« 5月19日(火) 「軽火器屋ケンちゃん」 | トップページ | 5月21日(木) 人喰いジーン・シモンズ »

2015年5月21日 (木)

5月20日(水) 日本邪教徒協会

 5月20日(水) 日本邪教徒協会
 ジェラートと邪教徒って似てなくね?駄洒落。ちなみに元になったのは日本ジェラート協会です<http://www.italiangelato-kyokai.com/

 この間物件下見にいった福岡市某所、福岡空港の進入路の直下に当たっているので驚くほどの数の旅客機が上空をきゅーん、きゅーんと飛んでいく。旅客機だけではない、航空自衛隊のT4練習機もきゅーん、きゅーんと飛んでいく。

 その高度は低く、天候によっては手を伸ばせば届くほど・・・というのは大げさ(笑)だけど、もし、このファイナルアプローチをしくじって着陸直前に墜落などしようものなら、そこは住宅街の真っ只中。間違いなく日本の航空機史上最悪の超惨事(こんな言葉はないけれども、大惨事程度ではこの危うさを表現しきれない)となる。

 この立地、そして旅客機の発着枠がもはや限界に達していることから、福岡空港移転の計画が持ち上がっているのだが、なかなか進展しない。だって、とにかくチョー便利だもん(笑)。俺んちからだってバスと地下鉄で片道470円で行けちゃうんだもん。

 本日は休み。午前7時半に起きだしてコーヒーとマヨネーズで和えたシーチキンを挟んだホットサンドで朝飯。

 その後午前9時からプロジェクターを起動。レンタルブルーレイの『カムバック』を見る。サルサダンスの天才であった少年。彼は妹とコンビを組んでコンテストで連戦連勝。ついに世界大会までこぎつけた。しかし、試合開始の直前、不良少年たちにぼこぼこにされた彼は出場できず。これがトラウマとなってサルサを封印・・・25年たった彼は太りかえったさえない中年男になっていた。
 
 そこへ現れたのが美人の上司。サルサを習っている彼女の気を引くために彼は四半世紀の長きにわたった封印を解くのであった・・・というお気楽前向き映画(笑)。

 デブの冴えない中年男が美人上司に恋をするストーリーなどというものはイタくなりがちだけれども、この映画の主人公はそういったところがあまりない。仕事も上手くいっているし、友達との付き合いも上々。ウルトラ助兵衛で口が悪くて面倒くさい同僚が悩みの種であるが、そう深刻でもなし。

 こうした主人公が努力を重ねて、まあ、画面だとあまり頑張っているように見えないけれども、体型もそのまんまだけど(笑)、サルサダンサーとして復活、そしてついに意中の人を手に入れる。こういう映画はいつまでたっても嫌いにはなれないなあ。

 ちなみにウルトラ助兵衛で口が悪くて面倒くさい同僚がどのくらい助兵衛なのかは以下の台詞を参考にしてください。

 「俺はあの女(上司)と寝てやる。彼女に俺の匂いをべったりとつけてやる。そしてこう言わせてやるんだ。アラ、何度シャワーを浴びても彼の匂いが消えないわってな」私、ドン引きしました(笑)。

 ハイビジョン画質は良好。映像ダイナミックレンジの広さに驚かされる。音声はDTS-HDマスターオーディオ。BGMの品位が恐ろしく高い。その緻密さ、定位の確かさはまさに三次元的と言える。

 終了後は昼酒。ビール500ml缶一本。おつまみは朝のシーチキンの残り、それに鳥わさ。鳥わさと言ってもスーパーで買ってきた鳥ささ身をちょっと塩を入れた湯で5分ほど茹でただけ。筋なんか取ったりしない。これを切り分け醤油を掛ける。そこにチューブのわさびとみじん切りにした長ネギをどっさり。簡単だけど美味いんだよ、これ。

 仕上げにざるラーメン。茹でもやしとスライスドトマトを乗っけてつゆをぶっかけた冷やし中華風だ。今日はちょっと思いついてラー油をたらして辛味をプラスしてみたら・・・、うあああ、すっげえ美味い。

 その後、亀の世話。主にマルギナータリクガメの屋外飼育場の掃除。ホースで水を掛けてごしごしやっているとシェルターに放り込んでおいたマルギナータが這い出してきて、いかにも水を浴びたそうなそぶりを見せる。ウウーム、こいつのこういう行動は初めてみるなあ。

 夕食はコチの刺身、生野菜、出来合いのコロッケ。ビール500ml缶一本飲んでゴハンを一膳。

 その後、シアタールームにてレンタルブルーレイ『ワイルドカード』を見る。ラスベガスを拠点に便利屋めいた商売をしているジェイソン・ステイサムという設定が好き、その腕っ節を地元のギャングのボスに買われて組織に誘われたのを断っていたという設定もハードボイルド。

 彼自身は「すってんてんになるまで賭けをやめられず、少なくとも80万ドルくらいすっている」というギャンブル中毒を自覚しているのだが、でもいろいろしがらみがあって街を離れられないという昔のハードボイルド探偵のような古臭さもこれまた良し(この映画自体がバート・レイノルズ主演の『ビッグヒート』のリメイク)。

 演技派としてのスティサムを存分に楽しめる良作であります。あ、もちろん、彼独特の超絶アクション風味もいつもより薄味だけどちゃんとありますのでソッチ方面でも楽しめますよ。

 ハイビジョン画質は暗部に難あり。階調表現はしっかりしているもののノイズが目立つ。音声はDTS-HDマスターオーディオ。カジノの喧騒音を鮮やかに表現してみせた。

 終了後シャワーを浴びてお酒。お供は録画しておいた「ナイトシャッフル」ひれひれ酔って午前一時過ぎに就寝。

|

« 5月19日(火) 「軽火器屋ケンちゃん」 | トップページ | 5月21日(木) 人喰いジーン・シモンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月20日(水) 日本邪教徒協会:

« 5月19日(火) 「軽火器屋ケンちゃん」 | トップページ | 5月21日(木) 人喰いジーン・シモンズ »