« 6月21日(日) 博多モッツァレッラ鍋 | トップページ | 6月23日(火) 「新人類郎」 »

2015年6月23日 (火)

6月22日(月) 「ロボットゲイボーイK」

  6月22日(月) 「ロボットゲイボーイK」
 「嫁入り前の娘に変な噂が立つと困るから家には近づくな」にはびっくりしましたよ駄洒落。「ファインダーズキーパーズ」 モリーはピートの家を襲撃。リンダが「あなた、いったい誰なんで」ずどん、頭を撃たれてしまう、ええっ!モリーはティナを人質に取る。このキチガイは幼いティナを平気でひっぱたいたりするんである。

 もう最近は幼い子供に暴力が振るわれるということがフィクションの世界でも嫌になってしまいました。

 そしてモリーはピートに電話(ティナの携帯を使った)。「妹の命が惜しければノートブックを渡せ。準備ができたら電話しろ!」彼はいやがるティナを無理やり例の隠れ場、レクリエーションセンターへ連れて行く。

 ピートは自宅に到着。倒れているママを見て愕然とする。もうこの人は愕然としてばかりなのだ。ママは大量に頭から出血していたけれども、銃弾によって頭皮を引き裂かれていて頭蓋骨が露出していたけれどもなんとか大丈夫そうだ。ピートはママから「あいつがティナをさらっていった」と聞いて後を追う。

 ああ、もちろん、その前に救急車を呼びました。ホッジスたちにも電話を掛けて状況を伝えました。

 彼の後を追う途中、ティナの服の切れ端が木の枝に引っかかっているのを見て、「あいつは俺たちの家に住んでいた。だからこのあたりにトランクを埋めたんだ。あいつはレクリエーションセンターを知っている。あいつもあそこを隠れ家にしたんだ」

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニのお握りとカップの豚汁。ウウーム、この豚汁もあなどれん。ちゃんと豚肉の味がする。昼飯は回転寿司。久しぶりに食った鰯の生臭さに感動(笑)。いや、鰯というのはもともとこんな味なんですよ。鰯を持ち上げるのは大いに結構なのだけれども「いやーん、ちっとも生臭くないん!」みたいな評価はかえって鰯の本質を貶めるものだと思うんですよ。

 夕食はオムレツ、マグロの刺身、生野菜。ビール500ml缶一本飲んでゴハンを1膳。

 その後シアタールームにてWOWOWハイビジョン録画の『万能鑑定士Q モナリザの瞳』を見たのだが、これがひどい映画でさあ(笑)。

 いや、原作が原作だからひどい映画だろうなと思っていたとは思っていたんだよ。でも実際の映画はそんな私の予想をはるかに上回っていたという。なんでこんなでたらめなものが作られて一般公開されるのか。そしてこんなでたらめな映画を見て「よくまとまっている」などという人間がいるのか。本気と書いてマジと読むでおっかない。

 冒頭の宝石強奪事件からして狂っている。犯行現場の階下にわざわざ外部の人間を集めてパーティ。天才の綾瀬はるかは食材を調理する音を巧みに利用して上階の宝石ギャラリーでケースを壊すために使った電動ドライバーやドリルの音をマスクさせたのです!と看破するのだが、だったら最初っから階下に人を集めなきゃいいじゃねえか。

 天才の綾瀬はるかはパリで行われたルーブル美術館のオーディションに合格。その場で軽井沢で合宿します!と言われる。でもその軽井沢の合宿はモナリザ強奪を目論む悪の組織がやっていることでルーブル美術館のあずかり知らぬこと。そんなのありえない、ありえない。

 天才の綾瀬はるかは犯人の服装を見てとれたボタンをそのままの材質で交換してくれるようなサービスをしてくれるのはあのホテルしかないと看破。ここまではいい。でもその後がいけない。警察がそのホテルに押しかけて「これこれこういう人物が泊まっていなかったか」と聞くかと思えば「ゴミ置き場はどこだ」ホテルのすべてのゴミを調べ始めるという。ええ、これは犯人から「今からモナリザを燃やすぞ」という電話が来た後の出来事です。 もう間に合う、間に合わないのサスペンスの次元を超えた驚きの展開です。

 何百室分もあるホテルのゴミからとれたボタンが見つかった!のにも大笑いしてしまったが、その後の展開はもっとひどい。犯人の部屋のゴミに買い物のレシートが何枚も残っていた。そのレシートから買い物した場所がわかる。それは某所だ、やつらはそこにいる、某所の高層マンションを探せ!

 重要な手がかりとなるレシートを何枚も、それもホテルのゴミ箱にまとめて捨てる犯人とかいや、フツーおかしいと思うだろ、ありえないって思うだろ、でも今の邦画はそういうのを当たり前にやっちゃうんだよ。

 でさ、そういうどうしようもない映画をほめちゃう奴っていうのが当たり前に存在するんだよ。

 ハイビジョン画質も映画の内容にふさわしくダメダメ(笑)。全体に細かなノイズが乗っており暗部の諧調もまったく出ていない。音声はAAC5.1チャンネル。こけおどし的に使われる低音はなかなかのハイクオリティ。良かったのはそこだけか。

 終了後シャワーを浴びてあれこれ。就寝午前2時過ぎ。
 

|

« 6月21日(日) 博多モッツァレッラ鍋 | トップページ | 6月23日(火) 「新人類郎」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月22日(月) 「ロボットゲイボーイK」:

« 6月21日(日) 博多モッツァレッラ鍋 | トップページ | 6月23日(火) 「新人類郎」 »