«  5月18日(月) ファウストフード | トップページ | 5月20日(水) 日本邪教徒協会 »

2015年5月21日 (木)

5月19日(火) 「軽火器屋ケンちゃん」

 5月19日(火) 「軽火器屋ケンちゃん」
 ああっ、ケンちゃんが死の商人に!『バンドワゴン』に続く米国盤ブルーレイMGMミュージカル日本語字幕がついているか、ついていないか報告第二弾。

 『カラミティジェーン』は日本語字幕あり。メニュー画面も日本語。『キス・ミー・ケイト』は残念ながら日本語字幕はなし。メニュー画面もそのまま。

 アベノミクスによる円安誘導のおかげで米国盤ブルーレイを個人輸入する金銭的なメリット(要するに米国盤安いじゃん!ということ)はかなり減ってしまったけれども、それでもこうした日本語字幕付のブルーレイは魅力。だってフツーに国内盤買うより凄く得したような気分になるんだもん(笑)。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、昼飯に久々のゆきみ家で味噌ラーメンと小ゴハンのセット。夕食はマグロの刺身と生野菜、サトイモとイカの煮物。ビールは飲まずにゴハンを一膳。

 その後、シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『ミッション15』を見る。任務中の戦闘や事故などで深刻なPTSDを抱えた3人の米国陸軍兵士が療養施設のエレベーターに閉じ込められてしまった!3人はパニック状態となり、ついには一人の兵士が殺害されてしまう!という映画。

 はい、例によってこれは米軍の偉い人が画策した実験でした。PTSDの特効薬の効果を試したかったのです(笑)。

 3人がパニックとなってそのうち一人が殺されてしまった時点で実験は失敗だと思うけれども、そこから実験を継続する意味がよく分からず、ストーリー展開がかなり無理やりになってしまった印象。

 それにPTSDとは関係なしにいくら核攻撃を受けて、放射性物質が迫っていると知らされていたとは言え(ウソだけど)エレベーターシャフトの上のほうから降ってきた埃に放射能だ、死ぬ死ぬと叫びながら右往左往してしまうというのは兵士として失格なのではないか(笑)。

 ハイビジョン画質はあまり良好とは言えず。ノイジーで解像度も取れていない。舞台がほぼエレベーターとエレベーターシャフトに限定されているからこんな低画質でも我慢できたりして。

 音声はAAC5.1チャンネル。閉鎖空間での音の伝わり方が上手く表現できている。

 その後シャワーを浴びていろいろ。WOWOWハイビジョンのゴジラ一挙放送の『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』をブルーレイメディアにコピー。一枚のBD-R DL50GB一枚に『キングコング対ゴジラ』、『怪獣大戦争』、そしてこの『南海の大決闘』を入れたら残17分。
 これだけ余すのはもったいないから、いや、地上波デジタルの30分番組なら楽に入りますので、後はタモリ倶楽部か何か入れようと思います。

 就寝午前2時過ぎ。

|

«  5月18日(月) ファウストフード | トップページ | 5月20日(水) 日本邪教徒協会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月19日(火) 「軽火器屋ケンちゃん」:

«  5月18日(月) ファウストフード | トップページ | 5月20日(水) 日本邪教徒協会 »