« 4月10日(金) ABBA踊り | トップページ | 4月12日(日) 和布刈っ子 »

2015年4月13日 (月)

4月11日(土) 「ああっ、和布刈さまっ」

 

4月11日(土) 「ああっ、和布刈さまっ」
 「時間の習俗」駄洒落。「習俗」ある地域やある社会で昔から伝わっている風俗や習慣。風習。ならわし。この駄洒落のために検索して初めて「習俗」の意味を知ったわたくしです。なんと、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅはイルミナティの手先だそうな!その証拠は彼女の初CDシングル 「つけまつける」のPVである。このPVでは目玉やまつげが強調されるのだが、これがフリーメイソンの象徴である「プロビデンスの目」に酷似しているのだ。

 いや、だったらイルミナティではなくてフリーメイソンでしょとか、イルミナティの手先でいろいろ悪いことをしようという人がなぜ、わざわざ、PVで自ら秘密をばらさなければならないのかとか、そういうことを言ってはいけない。イルミナティのような世界的巨大謀略組織の企みは我々一般人がとうてい理解できないレベルにある。こういう話を聞いて「そんなアホな!」とツッコンでしまうのがそもそも彼らの企みに乗せられてしまうことなのである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。昼飯は冷凍うどんとトマト2個。夕食はかつおの叩きと生野菜、アメリカ産牛肉ステーキ。ビール500ml缶一本飲んでゴハンを一膳。

 その後、シアタールームにて地上波デジタル録画の『映画クレヨンしんちゃんガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』を見る。前々から泣ける、久々に感動できるクレしん映画と聞いていたのだが、私的にはソッチの方はたいしたことはなかったかなと。涙腺刺激要素はふんだんに盛り込まれているものの、ごく全うな手法で、いいかげんスレてきている50男にはあまり効果がなかったようである。

 だが、映画そのものはやたらに面白かった(笑)。雷親父による父親の復権という古臭い概念、ちちゆれ同盟の意味のなさ、黒幕たる黒岩の動機の情けなさがクレしん映画のひとつの特徴である「ナンセンス」をさらに先鋭化させ、「父親と家族の物語」という本来のテーマにラジカルな特異点を与えている。私はこういうのが好きなんですよ!巷では「オトナ帝国」以来の良作という評判が多いが、私にはむしろ「ヤキニク」以来の面白さと言ったほうがしっくりとくる。

 ハイビジョン画質は意外と良い。放送規格の限界によるブロックノイズは仕方ないけれども、それなりに解像度が取れており、発色も美しい。音声はAACステレオ。しっかりとした重低音に驚かされる。

 その後、シャワーを浴びてお酒。明日は校区のソフトバレーボールとグラウンドゴルフ大会なので、とっとと酔ってさっさと寝る。

|

« 4月10日(金) ABBA踊り | トップページ | 4月12日(日) 和布刈っ子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月11日(土) 「ああっ、和布刈さまっ」:

« 4月10日(金) ABBA踊り | トップページ | 4月12日(日) 和布刈っ子 »