« 6月11日(木) イリヤッド干し | トップページ | 6月13日(土) 世界産休遺産 »

2015年6月14日 (日)

6月12日(金) 産休スパイ

 

6月12日(金) 産休スパイ
 スパイだって妊娠します。「ファインダーズキーパーズ」読了39パーセント。モリーは囚人たちの代書屋、あるいは無実の罪で投獄された人間の再審請求手続き代行などをやっている。

 彼は模範囚であったが、何度仮釈放を申請しても受理されない。それは彼がレイプした女性のためであった。仮釈放が審査されるたびに頼まれもせずにやってきては審査委員会で、「私はあの男のために一生を台無しにされました。今でも悪夢を見ます、結婚だってできません。あの男のせいでセックス恐怖症になったからです」(まあ、本当にそんなことを言っているのではないが、だいたいこんな内容)。彼女はキリストにその身をささげたようである。

 彼の仮釈放が認められる日はくるのであろうか。

 モリーはそんな彼女にとっておきの手紙を書く。それは彼が刑務所の中で行った仕事として文句なく最高峰のものであった。

 自分がいかに罪を悔いているか、あなたにすまなく思っているか、自分は刑務所内で依存症の会に属しておりスポンサーとして数人の依存者を回復に導いた。仮釈放された暁には同じような仕事をしたい。そして、自分もキリストにこの身をささげたい・・・。

 モリーは確信した。この手紙はきっと彼女を感動させ彼の仮釈放に同意してくれるであろう。はたして彼女から返事がきた。今まで何回手紙を書いてもなしのつぶてだったのに。

 モリーは期待に胸を膨らませ手紙を読む。そこにはたった一言、「刑務所の中で腐れてしまえ、バカ」(I hope you rot in there.)とだけ書いてあった。

 モリーさんには悪いけれども、わたしゃ大笑いしてしまったですよ。

 いよいよホッジス、ホリーの登場。あの事件から4年が経過して、ホッジスは自分の探偵事務所を立ち上げている。従業員はホリー。そしてその事務所の名前は「ファインダーズキーパーズ」である。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの朝飯にコンビニのハンバーガーとコーヒー。昼飯はマルタイ棒ラーメン1食分とコンビニの冷凍チャーハン。

 夕食はカツオの刺身、生野菜。ビール500ml缶一本飲んで後はおじや。丼にゴハンとインスタントみそ汁、卵をぶち込んでお湯をばしゃっ。テキトーにかき混ぜて出来上がりという代物。あんまり美味しくなかった(笑)。

 その後シアタールームにて映画もみずに前述の『ファインダーズキーパーズ』を読んでいたのである。

 午前9時過ぎにシャワーを浴びてお酒。明日は校区の少女ドッヂボール大会で午前6時半起きなのでとっとと酔っぱらってとっとと寝る。

|

« 6月11日(木) イリヤッド干し | トップページ | 6月13日(土) 世界産休遺産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月12日(金) 産休スパイ:

« 6月11日(木) イリヤッド干し | トップページ | 6月13日(土) 世界産休遺産 »