« 5月21日(木) 人喰いジーン・シモンズ | トップページ | 5月23日(土) 「花月のプリンセス」 »

2015年5月23日 (土)

5月22日(金) 名古屋コーシン

  5月22日(金) 名古屋コーシン
 コーシンが高信太郎のニックネームであることなど今の若い人たちには分からないだろうなあ。ついでに言うと、私にもこの人は漫画家であることしか知らない。
 小林信彦の「天才伝説 横山やすし」でやすしの取り巻きであった彼が午後の3時なのに、ホテルの一室ででろでろに酔っ払っていたというエピソードを読んで以来うさんくさい人だと思っている。

 マルちゃんの「北の味わい ざるラーメン 和風つゆ」が信じられないほど美味しい。これをどんぶりに盛り、茹でもやし、スライスドトマトを乗っけて添付のつゆをかけ、ラー油をちょっとたらして辛味をつけると、まさに天上の美味、うわああ、こう書いているだけでも堪らなく食べたくなってきた、腹がぐーっとなって口中に唾が湧き出してくる、うおおおお。

 これはかなり大げさだけれども(笑)、このざるラーメンは本当に美味しいので皆様、どうぞ、お試しあれ。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。昼飯は前述の美味しい、美味しいざるラーメン。もやしとトマトをトッピングし、さらにラップで包んで電子レンジで三分加熱した長ネギも食べた。野菜をむやみに食べた昼メシであった。

 夕食はわらさの刺身、野菜炒め、出来合いの鶏天。ビール500ml缶一本飲んでゴハンを一膳。

 その後シアタールームにてレンタルブルーレイの『ファイアーレスキュー』を見る。大掛かりなセットは見ものだけれども、CGが駄目。わざとらしくて現実感がまるでない。そして何よりの欠点はストーリーが粗雑なこと。

 小学校の発電所見学というのはあんなに長くかかるものなのか(笑)。朝から入って帰るのは暗くなってからというのはいくらなんでも長すぎるだろう。それに3人も子供がいなくなっているのに気づかず、バスを発車させてしまう先生もいかがなものか。

 そして、主人公の同期の署長の間抜けな死に方も酷い。パイプラインの近くの工場で火災が発生。鎮火したものの、パイプライン付近の温度が上昇、とても心配だ、調べなければというところで署長が2階から転落して死んでしまうという・・・。彼を助けられなかったと苦悩する主人公って、なぜ、ここでストーリーをぶっつりと中断させてしまうか。

 パイプラインが危ない、なんとかしなきゃとあせっていたのがバカみたいではないか。しかも、この間、発電所の中で閉じ込められた子供3人が延々とさまよい続けているのである。

 この時系列の不自然さにみんな気がつかなかったのかね。

 ハイビジョン画質は黒が浮いており、数箇所で鬼のようなトーンジャンプが発生していた。音声はドルビートゥルーHDアドバンスド96kアップサンプリング。サラウンド音場の濃密さ、解像度の高さ、どれをとっても一級品。

 終了後、シャワーを浴びてあれこれ。午前12時過ぎからプロジェクターを再起動させて『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』を最後まで。

 ペアバンビの小美人に激しくイラつく(笑)。彼女たちに罪はもちろん、ないのだがあの濃い顔立ちがモスラという存在には合わんのである。

 就寝午前2時過ぎ。 

|

« 5月21日(木) 人喰いジーン・シモンズ | トップページ | 5月23日(土) 「花月のプリンセス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月22日(金) 名古屋コーシン:

« 5月21日(木) 人喰いジーン・シモンズ | トップページ | 5月23日(土) 「花月のプリンセス」 »