« 5月27日(水) B級ブルーメ | トップページ | 5月30日(土) 『ゴジラ対明太ゴジラ』 »

2015年5月29日 (金)

5月28日(木) 「笑点ガール」

 

5月28日(木) 「笑点ガール」
 「書店ガール」のですね、ブックオフの108円本になっているのを買ってきてですね、自炊してメチルトラン処理をしてキンドルで読み始めるくらいの時期にテレヴィドラマ化されるわけでして駄洒落。「ドS刑事」や海堂尊氏の「バチスタシリーズ」(映画化含む)なんかもそうでありましたな。5月21日に放送された「ケンミンショー」で「福岡は美人が多い、福岡美人カタログ」みたいな企画をやっていたが、ちょっと疑問あり。最後に登場した格闘技美女が語尾に「~だっちゃ」とつけていた。

 福岡の人は語尾に「~だっちゃ」とかつけないっちゃ(笑)。ラムちゃんじゃないんだから。あの人は福岡でも市内ではなく、県内の熊本、佐賀あたりに近い出身ではないのか、番組では明確に福岡=福岡市となっていたから、これはいわゆるやらせではないのか。

 まあ、私の方言に関する知識も怪しいところがたくさんあるのであまり本気にしてはいけません。

 最近のマルギナータリクガメ。あまりに暑い時には日中でもシェルターの犬小屋に避難して日差しを避けているのだが、私が掃除のためにホースで水を流していると、とてとてと這い出してくる。どうやら「おっちゃん、暑いから水かけて、水、水」ということらしい。その要望に応えて水を掛けてやると大変にキモチ良さそうにしている。これもリクガメ屋外飼育の楽しみの一つであろう。

 しかし去年、屋外飼育を始めた頃とはえらい違いだ。5月にと学会エクストラのために上京したのだが、あまりにもマルギナータリクガメが犬小屋にこもりっきりでエサもろくざま食わなかったので、心配になって旅行前に屋内飼育へ戻したくらいだったのに。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。昼飯は冷凍のうどんを使った月見うどん。夕食は出来合いのとんかつ、生野菜、ポテトサラダ。缶ビール500ml缶一本飲んでゴハンを一善。

 その後、本日届いたばかりの『宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟』を大画面鑑賞。いやあ、ガトランティスの大都督の頭の悪さがすげえいい(笑)。作戦指示システムをテーブル代わりにして山海の珍味をてんこ盛りにしたり、出撃する時には艦橋でどんがどんがと太鼓をたたかせたり、ガミラス人が彼らを蛮族と呼んでいたのが大いにうなずける。サーベラーに「このおバカ!」と叱られてうへえと頭をすくめるさまは、なんか昔のSFロボットアニメの悪役みたい。

 彼が多用する必殺兵器、「火焔直撃砲」もなんだか知能指数低め。ガミラス人科学者を科学奴隷にして作らせたこの武器は空間転移システムを利用して敵艦の射程距離外から一方的に攻撃できるという優れものなのだが、大都督はこれを考えなしにぶっぱなすだけ。大帝から「静謐の星」確保を命じられているのに、どっかんどっかん直撃させて穴だらけにしてしまったりする。

 後ろから突撃してきたヤマトに「我が艦に死角なし」と叫んで火焔直撃砲をパージしてぶつけようとするのだが、これもあっさり交わされてしまうのであった。なんとカッコ悪い!

 もう、俺はこのキャラだけで大満足です(笑)。

 まあ、ちょっと古代が物分り良すぎるキャラになっていたのが、不満か。映画から全力で「彼は成長したんだ、真田さんだって感心するほどなんだ」という雰囲気が伝わってくるのだが、やっぱり古代は島と「おまえ、おまえ島!!」「おまえ、おまえ古代!!」と喧嘩するぐらい未熟で熱いキャラが似合っているのですな。

 ハイビジョン画質は大変に良好。ジャングルでのシーンで木々の葉の重なり方、隙間から見える空、に恐ろしいほどの立体感と奥行き感がある。音声はドルビートゥルーHD 5.1チャンネル。音の定位、移動感の表現にすぐれたサラウンド。

 終了後、シャワーを浴びていろいろ。就寝午前2時過ぎ。

|

« 5月27日(水) B級ブルーメ | トップページ | 5月30日(土) 『ゴジラ対明太ゴジラ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月28日(木) 「笑点ガール」:

« 5月27日(水) B級ブルーメ | トップページ | 5月30日(土) 『ゴジラ対明太ゴジラ』 »