« 5月16日(金) 不幸の振り子 | トップページ |  5月18日(月) ファウストフード »

2015年5月18日 (月)

5月17日(日) 『さよならつるぺた』

 5月17日(日) 『さよならつるぺた』
 はい、一応、『さよならジュピター』の駄洒落ですね。米国盤ブルーレイ 『バンドワゴン』についてちょっと書き忘れていたこと。このブルーレイには当たり前のように日本語字幕がついている。メニュー画面もフツーに日本語。使い勝手は国内盤とまったく同一である。

 なお、一緒に購入した『カラミティ・ジェーン』、『キス・ミー・ケイト 3D』の日本語字幕の有無は未確認。今晩にでもさっそく見てみようと想う。

仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。昼飯はサッポロ一番塩ラーメンとトマト一個。
 夕食はちょっと事情があってコンビニ飯。酢砂肝でビール500ml缶一本飲んで冷凍うどんを使ったぶっかけうどん。うどんにたっぷりの大根おろし、レモン汁、博多万能ねぎの刻み、チューブのショーガを入れて頂きます。

 うどん全体をむりむりとかき回してやると大変に美味しくなります。

 その後、WOWOWハイビジョン録画の『バーニングブライト』を見る。フロリダの自宅で何を考えたのかサファリパークを作ろうとしている男。その家も金も全部、死んだ奥さんの残したものだけど。

 連れ子の姉弟がいるが、弟の方が自閉症。介助なしでは生活ができないレベルであり、姉は彼を施設に入れようとしたのだが、そのお金も義父が使っちゃった。激怒する姉であるが、義父は一切お構いなし。でれでれとサファリパークの準備を進めるのみである。

 なお、サファリパークであるから牛や馬などのおとなしい奴ばかりじゃないぞ。バイトを入れても6人位しかいないのに、虎を買っちゃったぞ。その虎は調教のため、餌を与えられておらず、大変に気が立っている。早くも従業員の手を一かじり、病院送りにしちゃった。こんなサファリパーク、絶対失敗するって(笑)。

 しかもこの義父は観客たる我々の想像を遥かに超えた悪党であった。彼は姉弟に保険を掛けて殺そうとしていたのだ。虎はそのために購入したのだった。台風対策の名目で家中の窓やドアを板でふさぎ、虎を送り込む義父。悪いやっちゃなー。

 でもこんなことしたらすぐに彼の仕業だと分かってしまうと想うけど(笑)。

 狭い家の中を逃げ回る姉弟。正直言ってこのサスペンスはたいしたことなし。場所があまりに限定されているので、どうしても単調でワンパターンにならざるを得ない。オチも私が予想したものと1ミリたりとも違わなかったりする。

 この映画で面白かったのは嵐の最中なのに満員御礼のバー(笑)で義父と保安官の交わす会話か。保安官は「あの二人にとって君は救世主みたいなもんだな」と妙に義父を持上げるのだが、嵐の真っ最中に家に二十歳そこそこの娘と、自閉症の弟を残してバーで酒を飲んでいる(彼らが虎に襲われて死ぬのを待っている)男に言うべき台詞ではあるまい。

 それに地元の保安官だったら、「お前、いくらサファリパークつくるからいうて、虎買うたらあかんやないの、危ないわ」ぐらい注意しなければならんと思うのだ。

 この二人の会話がひょっとしたらこの地域での子供の扱い方の酷さを暗示しているのかも知れない・・・というのは考えすぎですか。

 ハイビジョン画質は暗部の情報をうまく保持している。まあ、そのせいか、オープニングですごいトーンジャンプが出ていたけれども。

 音声はAAC5.1チャンネル。家を揺るがせる風の音がリアル。遠くから響いてくる虎の足音も怖い。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「そこまで言って委員会」 中国産食品に関する誤解は以前とまったく同じ。いまだに大声で「俺は中国産は食べないから」とか言っている人がいて閉口する。

 まったく台湾のことを笑えんよ。

 就寝午前1時過ぎ。

|

« 5月16日(金) 不幸の振り子 | トップページ |  5月18日(月) ファウストフード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月17日(日) 『さよならつるぺた』:

« 5月16日(金) 不幸の振り子 | トップページ |  5月18日(月) ファウストフード »