »

2015年3月19日 (木)

3月17日(火) 「耳なしホーチミン」

 

3月17日(火) 「耳なしホーチミン」
 「耳なし芳一」、芳一、平家の幽霊に両耳を引きちぎられた惨劇、は名物を作って客(檀家)を呼ぶための阿弥陀寺住職の陰謀だった説をとなえる私が考えた駄洒落。今日は異様に温かい。イシガメも今年初の陸場上陸を果たし、無事に冬眠を終えたようである。しかし、イシガメとは対象的に冬眠箱の中で未だにぴくりともしないマルギナータリクガメ。さすがに心配になって掘り起こしてみたら、いやあ、良かった、ちゃんと生きていてくれましたよ。屋外飼育場に置いてみると、そのまんなシェルター代わりの犬小屋に直行、また眠り始めてしまいましたけどね。どうもこのリクガメの目覚めるタイミングというのはイシガメのごとく気温ではなく、体内時計によるものらしい。本当かどうか知らないけど(笑)。

 なお、明日から雨となり気温も下降気味となるようなので、マルギナータリクガメは夕方には冬眠箱に戻してしまった。本格的な目覚めまではもう少し待たねばならないだろう。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのサンドウィッチとコーヒー。昼飯は納豆ごはん。インスタントのみそ汁つき。夕食はマーボー豆腐に生野菜、茄子の煮物。ビールはもちろん我慢してゴハンを一膳。

 その後、シアタールームにてレンタルブルーレイの『エクスペンタブルズ3』を見る。ストーリーはアレだ、お約束の冒頭のミッション成功、その次のミッションが失敗してラストのミッションで取り返すぜという展開はもう前作とまったく同じ。ワンパターンというより、これをやってくれないと『エクスペンタブルズ』じゃねーよという開きなおりっぷりを楽しむべきだ。

 いつもながら、これだけのオールスター映画、まあ、なんというかある種一定の層に特別にアピールする顔ぶれですけど(笑)でありながら、それぞれのキャラが埋没してしまわないのはさすがだと思う。ドルフ・ラングレンなんか若手がコンピューターを駆使していろんなことをやってのけてしまうのを見て、自分も腕装着型の携帯端末を持つようになるのだが、実際は真似しただけ、できるのはせいぜい天気予報を見るだけというギャグには苦笑させられましたなあ。

 実に面白い映画だったのだが、残念だったのはあのエクスペンタブルズの飛行艇がフツーの輸送機に変わっていたこと。ジェイソン・スティサムが機首からぴょこっと顔を出して機関砲をどすどす撃ったり、大口径のカノン砲で敵を粉砕!というあの飛行艇のいい意味でのバカさ加減が『エクスペンタブルズ』という映画の世界観の象徴だったのだがなあ。まあ、前作でヴァン・ダムのプルトニウム鉱山に機体ごとトツゲキしてたから仕方ないのだけれども。

 画質・音質も優秀。画質はとにかく解像度感に優れ通常映画とは思えないほどの奥行きと立体感を楽しませてくれる。音声はドルビートゥルーHD。爆発音の迫力、頭上を飛び交うヘリコプター、重々しい機銃の発射音。どれをとっても一級品だ。

 終了後、シャワーを浴びて「ジョイランド」に没頭。あまりに没頭してコーフンしたせいか、午前4時半過ぎまで寝られませんでした、はい。

|

« 3月15日(日) 伊東に行くなら波動や、波動やに決めた | トップページ | 3月18日(水) 「担保のお酒」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月17日(火) 「耳なしホーチミン」:

« 3月15日(日) 伊東に行くなら波動や、波動やに決めた | トップページ | 3月18日(水) 「担保のお酒」 »