« 7月28日(火) 二つ目と見られぬ顔 | トップページ | 7月30日(木) 「ショーシャンクの軍師」 »

2015年7月30日 (木)

7月29日(水) ECMの不養生

 7月29日(水) ECMの不養生
 ECMに頼り切り索敵、警戒を怠っているうちにECCM掛けられて撃墜された某国の戦闘機。私のシアタールームには小ぶりなキッチンがついておりまして、その換気扇を最大で回すと寝室の窓から風が盛大に入ってくるようになります。これを利用すれば寝室の温度を十分に下げることができエアコン要らず、電気代を節約できる。換気扇の音も寝室からはさほど気になるものでもなし。

 ルーフバルコニーへの窓を開けっぱなしにしなければならないので、防犯上の不安があるのだが、窓抑えロックを通販で購入することにより解消された。これはサッシのレールを使ってベランダ側の窓を押さえつけて固定するもの。ベランダ側の窓はもちろん、動かなくなり、室内側の窓もこれに遮られてそれ以上は開けられなくなる。

 よし、これでこの夏は少なくとも寝ている間はエアコン要らずと思ったのですが、まあ、そうはいきませんなあ(笑)。梅雨明けしたとたん、暑さに通用しなくなっちゃいました。いくら風が入ってきても室温がそれほど下がらなくなるのであります。

 俺のハードボイルド。「俺が車の免許を取ったのは田舎町だったのだが、その教習所で路上教習を受けている時、一度、教官がスーパーマーケットの駐車場に車を停めさせて買い物してきたことがあったなあ。今でも、そういうのいいのかと疑問を感じるよ」

 こういう話をバーボンのロック片手にバーのマスター相手に喋っている私立探偵のオレは一番最初に受けた腸カメラのことを思い出してお腹かきゅっとなってしまうほどハードボイルドだと思うのである。

 仕事はまあ、いろいろあった。これでオシマイ(笑)。食ったもの、朝飯にコンビニの調理パンとコーヒー。昼飯はイナバのチキングリーンカレー。舌に感じる辛さはほとんどなく甘口といっていいくらいなのであるが、どうした訳か尋常ではない量の汗が噴き出してくる。

 夕食はフグの叩き(正式名は忘れたが要するにかなとフグみたいな安い奴)、生野菜、冷凍食品のチキンライス。あまりに喉が渇いていたので、ノンアルコールビール350ml2本飲んだのだが、皆様、ノンアルコールビールは一本に限りますぞ。

 その後シアタールームにてレンタルブルーレイの『トラッシュ この街が輝く日まで』 いや、たぶん、この映画についてこんなことを言っているのは私だけだと思うのだけれども(笑)、ゾンビ映画に共通する構造を持っているのではないかと。

 そもそもゾンビが跳梁跋扈する世界というのは原始的宗教にモチーフを得ているように見せかけて、その実、人間同士の愛情関係という社会生活の基礎を根底から崩壊せしめるという、いわば「キリスト教的価値観」の否定なのである。

 この映画の舞台となるブラジル(原作では特定されていない)というウルトラ格差社会において最下層の人間はその存在を顧みられることはない。警察は明確な彼らの敵であり、あまつさえ、この体制下ではキリスト教的価値観の代表である良心的な教会もまったくの無力なのだ。

 主人公の少年たちはそうした絶望的な環境の中で警官たちの執拗な追跡をかわし、現職の悪徳市長の汚職を暴く証拠を得て、そして南海の楽園の暮らしを手に入れるのである。

 これはまったくロメロ・ゾンビ 第三作の『死霊のえじき』のストーリーをかたどっているではないか(そ、そうか)

 (本気にしちゃいけませんよ)

 ハイビジョン画質は良好。ややノイジーなれど黒の発色の美しさに感動させられる。音声はDTS-HDマスターオーディオ。ち密な音の組み立てにびっくり。銃声の鋭さも素晴らしい。

 その後、シャワーを浴びていろいろ。

 就寝午前2時過ぎ。

|

« 7月28日(火) 二つ目と見られぬ顔 | トップページ | 7月30日(木) 「ショーシャンクの軍師」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月29日(水) ECMの不養生:

« 7月28日(火) 二つ目と見られぬ顔 | トップページ | 7月30日(木) 「ショーシャンクの軍師」 »